インヴァスト証券 
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。
寝ている間にも売買チャンスを捕まえて自動売買。
サーバー型取引なので、パソコンを切っていてもOK。
平日、時間が取りにくい方におススメ。
★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら当サイト限定で、7千円キャッシュバック★

シストレ24マンスリーレポート 
最新マンスリーレポートの内容の一部をご紹介
月間収益・勝率ランキングTOP5(7月分)


シストレ24・7月成績

インヴァスト証券 

8月31日(金) 本日のユーロの見通し

18:00発表
ユーロ圏8月消費者物価指数・速報値、ユーロ圏7月失業率
いずれも重要な指標。
消費者物価指数の上ぶれは、ECBによる利下げへの思惑後退要因。
失業率の悪化はユーロ売り材料となる。

ユーロ圏8月消費者物価指数 市場予想+2.5% 前回(+2.4%)
ユーロ圏7月失業率        市場予想11.3%  前回(11.2%)

クーレ理事
18:00~
ECBクーレ理事講演
ECB(欧州中央銀行)による国債購入に市場の期待が集まる中
どのような見解を示すかが焦点。
前向きな発言はユーロの下支え材料。

ノボトニー総裁14
19:00~
オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
本日のラジオインタビューで
発行市場で政府から直接国債を買い入れる事は問題。
流通市場での買い入れの場合でも条件があると発言。
また、昨日の夜には
欧州経済は成長見通しが悪化しており
不透明感がかなり高まっていると指摘。
南欧諸国は特に状況が深刻化しているとの認識を示している。
ECBメンバー内では、強い力を持つ同氏のコメントに注目。

22:45発表
米8月シカゴ購買部協会景気指数
前2回は強い結果となった指標。
市場予想は弱めだが、果たしてどうなるか。
事前に噂が出ることもあり、発表前から注意したい。

米8月シカゴ購買部協会景気指数 市場予想53.2 前回(53.7)

22:55発表
米8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
今回は確報値の発表であり、速報値との比較。
強い数字が出れば、リスクオン。

米8月ミシガン大学消費者信頼感指数 市場予想73.6 速報値(73.6)

23:00発表
米7月製造業受注指数
2月から強弱を繰り返している指標。
パターン継続なら今回は強い番。
但し、直後から始まる
米FRBバーナンキ議長講演に注目度が集まっている為
指標による反応は限定的か。

米7月製造業受注指数 市場予想+2.0% 前回(-0.5%)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.2500、1.2550に観測。
ユーロドルバリアオプションを1.2600、1.2660に観測。

ユーロ円バリアオプションを100円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

バーナンキ議長56
23:00~
米FRBバーナンキ議長講演(当サイトでライブ中継)
2年前のこの時期に行われた講演で
QE2(量的緩和第2弾)を示唆した事から、注目度が高いイベント。
今回もQE3への前向きな発言が出るかどうか。
これまでより追加緩和にトーンが高まればドル売り。
現状維持に留まればドル買いの反応が予想される。
週末、月末が重なる事で
相当大きく上下に振れる可能性があり、ポジション管理は厳重に行いたい。
 

ユーロ円チャートは
本日の米FRBバーナンキ議長講演を控え
NYダウが100ドルを超える下げとなった事で
リスク回避が強まり、一時98円04銭まで下落。
98円30銭でNYクローズ。
東京タイムでは
実需による月末の駆け込み売りで円買いが先行。
ドイツ連銀バイトマン総裁が辞任との噂も飛び出し
97円98銭まで再度下落。
その後、NYダウ先物が落ち着いた事により
昨日のクローズレベルまで行って来いの動きを見せている。
テクニカルでは
7月25日からの上昇トレンドラインは維持しているが
一目均衡表・転換線をNYクローズで割り込んでおり
さらなる上昇には黄信号。
本日の戦略としては
ユーロ圏8月消費者物価指数・速報値、ユーロ圏7月失業率
ECBクーレ理事講演、オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
米8月シカゴ購買部協会景気指数
米8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
米7月製造業受注指数の発表が予定されているが
米FRBバーナンキ議長講演に最大の注目が集まる。
ユーロ円は
今週ここまでは、ECBによる
南欧国債買い入れプログラムへの期待感で下支えされる中
97円80銭~98円80銭の上下1円のレンジを
行ったり来たりの状況。
本日は、日本時間23:00~行われる
米FRBバーナンキ議長が講演でQE3(量的緩和第3弾)へ
前向きな発言を行うかどうかがカギ。
11月6日の米大統領選挙を控える中、政治的な圧力を押しのけて
果たして追加緩和に踏み出せるか。
緩和に前向きな姿勢を見せればドル売り優勢となるが
来週9月7日(金)に発表される米8月NFP雇用統計の結果を待つ形で
現状維持に近いコメントとなればドル買い。
但し、その場合でも経済指標の悪化のリスクを考えて
QE3のカードを手元に残す発言になりそうだ。
次回、米FOMCは9月12日~13日の予定。
9月6日のECB理事会を含め、欧州情勢は9月がヤマ。
先に米FRBが手を打つかどうか注目される。
レジスタンスとしては
98円25銭(一目均衡表・雲の上限)、98円44銭(5日移動平均線)
98円45銭(10日移動平均線)、98円53銭(一目均衡表・転換線)
98円78銭(8月30日高値)
98円82銭(8月23日・28日・29日高値)
99円02銭(8月22日高値)、99円18銭(8月21日高値)
99円46銭(6月28日高値)、99円59銭(6月27日高値)
99円65銭(6月26日高値)
99円87銭(100日移動平均線)を意識しておきたい。
サポートとしては
98円10銭(8月22日安値)、98円04銭(8月30日安値)
97円98銭(8月24日安値)、97円95銭(8月21日安値)
97円88銭(8月28日安値)、97円75銭(21日移動平均線)
97円72銭(8月17日安値)、97円55銭(50日移動平均線)
97円04銭(一目均衡表・基準線)、96円96銭(8月16日安値)
96円74銭(一目均衡表・雲の下限)に注目。

