SBIFXトレード12000円キャッシュバック・オリコンランキング1位 
★月曜早朝の窓明け・窓埋めトレードにも強い★
月曜朝7時のオープン直後でも
米ドル円0.1銭! ユーロ円0.59銭!
ユーロドル0.49pips 豪ドル円0.85銭!の低スプレッド!
★安心のSBIグループ!・FX業者で最小の1通貨から取引可能!(手数料無料)
★2013年度オリコン顧客満足度ランキング第1位
★スマホから最短5分で口座開設!
★テレビ東京・モーニングサテライト公式スポンサー
★口座開設12000円キャッシュバックキャンペーン中!

SBIFXトレード

3月26日(火) 本日のユーロの見通し

イタリア国旗2
19:00
イタリア国債入札(6ヶ月物/85億ユーロ)
下のチャートは
イタリア国債10年物利回りを示している。
このチャートが下に行けば行くほど
ユーロへの緊張度が下がるバロメーターとなっているが
3/25クローズで4.61%。
昨日の入札は不調だったが
好調な入札となればユーロへの下支え材料。

0326イタリア国債10年物利回り・ユーロ円研究所

  (イタリア国債10年物利回り→3/25クローズ4.61%

21:30発表
米2月耐久財受注
前回は、総合指数と輸送用機器を除いた項目で強弱まちまち。
市場予想を上回るかどうか要確認。

米2月耐久財受注            市場予想+3.8% 前回(-4.9%)
米2月耐久財受注(除輸送用機器) 市場予想+0.9% 前回(+2.3%)

22:00発表
米1月ケース・シラー住宅価格指数
数字的にはやや古い。
インパクトの有る結果が出てどこまで。

米1月ケース・シラー住宅価格指数 市場予想+7.90% 前回(+6.84%)

23:00発表
米3月消費者信頼感指数、米2月新築住宅販売件数
米3月リッチモンド連銀製造業指数
いずれも重要な指標。
市場予想との乖離には要注意!

米3月消費者信頼感指数       市場予想67.5    前回(69.6)
米2月新築住宅販売件数       市場予想42.0万件 前回(43.7万件)
米3月リッチモンド連銀製造業指数 市場予想+6     前回(+6)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.2800、1.2810、1.2820に観測。
ユーロドルバリアオプションを1.2825、1.2800に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

ユーロ円チャートは
キプロス・議会財政委員会パパドプロス委員長が
ユーロ離脱の利益を評価しなければならないと発言。
ロシアからの融資を断られた上
ユーロ圏財務相会合で救いの手が差し伸べられたにもかかわらず
悪態をつくコメントが飛び出し
これに反応した、ユーロ圏財務相会合・ダイセイブルーム議長が
キプロスの銀行リストラ計画はユーロ圏の前例とみなされるべきと発言。
悪質な金融機関を排除する姿勢を見せた。
市場がリスク回避の動きを強め
ドル円93円52銭、ユーロ円120円08銭、ユーロドル1.2829へ下落。
その後、短期筋の買いオーダーに支えられる形で戻りを試した後
東京タイムでは
日銀黒田総裁が日銀券ルールの撤廃に踏み込む可能性を示唆した事で
ドル円94円44銭、ユーロ円121円54銭へ上昇。
日経平均は優待狙いの権利確定の動きも見られたが74円安。
欧州勢、NY勢待ちの状況。
テクニカルでは
ユーロ円は一目均衡表・基準線を下抜け。
ユーロドルは200日移動平均線を下抜けている。
本日の戦略としては
イタリア国債入札、イタリア政局ヘッドライン
米2月耐久財受注、米1月ケース・シラー住宅価格指数
米3月消費者信頼感指数、米2月新築住宅販売件数
米3月リッチモンド連銀製造業指数に注目。
ユーロ円は
一目均衡表・雲の上限をトライしたものの、逆に急降下。
心理的節目である
120円ジャストの買いオーダーに支えられているものの不安定な動き。
ユーロ圏財務相会合・ダイセイブルーム議長の発言が
行き過ぎとの批判も出ているが
日本でもペイオフ制度があるように
ユーロ圏でも同レベルに近い10万ユーロ以上の預金は
保護されないとの考えが主流。
金融機関を整理する場合
高額預金者に一定負担を求める事は、避けられない時代。
市場がリーマン・ショック直後の
当たり前の意識を忘れていた事の方が問題と言えるだろう。
ユーロドルは
200日移動平均線を下回ってクローズ。
非常に危険な位置にあり
昨年11月13日安値1.2659がターゲット入りする可能性も。
本日は、米経済指標の発表が集中。
ドル円は21日移動平均線、一目均衡表・転換線に頭を抑えられている。
麻生財務相が外債購入を行えば、為替介入とみなされると発言した事で
この選択肢は事実上消滅。
インフレターゲット2%へのハードルは上がっており
市場の一部では、日銀・岩田副総裁の早期辞任論まで浮上。
臨時日銀金融政策決定会合を含め、次回会合への期待で
かろうじて下支えされている。
米経済指標の好結果で再び上昇基調へのレールに乗れるかどうか。
今週は、年度末・月末が重なる重要ポイント。
北朝鮮に絡む地政学的リスクもあり
昨日のような上下荒っぽい動きにも十分注意。

