インヴァスト証券 
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。
寝ている間にも売買チャンスを捕まえて自動売買。
サーバー型取引なので、パソコンを切っていてもOK。
平日、時間が取りにくい方におススメ。
★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら当サイト限定で、7千円キャッシュバック★

インヴァスト証券 

ユーロの来週の見通し 12/3(月)~12/7(金)

★来週のユーロ注目材料★
1.ユーロ圏財務相会合
2.ECB理事会
3.ECBドラギ総裁・記者会見
4.米11月NFP雇用統計
5.スペイン国債入札
6.米議会協議「財政の崖」
7.ユーロ圏重要経済指標

ユーロ圏財務相会合9
1.ユーロ圏財務相会合
来週3日(月)
ユーロ圏財務相会合が行われる。
今回はギリシャ国債の買い戻し及びキプロス支援を協議する。
ギリシャ支援については、すでに11月26日の前回会合で
債務を2020年までにGDP比124%に削減する事は合意されているが
この削減プログラムでは
国債買い戻しで約200億ユーロの債務削減を想定しており
買い戻しにあたり、どのような条件が出てくるかが焦点。

ECB5
2.ECB理事会
来週6日(木)日本時間21:45
ECB理事会・政策金利が発表される。
市場では現行0.75%の政策金利を据え置くというのがコンセンサス。
数字に変化が無ければ
直後に行われるECBドラギ総裁・記者会見を注目したい。

ドラギ総裁22
3.ECBドラギ総裁・記者会見
来週6日(木)日本時間22:30~
ECBドラギ総裁・記者会見が行われる。
まず理事会での議論内容文書を10分ほど読むのがドラギ流。
その後、記者からの質問に対して答えていく形。
ユーロ圏はリセッション(景気後退)に入っており
今後、どのような経済見通しが示されるかがポイント。
市場では、今回利下げしなくても
オプションを残す形の発言が出る思惑を持っており
ドラギコメントがユーロ相場を左右しそうだ。

4.米11月NFP雇用統計
来週7日(金)日本時間22:30
米11月NFP雇用統計が発表される。
前回は失業率が市場予想どおりの7.9%
非農業部門雇用者数が+17.1万人と市場予想+12.5万人を
上回った事で発表直後はドル買いが加速。
ドル円は80円66銭まで急上昇したものの
ユーロ円は、ユーロドルがドル買いに押されて下落した事で
103円78銭までしか伸びきれず。
現在の市場予想では、失業率に変化が無い一方で
非農業部門雇用者数、民間部門雇用者数が前回値を下回る予想となっている。
どちらも前回数値から約半分という低水準なだけに
米ハリケーン「サンディ」の影響が残っているかどうかと合わせ
ポジティブ、ネガティブ両面の結果に注意しておきたい。

米11月非農業部門雇用者数 市場予想+9.0万人  前回(+17.1万人)
米11月民間部門雇用者数   市場予想+10.0万人 前回(+18.4万人)
米11月失業率          市場予想7.9%     前回(7.9%)


★過去のユーロ円値幅を見ていただければわかるように
発表直後30分間で50銭以上動くことは当たり前。
1円以上の荒い動きとなる事もしばしば。
月に一度しかない、大きなチャンスイベント。


米NFP雇用統計
発表直後30分間のユーロ円値幅
日付時間値幅
2011/5/6 21:30~22:00118銭
2011/6/3 21:30~22:0094銭
2011/7/8 21:30~22:00125銭
2011/8/5 21:30~22:0042銭
2011/9/2 21:30~22:0058銭
2011/10/7 21:30~22:0078銭
2011/11/4 21:30~22:0048銭
2011/12/2 22:30~23:0072銭
2012/1/6 22:30~23:0045銭
2012/2/3 22:30~23:0059銭
2012/3/9 22:30~23:0047銭
2012/4/6 21:30~22:00113銭
2012/5/4 21:30~22:0064銭
2012/6/1 21:30~22:00107銭
2012/7/6 21:30~22:0078銭
2012/8/3 21:30~22:0082銭
2012/9/7 21:30~22:0050銭
2012/10/5 21:30~22:0071銭
2012/11/2 21:30~22:0035銭

