sbifxトレード22000円高額キャッシュバック2 
★月曜早朝の窓明け・窓埋めトレードに強い!
月曜朝7時のオープン直後でも
米ドル円0.1銭! ユーロ円0.59銭!
ユーロドル0.49pips 豪ドル円0.85銭!の低スプレッド!
↓↓↓今週月曜日5月20日・午前7時近辺のドル円実勢スプレッド比較↓↓↓

0520実勢スプレッドsbifxt
★安心のSBIグループ!・FX業者で最小の1通貨から取引可能!(手数料無料)
★2013年度オリコン顧客満足度ランキング第1位
★スマホから最短5分で口座開設!
★テレビ東京・モーニングサテライト公式スポンサー
★口座開設2万2000円キャッシュバックキャンペーン中!

SBIFXトレード

5月22日(水) 本日のユーロの見通し

08:50発表
日本4月貿易収支
10ヶ月連続の赤字が予想されているが
市場予想より
赤字幅が拡大した場合、円売り(円安)
赤字幅が縮小した場合、円買い(円高)の反応が出やすい為注意。


日本4月貿易収支 市場予想-6206億円 前回(-3640億円)

日銀金融政策決定会合
09:00~
日銀金融政策決定会合・最終日
市場のコンセンサスは現状維持。
但し、一部の海外勢は日銀の金融緩和への期待が異常に強く
現状維持となった場合、円高方向への動きには警戒が必要。
日本国債の急上昇に対する
メッセージを打ち出してくる可能性にも合わせて注意しておきたい。
★前回発表時、金融政策を現状維持に据え置く形としては
異例となる13時30分を過ぎての発表。
ドル円は99円05銭→98円22銭へ83銭の円高の動き。

参考データ→日銀金融政策決定会合・発表時間一覧

0426日銀金融政策決定会合ドル円チャート・ユーロ円研究所

(前回・日銀金融政策決定会合発表時のユーロ円チャート→FXプライム提供)

黒田総裁・記者会見1
15:30~
日銀黒田総裁・記者会見
本日発表された、日銀金融政策決定会合結果は現状維持。
市場の一部からは
日本国債の利回り上昇への対策が発表されるとの思惑があっただけに
記者会見には注意しておきたい。
なお、日銀ルールにより
黒田総裁の会見内容が伝わるのは16:30頃となっている。

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.2800、1.2850、1.2900、1.2925、1.3000に観測。
ユーロ円バリアオプションを133円50銭、134円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

23:00発表
米4月中古住宅販売件数
前回より強めの数字が予想されている。
なお、16日に発表された
米4月住宅着工件数、米4月建設許可件数の結果は強弱まちまちだった。


米4月中古住宅販売件数 市場予想499万件 前回(492万件)

バーナンキ証言
23:00~
米FRBバーナンキ議長・議会証言
米上下両院合同経済委員会で
米経済見通しについて議会証言を行う。
バーナンキ議長はヘリコプター・ベンとニックネームが付いている通り
積極的な金融緩和派だが
この所の米経済指標の強い結果を受け、市場の思惑が先行している
米FRBによるQE3(量的緩和第3弾)の規模を
年内縮小or停止するとのシナリオを否定するかどうかがポイント。
発言次第では、大きな材料となるので要注意。


fomc
27:00発表
米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録
4月30日~5月1日に行われた
米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録が公開される。
米シンクタンクから、この議事録の中で
現在行なっているQE3(量的緩和第3弾)からの出口戦略について
記されているとのレポートが飛び出しており
米FRBメンバーの中で、どのような議論が実際交わされたのか
市場は注目している。


EUサミット0301a
★EUサミット
本日、ベルギー・ブリュッセルにおいてEUサミットが行われる。
今回は、租税回避防止問題に加え、シェールガス開発など
資源確保拡大についても話し合われる予定。
欧州要人が集まるイベントだけに、発言には注意しておきたい。

ユーロ円チャートは
昨日、甘利経済再生担当相が
「過度な円高修正がどこで終わるか言及しない」と発言した事に加え
英4月生産者物価指数、英4月消費者物価指数
英4月小売物価指数の発表が全滅の結果になり、ドル買い基調が先行。
ドル円に連れてユーロ円は132円39銭まで上昇したものの
132円40銭から上が重く、131円94銭へ一度下落。
米セントルイス連銀ブラード総裁、米NY連銀ダドリー総裁が
QE3(量的緩和第3弾)続行を示唆する発言を行った事で
ドル買いからドル売りに変化。
ドル円102円30銭まで一時下落する一方、ユーロドルが1.2917へ上昇。
ユーロ円はユーロドルの上昇に連れる形で底堅く推移。
ドル円102円52銭、ユーロ円132円31銭、ユーロドル1.2905でNYクローズ。
NYダウは52ドル高。
ブラード、ダドリー両総裁がQE続行の可能性を示唆したことを好感。
東京タイムでは
日本4月貿易収支で市場予想よりも赤字幅が拡大。
ドル円に連れて、ユーロ円は132円68銭まで上昇したものの
日銀金融政策決定会合結果が発表され
金融政策が現状維持となった事で、132円32銭まで下落。
その後、下落が一服。
日銀黒田総裁の記者会見の内容
「現時点で実体経済に大きな影響を及ぼすとは見ていない」
「市場の動きを十分点検し、必要に応じ弾力的な対応を行う」が伝わり
上下にやや動いたものの、行って来い。
スイス中銀ジョーダン総裁が、ユーロスイスの上限調整に言及した事で
ユーロ買いが強まり、ユーロ円133円27銭、ユーロドル1.2955へ上昇。
テクニカルでは
ユーロドルが5日移動平均線を上抜け。
10日移動平均線、一目均衡表・転換線との攻防。
ユーロ円は10日移動平均線、一目均衡表・転換線をサポートとして維持できるか注目。
本日の戦略としては
日本4月貿易収支、日銀金融政策決定会合・結果
日銀黒田総裁・記者会見
米FRBバーナンキ議長・議会証言
米4月中古住宅販売件数、米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録
日経平均、NYダウの動きに注目。


