インヴァストシストレ1
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。
寝ている間にも売買チャンスを捕まえて自動売買。
サーバー型取引なので、パソコンを切っていてもOK。
平日、時間が取りにくい方におススメ。
★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、当サイト限定キャンペーンで7千円キャッシュバック★

最新月間収益・勝率ランキングTOP5(4月分)

インヴァスト4月ランキング

インヴァスト証券

ユーロの来週の見通し 5/28(月)~6/1(金)

0526ユーロ円研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→kakaku FX提供)

★月曜朝4時オープン、土曜朝6時の取引終了までメンテナンス時間無し★
★iPhone・アンドロイドのスマートフォン、クイック入金にも完全対応★
週末に市場急変時も、週明け最初に開く業者というメリット!
窓あけ、窓埋めを狙うなら
業界最高水準の取引環境。「kakaku FX」
 

0526ユーロドル研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→kakaku FX提供)

★来週のユーロ注目材料★
1.イタリア国債入札
2.ECBドラギ総裁講演
3.欧州委員会レーン委員講演
4.バローゾ欧州委員長講演
5.EUファンロンパイ大統領講演
6.米重要経済指標
7.ユーロ圏重要経済指標


イタリア国旗2
1.イタリア国債入札
来週28日(月)、29日(火)イタリア国債入札が行われる。
ギリシャ懸念に加え、スペイン債務不安が再燃。
イタリア国債10年物利回りは週末クローズ時点で5.67%
決して安心できないレベルとなっている。
週明けのユーロの最初のハードルとなるだけに要注目。

0526イタリア国債10年物利回り・ユーロ円研究所

  (イタリア国債10年物利回り→5/25NYクローズ5.67%)

ドラギ総裁24
2.ECBドラギ総裁講演
来週31日(木)日本時間0:30~
ECBドラギ総裁講演が行われる。
来月6日には次回ECB理事会が控えている中で
格付け会社ムーディーズ(17日)、S&P(25日)が
スペイン金融機関を格下げ。
大手行であるバンキアが190億ユーロの資本注入を政府に要請。
スペイン債務懸念が強まっており
ECB(欧州中央銀行)が3回目となる
LTRO(長期資金供給オペ)を行うかどうか
また、国債購入を再開するかどうかがカギとなっている。
講演の中で前向きなヒントが出てくれば
ポジティブな材料となりやすいので要注意。

レーン欧州委員22
3.欧州委員会レーン委員講演
来週31日(木)日本時間16:00~
欧州委員会レーン委員講演が行われる。
今月18日、スペインは銀行救済の為
欧州の支援は不要と発言しているが
週末にスペイン債務不安が高まってきており
どのようなコメントに変化するか。
ギリシャについてはユーロ圏を離脱した場合のシナリオを
検証していない姿勢を明確にしており、市場が先走る事を牽制。
来月17日の再選挙まで静観する模様。

バローゾ委員長6
4.バローゾ欧州委員長講演
来週31日(木)日本時間16:00~
バローゾ欧州委員長講演が行われる。
16日、ギリシャ救済の約束は守ると発言。
第2次支援1300億ユーロの履行を明言した。
民主主義の観点からギリシャに対して強制介入は出来ず
歯がゆくても見守るしか出来ない状況。
改めてギリシャ支援の立場を明確にするかどうか。
また、スペイン情勢についてのコメントにも注意したい。

ファンロンパイ大統領2
5.EUファンロンパイ大統領講演
来週6月1日(金)日本時間21:00~
EUファンロンパイ大統領講演が行われる。
直後に米5月NFP雇用統計が行われることから
材料視される可能性は高くないが
23日のEUサミットを終えて
ユーロ圏統合強化の
基本的枠組み策定を委ねられる形となっており
次回6月28日~29日に行われるサミットに向けて
どのような発信を行うか注目。

6.米重要経済指標
来週は29日(火)以降、重要指標の発表が集中。
その中でも米5月ADP雇用報告、米1-3月期GDP改定値
米5月NFP雇用統計、米5月ISM製造業景況指数の4つは特に重要。
現段階ではADP、NFP共に前回よりも改善する見込みとなっているが
4月分では揃って市場予想を大きく下回っているだけに要注意。
万一、同様のパターンが繰り返されるようだと
ドル安が強まる可能性大。


来週の米経済指標(5/28~6/1)
日付指標市場予想前回値
5/29(火)米3月S&P・ケースシラー住宅価格指数-2.70%-3.49%
5/29(火)米5月消費者信頼感指数69.869.2
5/29(火)米5月ダラス連銀製造業活動指数+1.5-3.4
5/30(水)米MBA住宅ローン申請指数未定+3.8%
5/30(水)米4月中古住宅販売保留指数-0.1%+4.1%
5/31(木)米5月ADP雇用報告+13.5万人+11.9万人
5/31(木)米1−3月期GDP・改定値+1.9%+2.2%
5/31(木)米1−3月期個人消費・改定値+2.9%+2.9%
5/31(木)米1−3月期GDPデフレーター・改定値1.5%+1.5%
5/31(木)米1−3月期コアPCEデフレーター・改定値+2.1%+2.1%
5/31(木)米新規失業保険申請件数37.0万件37.0万件
5/31(木)米5月シカゴ購買部協会景気指数57.356.2
6/ 1(金)米5月非農業部門雇用者数+15.0万人+11.5万人
6/ 1(金)米5月民間部門雇用者数+17.0万人+13.0万人
6/ 1(金)米5月失業率8.1%8.1%
6/ 1(金)米4月個人所得+0.3%+0.4%
6/ 1(金)米4月個人消費支出+0.3%+0.3%
6/ 1(金)米4月個人消費支出コアデフレーター+0.2%+0.2%
6/ 1(金)米5月ISM製造業景況指数54.054.8
6/ 1(金)米4月建設支出+0.4%+0.1%

