インヴァストシストレ2
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。
寝ている間にも売買チャンスを捕まえて自動売買。
サーバー型取引なので、パソコンを切っていてもOK。
平日、時間が取りにくい方におススメ。
★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、当サイト限定キャンペーンで7千円キャッシュバック★
さらに・・・「選ぶだけの自動売買ガイド」を無料プレゼント!

最新月間収益・勝率ランキングTOP5(5月分)

インヴァスト5月ランキング

インヴァスト証券 

ユーロの来週の見通し 6/25(月)~6/29(金)

0623ユーロ円研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→kakaku FX提供)

0623ユーロドル研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→kakaku FX提供)

★月曜朝4時オープン、土曜朝6時の取引終了までメンテナンス時間無し★
★iPhone・アンドロイドのスマートフォン、クイック入金にも完全対応★
週末に市場急変時も、週明け最初に開く業者というメリット!
窓あけ、窓埋めを狙うなら
業界最高水準の取引環境。「kakaku FX」
 

★来週のユーロ注目材料★
1.仏オランド大統領、ECBドラギ総裁会談
2.EUサミット
3.トロイカ代表団・ギリシャ訪問
4.スペイン、イタリア国債入札
5.ユーロ圏重要経済指標

オランド大統領_ドラギ総裁
1.仏オランド大統領、ECBドラギ総裁会談
来週25日(月)
仏オランド大統領、ECBドラギ総裁会談がパリで行われる。
会談テーマは現時点で不明だが
両者はユーロ共同債において近い立場にあり
意気投合してポジティブな材料が出てくる可能性も。
EUサミットを目前に控えており、注意したいイベント。

メルコランド3
2.EUサミット
来週28日(木)~29日(金)
ブリュッセルでEUサミットが行われる。
欧州債務危機、特に銀行同盟に関する協議がメインテーマ。
銀行同盟とは欧州域内の銀行監督組織、権限
預金保険制度(経営破綻時の預金者保護)
金融機関への資本増強などといった制度を国境を越えて一元化する事
すでにEBA(欧州銀行監督機構)が存在する事で
この組織の強化を求める声もあるが
昨年実施されたストレステストにおいて
スペインのリスクを見逃した為
独メルケル首相が難色を示しており
ECB(欧州中央銀行)の強化案が軸となりそうだ。
なお、この案には仏オランド大統領も同調している。
どこまで前向きな具体策が出てくるかがカギ。
市場ではサミット前に期待が高まる可能性も。

サマラス首相
3.トロイカ代表団・ギリシャ訪問
来週25日(月)からトロイカ(EU・ECB・IMF)代表団が
ギリシャを訪問する。
現在進めている改革について
進展状況を点検するのが主な目的だが
5月、6月と2度に渡り行われた総選挙前後は改革が中断。
今月17日の再選挙前は緊縮策を実行すると公言していた
ギリシャ新連立政権が現行緊縮策を変更し
公務員15万人削減を撤回すると発表。
さらに最低賃金22%カット撤廃、失業保険給付期間延長(現行1年→2年)
財政緊縮策最低2年先延ばし、VAT減税など財政規律が緩む政策が
立て続けに打ち出されており
このような甘い緊縮策が実行されれば
EU・IMFからの支援条件達成は困難な状況。
サマラス新首相はトロイカと交渉する構えだが
認められるかは不透明。
万一、救済資金が止まれば
国庫は来月にも枯渇、8月の年金支払いは停止される。

スペイン国旗1
4.スペイン、イタリア国債入札
来週26日(火)スペイン国債入札
26日(火)、27日(水)イタリア国債入札が行われる。
10年債利回りは共に今月半ばの水準から下落しているものの
依然として高い位置にあり、市場ではリスクとして意識されている。
落札利回りの上昇、応札倍率の低下、札割れなど
ネガティブな結果となればユーロの売り材料。

0623スペイン国債10年物利回り・ユーロ円研究所

  (スペイン国債10年物利回り→6/22NYクローズ6.38

0623イタリア国債10年物利回り・ユーロ円研究所

  (イタリア国債10年物利回り→6/22NYクローズ5.80

5.ユーロ圏重要経済指標
来週は独7月GFK消費者信頼感、独6月雇用統計
ユーロ圏6月消費者信頼感、仏1-3月期GDP・確報値
ユーロ圏5月消費者物価指数・速報値に注目。
特に仏1-3月期GDPは確報値の発表だが
速報値から悪化、マイナス発表となった場合は要注意。

来週のユーロ圏経済指標データ(6/25~6/29)
日付指標市場予想前回値
6/25(月)独7月GFK消費者信頼感+5.6+5.7
6/27(水)独6月消費者物価指数・速報値+1.9%+1.9%
6/28(木)独6月失業者数±0万人±0万人
6/28(木)独6月失業率6.7%6.7%
6/28(木)ユーロ圏6月消費者信頼感・確報値未定-19.6
6/28(木)ユーロ圏6月経済信頼感未定90.6
6/29(金)仏1−3月期GDP・確報値(前期比)未定±0.0%
6/29(金)仏1−3月期GDP・確報値(前年比)未定+0.3%
6/29(金)ユーロ圏5月マネーサプライM3+2.2%+2.5%
6/29(金)ユーロ圏5月消費者物価指数・速報値+2.4%+2.4%