スペイン国旗2
5.スペイン国債入札
5日(水)スペイン国債入札が行われる。
スペイン国債10年物利回りは、週末クローズ時点で5.32%。
先週よりも更に下がってきている状況。
最近の入札は利回りの低下により、市場の注目度が下がっているものの
利回りが6%を超えてくれば変わってくる為
変化には注意しておきたいところ。

1201スペイン国債10年物利回り・ユーロ円研究所

  (スペイン国債10年物利回り→週末クローズ5.32%

オバマ・ベイナー下院議長3
6.米議会協議「財政の崖」
米議会関係者の発言が二転三転している事で
特に日本深夜の市場は揺さぶられる状況となっている。
現在のNYダウは「財政の崖」協議が早期に終結するとの
楽観論がまだ依然として根強いものの
共和党が年末ギリギリまで先延ばしにする作戦を取った場合
市場がリスクを織り込む形へ急速に変化する可能性があり
今後の推移には警戒が必要。

7.ユーロ圏重要経済指標
来週はドイツ11月製造業、サービス業PMI・確報値
ユーロ圏11月製造業、サービス業PMI・確報値
ユーロ圏7-9月期GDP・改定値に注目。
いずれも速報値からの数字の変化が焦点となるが
上方修正の場合はユーロの買い材料。
下方修正の場合はユーロの売り材料。
乖離幅が大きい場合は特に注意したい。


来週のユーロ圏経済指標データ(12/3~12/7)
日付指標市場予想前回値
12/3(月)独11月製造業PMI・確報値46.846.8
12/3(月)ユーロ圏11月製造業PMI・確報値46.246.2
12/4(火)ユーロ圏10月生産者物価指数+2.5%+2.7%
12/5(水)独11月サービス業PMI・確報値48.048.0
12/5(水)ユーロ圏11月総合PMI・確報値45.845.8
12/5(水)ユーロ圏11月サービス業PMI・確報値45.745.7
12/5(水)ユーロ圏10月小売売上高±0.0%-0.2%
12/6(木)ユーロ圏7−9月期GDP・改定値-0.1%-0.1%
12/6(木)独10月製造業受注+1.0%-3.3%
12/7(金)独10月鉱工業生産-0.5%-1.8%


ユーロ円チャートは
ドイツ議会においてギリシャ支援法案が
賛成473反対100で可決。
米10月個人消費支出が市場予想を下回り
ユーロドル1.2968、ユーロ円107円08銭まで下落したものの
日本時間深夜1時のロンドンフィックスに向けたドル売りが相場を主導。
ユーロドル1.3022、ユーロ円107円42銭へ上昇。
深夜3時以降は、参加者が少なくなる手薄な時間を狙って
インターバンク勢のストップハンティングが活発化。
ユーロドルが微動にしない中で、クロス円を狙い撃ちした円買いが加速。
NYタイムならではの汚い動きとなっている。
米共和党ベイナー下院議長が
財政協議は行き詰まっていると発言したが影響は限定的。
週末クローズ直前に
格付け会社ムーディーズがユーロ圏救済基金である
ESM(欧州安定メカニズム)、EFSF(欧州金融安定ファシリティー)両方を
AaaからAa1へ1段階引き下げ。見通しはネガティブ。
これを嫌気してユーロが急落。
ユーロドル1.2985、ユーロ円107円03銭でクローズ。
テクニカルでは
ユーロ円が一目均衡表・週足雲の上限を超えた所に位置しているが
ユーロドルはザラ場で日足雲の上限を超えていたが
週末クローズでは雲の中に再び戻っている。
来週の戦略としては
ユーロ圏財務相会合、ECB理事会、ECBドラギ総裁・記者会見
スペイン国債入札、米11月NFP雇用統計に注目。
また衆議院選挙に関連した自民党・安倍総裁発言
米「財政の崖」を巡る米議会関係者の発言に注意したい。
ユーロ円は
ムーディーズによるESM、EFSF格下げの影響を
週明け月曜日はまず注意したいところ。
NY勢の一部しかこの影響を織り込めていない模様。
今年1月には格付け会社S&Pが
ユーロ圏9カ国、EFSFを格下げした事でユーロが荒れた経緯があり
同様のパターンになるかどうかも含め注目。
最新分のIMM先物ポジション(11月27日現在)では
ユーロショート(売りポジション)が減少。
集計日前日(11月26日)にユーロ圏財務相会合で
ギリシャ支援について合意したことを好感した形。