7.ユーロ圏重要経済指標
来週はユーロ圏5月消費者物価指数・速報値に注目。
2.5%を下回ってくればインフレに敏感な
ECBが利下げを行える可能性も出てくるだけに数字を確認したい。

来週のユーロ圏経済指標データ(5/28~6/1)
日付指標市場予想前回値
5/29(火)独5月消費者物価指数・速報値+2.1%+2.1%
5/30(水)ユーロ圏5月消費者信頼感・確報値-19.3-19.3
5/30(水)ユーロ圏5月経済信頼感92.592.8
5/31(木)独5月失業者数-1万人+1.9万人
5/31(木)独5月失業率6.8%6.8%
5/31(木)ユーロ圏5月消費者物価指数・速報値+2.6%+2.6%
6/ 1 (金)独5月製造業PMI・確報値45.045.0
6/ 1 (金)ユーロ圏5月製造業PMI・確報値未定45.0
6/ 1 (金)ユーロ圏4月失業率11.0%10.9%


ユーロ円チャートは
米5月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値が
2007年10月以来の強い結果となるものの
発表直前に市場で強い結果になるとの噂が広まっていた事に加え
・スペイン・カタルーニャ州が政府に資金が行き詰った事で支援を要請
・格付け会社S&Pがスペイン・バンキア銀行など5行を格下げ
・バンキア銀行が政府に190億ユーロの資本注入を要請
スペイン債務懸念が高まり
スペイン国債10年物利回りが6.33%まで一時上昇。
NYダウが74ドル安となり、好材料を打ち消した。
週明け月曜日に米国市場が
メモリアルデー(戦没者追悼記念日)で休場となる事も影響した形。
ミシガン指標発表後の値幅は上下30銭。99円73銭で週末クローズ。
週末クローズで100円割れとなるのは昨年末以来。
テクニカルでは
心理的節目である100円近辺を上下。
5日移動平均線にも届いていない状況。
来週の戦略としては
ギリシャ情勢に少し飽きてきたところに
スペイン債務不安が再燃。
ユーロドルが1.2500を一時割り込む動きとなっている。
ユーロ円も復活の糸口が見えていない。
100円50銭(5日移動平均線)101円06銭(10日移動平均線)
101円11銭(一目均衡表・転換線)の3つのレジスタンスが
壁として意識されそうだ。
来週は月曜日のNY市場がメモリアルデーで休場。
ユーロとしてはイタリア国債入札が最初のハードル。
その後も米重要経済指標の発表が集中する事もあり
目が離せない展開が続く。
万一、米経済指標の結果がネガティブな形になれば
今度はドル円が先導する形でユーロ円の下落が進む可能性も。
ユーロドル1.2450、1.2400の
オプションバリアの攻防と合わせて注意したい。
IMM先物では
ユーロショート(ユーロ売り)が
ユーロ導入以来、過去最大水準を更新。

短期筋中心に売り込んでいる状況が顕著となっており
材料一つでポジション調整が入りやすいことにも注意が必要。

シカゴIMMポジション・5月22日ユーロ

主要サポートライン一覧
A:99円48銭(5月25日安値)
B:99円35銭(5月24日安値)
D:99円24銭(2月1日安値)
E:99円09銭(1月23日安値)
F:98円55銭(1月19日安値)
G:97円69銭(1月18日安値)

主要レジスタンスライン一覧
A:100円25銭(5月24日高値)
B:100円33銭(5月25日高値)
C:100円50銭(5日移動平均線)
D:101円06銭(10日移動平均線)
E:101円09銭(5月18日高値)
F:101円11銭(一目均衡表・転換線)
G:101円38銭(4/20-5/24高値安値フィボナッチ23.6%戻し)
H:101円47銭(5月23日高値)
I:101円71銭(5月21日高値)
J:102円12銭(5月22日高値)
K:102円39銭(5月17日高値)


0526NYダウ先物研究所

  (週末のNYダウ先物の動き→DMM FX提供)

★業界最安★
月曜朝7時のオープン直後でも
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! 豪ドル円1.2銭!
月曜早朝の窓明け・窓埋めトレードに強い!
★NYダウ先物の動きがわかるチャートが大好評★
~スピード口座開設中~
今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック!

DMM.com証券 

0526ユーロ円ボリンジャーバンド研究所

  (週末のユーロ円ボリンジャーバンド→DMM FX提供)

0526ユーロ円一目研究所

  (週末のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券【FXネオ】提供)

★業界ギリギリスプレッド★
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! ユーロドル0.6pips!
iPhone、アンドロイド完全対応、スマートフォン利用者No.1!
専用アプリで快適動作。
さらに・・・今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!

クリック証券 

0526ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (来週のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0526ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (来週のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0526パターン分析ドル円研究所

  (来週の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0526売買シグナルドル円研究所

  (来週の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見 
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★安心の伊藤忠グループ
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム