fxプライム10月 
人気のFX取引!JASDAQ上場のFX会社・FXプライム
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ
★ドル円0.5銭、ユーロ円0.9銭の低スプレッド!
★売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム 

11月30日(金) 本日のユーロの見通し

ドイツ連邦議会
★ドイツ議会・ギリシャ支援法案採決
本日、ドイツ議会においてギリシャ支援法案が採決される。
ギリシャに対する救済策は
26日のユーロ圏財務相会合で合意されたが
オランダ、フランスを含め3カ国の議会で採決の必要がある。
市場では可決が濃厚というコンセンサスだが
可決のヘッドラインで材料視される可能性も。


19:00発表
ユーロ圏11月消費者物価指数、ユーロ圏10月失業率
ユーロ圏は金融危機以降で2度目のリセッション(景気後退)入りとなっている為
さらなる利下げの思惑が出ている。
消費者物価指数が下がってくれば、さらにこの思惑が高まりやすいため
どのような数字になるか要注目。
また、合わせて失業率の悪化が見られた場合
市場はこの問題を再認識する可能性も。
なお、来週6日には次回ECB理事会が予定されている。

ユーロ圏11月消費者物価指数 市場予想+2.4% 前回(+2.5%)
ユーロ圏10月失業率       市場予想11.7%  前回(11.6%)

22:30発表
米10月個人所得、米10月個人消費支出
米10月コアPCEデフレーター
特に個人消費支出に注目したい。
今回の結果には米年末商戦の数字は含まれていないものの
昨日発表された米7-9月期GDP・改定値では
個人消費は速報値よりも0.6ポイント下方修正。
10月に持ち直しているかどうかがカギとなる。

米10月個人所得         市場予想+0.2% 前回(+0.4%)
米10月個人消費支出      市場予想±0.0% 前回(+0.8%)
米10月コアPCEデフレーター 市場予想+0.2% 前回(+0.1%)

23:45発表
米11月シカゴ購買部協会景気指数
3ヶ月連続で市場予想を下回っている指標。
米「財政の崖」への懸念がどこまで広がっているかが焦点。
数字について市場で噂が広がりやすい事にも注意が必要。

米11月シカゴ購買部協会景気指数 市場予想50.5 前回(49.9)

24:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.2950、1.3000に観測。
ユーロ円オプションバリアを108円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

ユーロ円チャートは
米7-9月期GDP・改定値、米新規失業保険申請件数が
市場予想よりも悪化したが影響無し。
連日の米議会関係者の発言で振り回される展開。
24時過ぎ、米民主党・下院予算委員長バンホーレン議員が
「財政の崖」協議は合意に近づいていないとの発言で
ユーロドルが1.3013から1.2965まで下落。
一旦戻した後、、共和党ベイナー下院議長が
米ガイトナー財務長官との会談で具体策の提示が無かった為
「財政の崖」協議が停滞した事を失望と発言、再び売りが加速。
1.2944まで下げた。
その後、民主党ペロシ下院院内総務が
ベイナー下院議長の発言は戦術であり
米シューマー上院議員が「財政の崖」協議は進展。
クリスマス前までに合意出来ると確信していると発言。
ユーロ円は106円79銭→106円21銭→106円57銭と上下してNYクローズ。
東京タイムでは
10時30分前から突然
邦銀がM&A関連のドル買い、輸入企業のドル買いオーダーを集中させた事で
海外短期筋のストップロスを巻き込みながら急上昇。
ドル円82円53銭、ユーロ円107円28銭まで駆け上がった。
日本記者クラブで党首討論会が行われたが
自民党・安倍総裁発言は賞味期限切れ。
200兆円の建設国債発行を日銀に引き受けさせる事で
財政ファイナンスと捉えられる副作用についてはコメント無し。
今日は10年前の自民党政権時代にさんざん議論され尽くした
外債購入を迫る考えを再び持ちだしたが
首相になった場合はこの問題に関して日銀には何も言わないと支離滅裂。
また、為替介入を行わないと安倍総裁は発言しているが
市場では外債購入を日銀が行えば裏口介入だと認識する。
この点に関しても矛盾があるが
野党の現在の立場で無責任な発言に終始。
テクニカルでは
ユーロドルが一目均衡表・日足の雲上限をザラ場で
抜けてきており、週末クローズで維持できるかがポイント。
本日の戦略としては
ドイツ議会・ギリシャ債務削減法案採決
ユーロ圏11月消費者物価指数・速報値、ユーロ圏10月失業率
米10月個人消費支出、米11月シカゴ購買部協会景気指数の発表結果に注目。
また、米「財政の崖」を巡るヘッドラインに注意。
ユーロ円は
邦銀からの急なドル買いがキッカケとなり
再びドル円が動意づいており、82円後半~83円を巡る攻防戦。
一目均衡表・時間足で一時雲の中に突入していたドル円が再び雲を上抜け。
ユーロ円、ユーロドルも揃い踏みとなっている以上
上方向のリスクが高まりそうな地合。
但し、日本時間深夜に
連日において米「財政の崖」を巡るヘッドラインで
相場が大きく揺れ動いているだけにこのポイントへの警戒感は必要。
また、本日は週末及び月末。
深夜1時のロンドンフィックスにかけて
特殊オーダーが集中する可能性があり、注意。
ユーロドルは
10月25日、31日、11月27日、29日と月末恒例のような形で
1.3000を突破している状況。
一目均衡表・日足の雲上限とも絡んでおり
週末クローズで上抜けを明確に維持できるかどうか見ておきたい。
ユーロ円のレジスタンスとしては
107円65銭(4月25日高値)、107円79銭(4月23日高値)
107円98銭(4月20日高値)、108円39銭(4月5日高値)
108円65銭(3月9日高値)に注目。
サポートとしては
直近107円ジャストでの押し目買いオーダーとの攻防。
下抜けた場合は
106円60銭(5日移動平均線)、106円43銭(11月30日東京安値)
106円15銭(11月29日安値)
106円09銭(10日移動平均線)を意識しておきたい。