ユーロ円の直近レジスタンスとしては
121円64銭(3月26日東京高値)、122円32銭(5日移動平均線)
122円36銭(一目均衡表・基準線)、122円89銭(21日移動平均線)
122円93銭(一目均衡表・転換線)
123円16銭(10日移動平均線)に注目。

ユーロ円の直近サポートとしては
120円71銭(3月26日東京安値)、120円66銭(1月25日安値)
120円52銭(2月28日安値)、120円35銭(3月1日安値)
120円08銭(3月25日安値)
119円34銭(3月18日早朝安値)を意識しておきたい。

ユーロ円主要サポートライン一覧
A:120円71銭(3月26日東京安値)
B:120円66銭(1月25日安値)
C:120円52銭(2月28日安値)
D:120円35銭(3月1日安値)
E:120円08銭(3月25日安値)
F:119円34銭(3月18日早朝安値)
G:119円33銭(1月18日安値)
H:119円22銭(2月27日安値)
I:118円96銭(2月26日安値)
J:118円88銭(1月14日・21日安値)
K:118円70銭(2月25日安値)
L:117円62銭(1月11日安値)
M:117円59銭(1月15日安値)
N:117円58銭(1月24日安値)

ユーロ円主要レジスタンスライン一覧
A:121円64銭(3月26日東京高値)
B:122円32銭(5日移動平均線)
C:122円36銭(一目均衡表・基準線)
D:122円89銭(21日移動平均線)
E:122円93銭(一目均衡表・転換線)
F:123円16銭(10日移動平均線)
G:123円84銭(3月25日高値)
H:124円37銭(3月21日高値)
I:124円48銭(3月20日高値)
J:124円57銭(3月7日高値)
K:124円69銭(2月21日高値)
L:125円21銭(3月13日高値)
M:125円22銭(3月14日高値)
N:125円66銭(3月11日高値)
O:125円78銭(3月15日高値)
P:125円93銭(3月8日高値)
Q:126円01銭(3月12日高値)
R:126円54銭(2月13日高値)
S:126円62銭(2月11日高値)
T:126円85銭(2月4日高値)
U:126円92銭(2月12日高値)
V:126円95銭(2月1日高値)
W:127円21銭(2月5日高値)
X:127円45銭(2月7日高値)
Y:127円70銭(2月6日高値)

0326NYダウ一目均衡表時間足

  (本日のNYダウチャート→DMM FX提供)

0326ユーロ円一目均衡表時間足

  (本日のユーロ円一目均衡表チャート→DMM FX提供)

0326ユーロドル一目均衡表時間足

  (本日のユーロドル一目均衡表チャート→DMM FX提供)

0326ユーロポンド一目均衡表時間足

  (本日のユーロ/ポンド一目均衡表チャート→DMM FX提供)

0326ユーロスイス一目均衡表時間足

  (本日のユーロ/スイス一目均衡表チャート→DMM FX提供)

DMM FX 
★NYダウチャートが見れる!(利用料無料)
他社と違い、先物リアルタイムチャートなので
東京・ロンドンタイムでも利用できて使い勝手抜群!
今なら口座開設キャンペーン強化中でお得!


0326ぱっと見テクニカルドル円研究所

  (本日のドル円予測チャート→FXプライム提供)

0326ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0326ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見
FXプライム2013年3月キャッシュバック 

人気のFX取引!JASDAQ上場のFX会社・FXプライム
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★1000通貨のミニ取引もOK!

大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム 

本日の重要指標・イベント(3月26日)
06:45発表 NZ2月貿易収支
09:00~   日銀黒田総裁・衆議院財務金融委員会出席
09:55    東京仲値(ドル円注意)
13:45~   豪RBAスティーブンス総裁講演
17:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
19:00    イタリア国債入札
19:00~   フィンランド・カタイネン首相講演
19:00~   オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
19:30    イギリス国債入札(2025年物/10億ポンド)
20:00発表 英3月CBI流通取引調査
21:30発表 米2月耐久財受注
22:00発表 米1月ケース・シラー住宅価格指数
22:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
23:00    NYオプションカット
23:00発表 米3月消費者信頼感指数
23:00発表 米2月新築住宅販売件数
23:00発表 米3月リッチモンド連銀製造業指数
25:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
25:30~   加BOCコテ副総裁講演
26:00    米国債入札(2年物/350億ドル)