ユーロ円は
14日高値132円76銭、133円ジャストのバリアオプションを突破。
133円台へと駆け上がっている状況。
さらに、133円50銭、134円ジャストには
バリアオプションが観測されており攻防戦。
ドル円、ユーロドルの動きには目を離さないようにしておきたい。
この後の注目イベントとしては
日本時間23:00~
米FRBバーナンキ議長・議会証言が予定されている。

ユーロ円の直近サポートとしては
132円26銭(5日移動平均線)、132円20銭(5月22日東京安値)
132円16銭(一目均衡表・転換線)、132円05銭(10日移動平均線)
131円67銭(5月21日安値)に注目。

ユーロ円の直近レジスタンスとしては
133円27銭(5月22日ロンドン高値)、133円43銭(2010年1月5日高値)
133円45銭(2010年1月6日高値)、
133円50銭(バリアオプション)
134円00銭(バリアオプション)
を意識しておきたい。


ユーロ円主要サポートライン一覧
A:132円26銭(5日移動平均線)
B:132円20銭(5月22日東京安値)
C:132円16銭(一目均衡表・転換線)
D:132円05銭(10日移動平均線)
E:131円67銭(5月21日安値)
F:131円57銭(5月13日安値)
G:131円55銭(5月20日安値)
H:131円52銭(5月14日安値)
I:131円30銭(5月17日安値)
J:131円28銭(5月16日安値)
K:131円18銭(5月15日安値)
L:131円06銭(5月10日安値)
M:130円71銭(5月20日早朝安値)
N:130円38銭(21日移動平均線)
O:129円70銭(4月11日安値)
P:129円60銭(5月6日安値)
Q:129円84銭(一目均衡表・基準線)
R:129円58銭(5月9日安値)
S:129円22銭(5月7日安値)
T:129円03銭(4月25日安値)
U:128円97銭(5月8日安値)
V:128円91銭(4月22日安値)
W:128円78銭(4月24日安値)
X:128円57銭(4月12日安値)
Y:128円42銭(4月9日安値)
Z:127円85銭(5月1日・3日安値)

ユーロ円主要レジスタンスライン一覧
A:133円27銭(5月22日ロンドン高値)
B:133円43銭(2010年1月5日高値)
C:133円45銭(2010年1月6日高値)
D:133円50銭(バリアオプション)
E:134円00銭(バリアオプション)

0522ユーロ円買いシグナル・売りシグナル

(ユーロ円、買いシグナル・売りシグナル発生チャート→FXプライム提供)

FXプライム 
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★スマホ対応も万全!トレンドラインも引ける!
★今ならキャンペーンで、50000円キャッシュバック!

FXプライム50000円キャッシュバック
FXプライム 

0522ぱっと見テクニカルドル円研究所

  (本日のドル円予測チャート→FXプライム提供)

0522ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0522ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)


FXプライム50000円キャッシュバック2 
人気のFX取引!JASDAQ上場のFX会社・FXプライム
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★1000通貨のミニ取引もOK!

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム 

本日の重要指標・イベント(5月22日)
★EUサミット・首脳会議
08:50発表 日本4月貿易収支
09:00~   日銀金融政策決定会合・最終日
09:30発表 豪5月ウエストパック消費者信頼感
09:55    東京仲値(ドル円注意)
15:30~   日銀黒田総裁・記者会見
16:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
17:00発表 南ア4月消費者物価指数
17:00発表 ユーロ圏3月経常収支
17:30発表 英4月財政収支
17:30発表 英MPC(金融政策委員会)議事録
18:30    ドイツ国債入札(2023年償還・50億ユーロ)
19:00発表 英5月CBI製造業受注指数
19:00~   スイスSNBジョーダンSNB総裁講演
20:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
21:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
21:30発表 加3月小売売上高
23:00    NYオプションカット
23:00発表 米4月中古住宅販売件数
23:00~   米FRBバーナンキ議長・議会証言
23:30発表 米週間原油在庫
24:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
25:00~   ECBプラート理事講演
26:00~   米ダラス連銀フィッシャー総裁講演
27:00発表 米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録