主要サポートライン一覧
A:106円60銭(5日移動平均線)
B:106円43銭(11月30日東京安値)
C:106円15銭(11月29日安値)
D106円09銭(10日移動平均線)
E:105円65銭(一目均衡表・転換線)
F:105円28銭(11月28日安値)
G:105円21銭(11月21日NY安値)
H:104円52銭(11/26-13高値安値フィボナッチ38.2%戻し)
I:104円09銭(11月21日安値)
J:104円08銭(21日移動平均線)
K:103円97銭(一目均衡表・基準線)
L:103円66銭(11月20日安値)
M:103円50銭(11月19日安値)
N:103円42銭(週足一目均衡表・雲の下限)
O:103円04銭(11月16日安値)
P:102円94銭(50日移動平均線)
Q:102円45銭(一目均衡表・雲の上限)
R:102円20銭(200日移動平均線)
S:101円99銭(11月15日安値)
T:100円86銭(11月12日安値)
U:100円81銭(11月14日安値)
V:100円54銭(一目均衡表・雲の下限)
W:100円41銭(11月9日安値)
X:100円32銭(120日移動平均線)

主要レジスタンスライン一覧
A:107円65銭(4月25日高値)
B:107円79銭(4月23日高値)
C:107円98銭(4月20日高値)
D:108円39銭(4月5日高値)
E:108円65銭(3月9日高値)

1130ドル円一目研究所時間足

  (本日のドル円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

1130ユーロ円一目研究所時間足

  (本日のユーロ円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)  

1130ユーロドル一目研究所時間足

  (本日のユーロドル・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)  

外為ジャパン 
★当サイト限定・タイアップ企画★
大人気テクニカルアナリスト・福永博之氏が書き下ろした書籍
FX一目均衡表・ベーシックマスターブックをプレゼント!
さらに・・・1万円キャッシュバックキャンペーン中!


1130ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→
FXプライム提供)

1130ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

1130パターン分析ドル円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

1130売買シグナルドル円研究所

  (本日の売買シグナル→FXプライム提供)

fxプライム10月 
人気のFX取引!JASDAQ上場のFX会社・FXプライム
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ
★ドル円0.5銭、ユーロ円0.9銭の低スプレッド!
★売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(11月30日)
★ドイツ議会・ギリシャ支援法案採決
09:01発表 英11月GfK消費者信頼感
09:55    東京仲値(ドル円注意)
13:00~   日本記者クラブ・党首討論会
16:00発表 独10月小売売上高
17:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
19:00発表 日本11月為替介入状況
19:00発表 ユーロ圏11月消費者物価指数・速報値
19:00発表 ユーロ圏10月失業率
21:00発表 南ア10月貿易収支
22:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
22:30発表 米10月個人所得
22:30発表 米10月個人消費支出
22:30発表 米10月コアPCEデフレーター
22:30発表 加7-9月GDP
23:45発表 米11月シカゴ購買部協会景気指数
24:00    NYオプションカット
25:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)