インヴァスト証券 
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。
寝ている間にも売買チャンスを捕まえて自動売買。
サーバー型取引なので、パソコンを切っていてもOK。
平日、時間が取りにくい方におススメ。
★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★スマホからも簡単に申し込み可能!
★キャンペーン中・当サイト限定で、7千円キャッシュバック★

インヴァスト証券 

12月27日(木) 本日のユーロの見通し

イタリア国旗2
19:00
イタリア国債入札(6カ月物/調達目標額85億ユーロ)
本日は短期債の入札が行われる。
市場ではドル円の動きに注目が集まっており
欧州の材料からはスポットライトが外れているが
イタリアでは来年2月に総選挙が実施される予定。
次期首相にモンティ氏が就任するかどうかは極めて不透明であり
増税と緊縮財政に反対する国民が過半数の状況の中
再びユーロ相場を揺るがす材料ともなりかねない。
入札は短期債ということもあり、波乱は予想されていないものの
調達目標額である85億ユーロを超える応札があるかどうか注目。

1227イタリア国債10年物利回り・ユーロ円研究所

  (イタリア国債10年物利回り→12/26クローズ4.46%

22:30発表
米新規失業保険申請件数
前回と変わらない数字が予想されているが
万一、増加すればリスクオフの材料。
市場予想との乖離に注意したい。


米新規失業保険申請件数 市場予想36.0万件 前回(36.1万件)

24:00発表
米12月消費者信頼感指数、米11月新築住宅販売件数
米国民は「財政の崖」懸念に対してどれぐらい警戒感を持っているか。
消費者信頼感指数に注目が集まっている。
米クリスマス商戦は報道が先行していた序盤とは裏腹に低調な結果。
新築住宅販売件数の数字との強弱にも注意したい。

米12月消費者信頼感指数 市場予想70.0    前回(73.7)
米11月新築住宅販売件数 市場予想38.0万件 前回(36.8万件)


24:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.3300、1.3350に観測。
ユーロドルオプションバリアを1.3325、1.3400に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

オバマ・ベイナー下院議長2
米議会再開・「財政の崖」協議
クリスマス休暇が終了、米議会は本日から再開。
共和党ベイナー下院議長が上院での法案可決を求めており
上院審議・採決が先行される模様。
米議会上院は与党・民主党が過半数を押さえているが
共和党議員の賛成を得て富裕層に対する増税を可決できるかどうかがカギ。
最新の世論調査では、まだ半数が年内の政治的妥協に期待しているものの
依然として事態は不透明。
関連ヘッドラインに注意しておきたい。


ユーロ円チャートは
当初、好調だと報道で言われていた
米クリスマス商戦が蓋を開けてみれば低調。
2008年以来の水準までの落ち込み。
この材料を受けてNYダウが一時62ドル安まで下落。
24ドル安まで持ち直してクローズしたが
ドル円はNY勢の買いで
ストップロスを炙り出される形で上昇。
ユーロ円も連れる形となり113円19銭でクローズ。
東京タイムでは
日経平均が年初来高値を更新。
国債乱発で公共事業を行うことによる財政不安よりも
新政権への期待が上回っており
ドル円85円86銭、ユーロ円113円64銭へ上昇。
テクニカルでは
5日移動平均線、12月19日高値112円48銭をNYクローズで超えているが
ドル円、ユーロ円共に日足RSIが80を突破。
急速な上昇による揺り戻しにも注意は必要。
本日の戦略としては
イタリア国債入札、米新規失業保険申請件数
米12月消費者信頼感指数、米11月新築住宅販売件数
米「財政の崖」関連ヘッドラインに注目。
ユーロ円は
ドル円の上昇が落ち着けば
ユーロドルが上昇する展開を繰り返しており、ジリジリと上昇を継続。
市場のスポットライトが欧州の材料から
日本の国内情勢、米「財政の崖」に移動している事が要因。
但し、7月安値から約20円の上昇。
特に11月半ばからは急ピッチで約13円も駆け上がっているだけに
過熱感からの調整にも警戒は必要。
米「財政の崖」協議は本日から再開。
まず上院での法案審議が行われる。
米議会上院は与党・民主党が過半数を押さえているが
共和党議員の賛成を得て富裕層に対する増税を可決できるかどうか。
市場は年内に何らかの政治的な決着を期待しているだけに
関連ヘッドライン次第では更なる上昇or調整的な巻き戻しも。
ユーロ円のレジスタンスとしては
114円15銭(2011年8月4日高値)、114円75銭(2011年7月11日高値)
114円78銭(2011年6月17日高値)、114円89銭(2011年6月24日高値)
114円95銭(2011年6月16日高値)、114円97銭(2011年6月20日高値)
115円39銭(2011年6月23日高値)
115円59銭(2011年6月21日高値)を意識しておきたい。
サポートとしては
113円02銭(12月27日東京安値)、112円57銭(12月26日NY安値)
112円37銭(5日移動平均線)
111円87銭(一目均衡表・転換線)に注目。


主要サポートライン一覧
A:113円02銭(12月27日東京安値)
B:112円57銭(12月26日NY安値)
C:112円37銭(5日移動平均線)
D:111円87銭(一目均衡表・転換線)
E:111円75銭(12月26日安値)
F:111円68銭(10日移動平均線)
G:111円54銭(12月25日安値)
H:111円31銭(12月19日安値)
I:111円04銭(12月24日安値)
J:110円72銭(12月20日安値)
K:110円60銭(12月21日安値)
L:110円33銭(12月18日安値)
M:109円92銭(12月17日安値)
N:109円55銭(一目均衡表・基準線)
O:109円44銭(21日移動平均線)
P:109円03銭(12月14日安値)

主要レジスタンスライン一覧
A:114円15銭(2011年8月4日高値)
B:114円75銭(2011年7月11日高値)
C:114円78銭(2011年6月17日高値)
D:114円89銭(2011年6月24日高値)
E:114円95銭(2011年6月16日高値)
F:114円97銭(2011年6月20日高値)
G:115円39銭(2011年6月23日高値)
H:115円59銭(2011年6月21日高値)
I:115円73銭(2011年6月13日高値)
J:115円81銭(2011年6月22日高値)
K:116円46銭(2011年6月15日高値)

1227ドル円一目研究所時間足

  (本日のドル円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

1227ユーロ円一目研究所時間足

  (本日のユーロ円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)  

1227ユーロドル一目研究所時間足

  (本日のユーロドル・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

外為ジャパン 
★当サイト限定・タイアップ企画★
大人気テクニカルアナリスト・福永博之氏が書き下ろした書籍
FX一目均衡表・ベーシックマスターブックをプレゼント!
さらに・・・1万円キャッシュバックキャンペーン中!
★一目均衡表を基礎から使いこなせるようになるまで
マスターしたい人には必読の一冊です。
期間限定のこのチャンスをぜひお見逃しなく!


1227ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→
FXプライム提供)

1227ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

1227パターン分析ドル円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

1227売買シグナルドル円研究所

  (本日の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライム最新キャンペーン
人気のFX取引!JASDAQ上場のFX会社・FXプライム
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ
★売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★ドル円0.5銭、ユーロ円0.9銭の低スプレッド!(原則固定)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(12月27日)
09:55    東京仲値(ドル円注意)
17:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
19:00    イタリア国債入札
22:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
22:30発表 米新規失業保険申請件数
24:00    NYオプションカット
24:00発表 米12月消費者信頼感指数
24:00発表 米11月新築住宅販売件数
25:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)