ユーロ円チャートは
独仏伊西首脳会談で1300億ユーロの資金を活用して
成長支援策を行うべきとの考えで一致。
プラス材料として捉えられているものの
独メルケル首相は会談でユーロ共同債及び
EFSF、ESMによる欧州高債務国の国債購入をシャットアウト。
意見の違いが改めて浮き彫りになった事で
会談の成果はむしろマイナスだとする意見もある。
ECB(欧州中央銀行)が資金供給オペの担保として受け入れる
ABS(資産担保証券)の種類を拡大。
また、受け入れ可能な格付けを
現行AマイナスからBBBへと拡大すると発表。
欧州株はフランス、ドイツ、イタリアがマイナス。スペインのみプラスだった。
ユーロ円はECBの発表を受けて
101円23銭まで上値を伸ばしたものの
スペインが銀行劣後債保有者に損失を負わせる事を検討しているという
ヘッドラインにより100円78銭まで一時下落するなど荒い動き。
デギンドス財務相が否定した事で落ち着きを取り戻したものの
スペイン銀行処理には不透明感が漂っている。
来週の戦略としては
仏オランド大統領、ECBドラギ総裁会談
EUサミット、スペイン、イタリア国債入札に注目が集まるところだが
スペイン銀行処理の不透明感に加え
ポルトガル1-5月の財政赤字が前年比35%増に膨れ上がり
支援条件が達成できないリスクが強まっている。
ユーロ売り材料とされる可能性にも注意したい。
ユーロ円は
102円までに5つのレジスタンスが発生。
これをまず抜けて行けるかどうか。
101円23銭(6月22日高値)、101円42銭(6月20日高値)
101円61銭(6月21日高値)、101円71銭(5月21日高値)
101円76銭(4/20-6/1高値安値フィボナッチ50.0%戻し)

来週半ばには
一目均衡表・雲の加減が102円台に下りて来ることで
上値抑制レベルとして意識される。
サポートとしては
引き続き機能している
一目均衡表・転換線がNYクローズで維持されるかどうか。
ユーロドルが21日に約170pips下落した後の反発も弱く
1.2500を大きく割り込む事態となれば
ユーロ円の下押し圧力が増してきそうだ。
その場合は6月15日安値(99円07銭)に注目したい。

主要サポートライン一覧
A:100円48銭(5日移動平均線)
B:100円39銭(6月22日安値)
C:100円16銭(一目均衡表・転換線)
D:100円04銭(10日移動平均線)
E:99円81銭(6月20日安値)
F:99円47銭(6月14日安値)
G:99円40銭(6月7日安値)
H:99円32銭(21日移動平均線)
I:99円30銭(6月13日安値)
J:99円17銭(6月19日安値)
K:99円11銭(6月18日安値)
L:99円10銭(6月11日安値)
M:99円07銭(6月15日安値)
N:98円83銭(一目均衡表・基準線)

主要レジスタンスライン一覧
A:101円23銭(6月22日高値)
B:101円42銭(6月20日高値)
C:101円61銭(6月21日高値)
D:101円71銭(5月21日高値)
E:101円76銭(4/20-6/1高値安値フィボナッチ50.0%戻し)
F:102円12銭(5月22日高値)
G:102円19銭(50日移動平均線)
H:102円39銭(5月17日高値)
I:102円70銭(5月16日高値)
J:102円87銭(5月15日高値)

最新分のIMM先物ポジション(6月19日現在)では
ユーロショート(ユーロ売り)が減少。
ロング(ユーロ買い)が増加。
ユーロ導入以来、過去最大水準であった
ショートポジションが巻き戻されている。

シカゴIMMポジション・6月23日ユーロ

0623NYダウ先物研究所

  (週末のNYダウ先物の動き・5分足→DMM FX提供)

★NYダウ先物が一発でわかるチャートが大好評★
月曜朝7時のオープン直後でも
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! 豪ドル円1.2銭!
月曜早朝の窓明け・窓埋めトレードに強い!
7月末まで延長決定!
新規口座開設で5000円キャッシュバック!

 

0623ユーロ円ボリンジャーバンド研究所

  (週末のユーロ円ボリンジャーバンド→DMM FX提供)

0623ユーロ円一目研究所

 (週末のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券【FXネオ】提供)

★業界ギリギリスプレッド★
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! ユーロドル0.6pips!
iPhone、アンドロイド完全対応、スマートフォン利用者No.1!
専用アプリで快適動作。
さらに・・・今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!

クリック証券 

0623ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (来週のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0623ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (来週のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0623パターン分析ドル円研究所

  (来週の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0623売買シグナルドル円研究所

  (来週の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見 
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★安心の伊藤忠グループ
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

FXプライム
FXプライム