シカゴIMMポジション・11月27日

サポートとしては
107円01銭(11月30日NY安値)、106円53銭(5日移動平均線)
106円43銭(11月30日安値)、106円15銭(11月29日安値)
06円06銭(10日移動平均線)
105円65銭(一目均衡表・転換線)を意識しておきたい。
レジスタンスとしては
107円65銭(11月30日高値)、107円79銭(4月23日高値)
107円98銭(4月20日高値)、108円39銭(4月5日高値)
108円65銭(3月9日高値)に注目。

主要サポートライン一覧
A:107円01銭(11月30日NY安値)
B:106円53銭(5日移動平均線)
C:106円43銭(11月30日安値)
D:106円15銭(11月29日安値)
E106円06銭(10日移動平均線)
F:105円65銭(一目均衡表・転換線)
G:105円28銭(11月28日安値)
H:105円21銭(11月21日NY安値)
I:104円52銭(11/26-13高値安値フィボナッチ38.2%戻し)
J:104円09銭(11月21日安値)
K:104円05銭(21日移動平均線)
L:103円97銭(一目均衡表・基準線)
M:103円66銭(11月20日安値)
N:103円50銭(11月19日安値)
O:103円04銭(11月16日安値)
P:102円93銭(50日移動平均線)
Q:102円64銭(一目均衡表・雲の上限)
R:102円62銭(週足一目均衡表・雲の下限)
S:102円20銭(200日移動平均線)
T:101円99銭(11月15日安値)
U:100円86銭(11月12日安値)
V:100円81銭(11月14日安値)
W:100円77銭(一目均衡表・雲の下限)
X:100円41銭(11月9日安値)
Y:100円31銭(120日移動平均線)

主要レジスタンスライン一覧
A:107円65銭(11月30日高値)
B:107円79銭(4月23日高値)
C:107円98銭(4月20日高値)
D:108円39銭(4月5日高値)
E:108円65銭(3月9日高値)

1201ドル円一目研究所時間足

  (週末のドル円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

1201ユーロ円一目研究所時間足

  (週末のユーロ円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)  

1201ユーロドル一目研究所時間足

  (週末のユーロドル・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

外為ジャパン 
★当サイト限定・タイアップ企画★
大人気テクニカルアナリスト・福永博之氏が書き下ろした書籍
FX一目均衡表・ベーシックマスターブックをプレゼント!
さらに・・・1万円キャッシュバックキャンペーン中!
★一目均衡表を基礎から使いこなせるようになるまで
マスターしたい人には必読の一冊です。
期間限定のこのチャンスをぜひお見逃しなく!


1201ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (来週のユーロ円予測チャート→
FXプライム提供)

1201ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (来週のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

1201パターン分析ドル円研究所

  (来週の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

1201売買シグナルドル円研究所

  (来週の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライム最新キャンペーン
JASDAQ上場のFX会社・FXプライムの『選べる外貨』
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★ドル円0.5銭、ユーロ円0.9銭の低スプレッド!(原則固定)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム
FXプライム