主要サポートライン一覧
A:98円10銭(8月22日安値)
B:98円04銭(8月30日安値)
C:97円98銭(8月24日安値)
D:97円95銭(8月21日安値)
E:97円88銭(8月28日安値)
F:97円75銭(21日移動平均線)
G:97円73銭(8月20日安値)
H:97円72銭(8月17日安値)
I:97円55銭(50日移動平均線)
J:97円04銭(一目均衡表・基準線)
K:96円96銭(8月16日安値)
L:96円74銭(一目均衡表・雲の下限)
M:96円54銭(8月14日安値)
N:96円52銭(8月15日安値)
O:95円94銭(8月13日安値)
P:95円70銭(8月10日安値)
Q:95円69銭(8月1日安値)
R:95円63銭(7月27日安値)
S:95円54銭(6月1日安値)
T:95円52銭(7月30日安値)
U:95円34銭(7月20日安値)

主要レジスタンスライン一覧
A:98円25銭(一目均衡表・雲の上限)
B:98円44銭(5日移動平均線)
C:98円45銭(10日移動平均線)
D:98円53銭(一目均衡表・転換線)
E:98円78銭(8月30日高値)
F:98円82銭(8月23日・28日・29日高値)
G:99円02銭(8月22日高値)
H:99円18銭(8月21日高値)
I:99円46銭(6月28日高値)
j:99円59銭(6月27日高値)
K:99円65銭(6月26日高値)
L:99円87銭(100日移動平均線)
M:100円33銭(7月5日高値)
N:100円67銭(7月4日高値)
O:100円72銭(3/21-7/24高値安値フィボナッチ50%戻し)
P:100円81銭(7月3日高値)
Q:101円26銭(7月2日高値)
R:101円39銭(6月29日高値)
S:101円42銭(6月20日高値)
T:101円61銭(6月21日高値)
U:101円71銭(5月21日高値)
V:101円96銭(200日移動平均線)
W:102円76銭(3/21-7/24高値安値フィボナッチ50%戻し)

0831NYダウ先物研究所

(本日の主要通貨・NYダウ・原油・一発比較チャート→DMM FX提供)

★FXの取引に必要な材料を一発比較!
ドル円、ユーロ円、豪ドル円、ユーロドルに加え
NYダウ先物、原油、ゴールドのリアルタイムの値動きを
一画面でチェック出来るのは
DMM FX

DMM8月35000円 
★月曜早朝の窓明け・窓埋めトレードに強い★
月曜朝7時のオープン直後でも
米ドル円0.3銭! ユーロ円0.8銭! 豪ドル円1.2銭!の低スプレッド
期間限定<35000円分プレゼント>大キャンペーンスタート
(Amazonギフト券25000円+1万円キャッシュバック)
現在のリアルタイムレート→
DMM FX提供
DMM FXは初心者向け 

0831ユーロ円一目研究所

  (本日のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券提供)

3銭・5000円キャッシュバック 
★業界ギリギリスプレッド★
米ドル円0.3銭!
iPhone、アンドロイド完全対応、スマートフォン利用者No.1!
専用アプリで超高速・決済可能。
今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!

GMOクリック証券 

0831ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0831ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0831パターン分析ドル円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0831売買シグナルドル円研究所

  (本日の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見8月 
人気のFX取引!JASDAQ上場のFX会社・FXプライム
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(8月31日)
★独メルケル首相、中国訪問
★スペイン1-7月財政収支
08:01発表 英8月GfK消費者信頼感
09:55    東京仲値(ドル円注意)
15:00発表 独7月小売売上高
16:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
18:00発表 ユーロ圏8月消費者物価指数・速報値
18:00発表 ユーロ圏7月失業率
18:00~   ECBクーレ理事講演
19:00発表 日本8月為替介入結果
19:00~   オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
21:00~   EFSFレグリングCEO・討論会
21:00発表 南ア7月貿易収支
21:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
21:30発表 加6月GDP
21:30発表 加4-6月GDP
22:45発表 米8月シカゴ購買部協会景気指数
22:55発表 米8月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
23:00    NYオプションカット
23:00発表 米7月製造業受注指数
23:00~   米FRBバーナンキ議長講演
24:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
24:55~   英BOEホールデン金融安定化担当執行役員・討論会
26:10~   英MPCポーゼン委員・討論会