クリック証券ギリギリスプレッド2
★業界ギリギリスプレッド★
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! ユーロドル0.6pips!
iPhone、アンドロイド完全対応、スマートフォン利用者No.1!
さらに・・・今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!

クリック証券

4月25日(水) 本日のユーロの見通し

ドラギ総裁21
16:00~
ECBドラギ総裁・議会証言
欧州議会において議会証言を行う。
次回ECB理事会が来週木曜日である5月3日に迫る中
どのようなコメントが出るか要注目。

メルシュ総裁4
16:30~
ルクセンブルク中銀メルシュ総裁講演
昨日、IMFがインフレ見通しを楽観視しすぎている一方
成長見通しは悲観的過ぎると発言。
これを受けてユーロが上昇する一幕があっただけに
注意しておきたい。


ドイツ国旗1
18:30~
ドイツ国債入札(30年物/30億ユーロ)
長期債の入札が行われる。
欧州で最も安全とされているドイツ国債だけに
不安は少ないものの、入札結果には一応警戒。
目標額に近い形で応札されれば一安心。
万一、大きな札割れとなればユーロの売り材料。


バローゾ委員長6
19:00~
バローゾ欧州委員長・記者会見
昨日、オランダ当局は何らかの解決策を見出すと確信していると発言。
23日に内閣総辞職で政局が不安定化しているオランダにエールを送った。
早ければ6月にも総選挙が行われる可能性が出てきているだけに
ユーロの不安材料として市場が意識する形。
オランダ問題だけでなく、スペイン発の欧州債務懸念は払拭されておらず
欧州議会シュルツ議長同席の会見でどのような発言が出てくるか。

メルケル首相22
21:00~
独メルケル首相講演
先週末のフランス大統領選挙・ファーストラウンドで
野党社会党オランド前第1書記に先行を許している。
メルケル首相は緊縮財政の手綱を緩める事は
市場の信頼を失うと警告。
改めてオランド氏を牽制している。
来月6日にセカンドラウンドが行われるが
それまでにサルコジ大統領が勢いを取り戻せるかは不透明。
これまで幾多の欧州債務危機を乗り越えてきたメルケル首相だが
サルコジ大統領を失う事になるか
それとも再びメルケルマジック炸裂となるか。
講演に注目したい。


21:30発表
米3月耐久財受注
毎月、市場予想とのぶれが大きい指標。
すでに今回は前回を大きく下回る予想となっている。
結果が乖離する方向により動きそうだが
ポジティブサプライズとなった場合は強いリスクオンへ。

米3月耐久財受注            市場予想-1.7% 前回(+2.4%)
米3月耐久財受注(除輸送用機器) 市場予想+0.5% 前回(+1.8%)


ビスコ総裁
22:45~
イタリア中銀ビスコ総裁講演
今月19日、スペインは難しい時期にあり
欧州は介入の用意をしておく必要があると発言。
改めて警戒感を示した。
他国について中銀総裁が発言する場合
市場は通常よりも意識する為、注意が必要。

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.3100、1.3200に観測。
ユーロドルオプションバリアを1.3250に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。


fomc
25:30発表
米FOMC政策金利・声明文
政策金利の変更は予定されていない。
注目は声明文の内容。
前回の米FOMC(3月13日)声明文
「失業率は目に見えて低下しているが、依然として高いレベル」
「世界市場の歪みは緩和。引き続き著しいリスク」
「少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化」
「ラッカー総裁は決定に反対」
「家計消費、企業投資は引き続き増加」
「住宅は低迷継続」
「モーゲージ関連証券の元本再投資
償還国債をロールオーバーする政策を維持」
この内容を受けてドル買いが強まった事で
ドル円は上昇。ユーロドルは下落した。
なお、前々回(1月25日)発表時はドル売りとなった事もあり
事前に決め付けてポジションを取る事は危険である。

0314FOMC声明文発表直後のユーロ円_ユーロ円研究所

(前回米FOMC発表時のユーロ円チャート→kakaku FX提供)

★月曜朝4時オープン、土曜朝6時の取引終了までメンテナンス時間無し★
★iPhone・アンドロイドのスマートフォン、クイック入金にも完全対応★
週末に市場急変時も、週明け最初に開く業者というメリット!
窓あけ、窓埋めを狙うなら

 

0314FOMC声明文発表直後のユーロドル_ユーロ円研究所

(前回米FOMC発表時のユーロドルチャート→kakaku FX提供)

27:00発表
米FRB経済見通し・米FRBメンバー利上げ時期予測
前回の利上げ時期予測では
米FRBメンバーの11人が
2014年末までに政策金利が0.25%を上回ると
予測している事が発表された。
この結果により声明文で示されている
「少なくとも2014年遅くまで異例な低金利を正当化」という時期よりも
前倒ししてゼロ金利解除を行うとの思惑が発生し、ドル買いとなった。
今回、さらに時期を前倒ししているメンバーがどれぐらいいるか。
人数次第では再びドル買いの動きも。

前回の米FRBメンバー利上げ時期予測
利上げ時期米FRBメンバー数
2012年ゼロ金利解除3人
2013年ゼロ金利解除3人
2014年ゼロ金利解除5人
2015年ゼロ金利解除4人
2016年ゼロ金利解除2人

バーナンキ議長104
27:15~
米FRBバーナンキ議長・記者会見

前回の記者会見(1月25日)時は
声明文の内容と大きく変わる発言は行っていないものの
市場が再び意識した事で、ドル売りとなった。
今回も同様の動きとなるかはコメント次第で不透明。

       米FRBバーナンキ議長・記者会見ライブ中継


ユーロ円チャートは
昨日発表された米2月S&P・ケースシラー住宅価格指数
米4月消費者信頼感指数が市場予想を下回ったものの
米3月新築住宅販売件数が強い結果となった事に
NYダウが反応。
米FOMCの結果を前にしてポジション調整の動きで
ドル買いが強まりドル円は81円38銭まで上昇。
東京タイムでは5・10日の買いに合わせた仕掛けで
一時107円65銭まで駆け上がっている。

テクニカルでは
依然として一目均衡表の雲の中。
本日は雲の上限と基準線が接近。
レジスタンスポイントとして意識されそうだ。
本日の戦略としては
ユーロ圏経済指標の発表は無し。
米3月耐久財受注、米FOMC政策金利・声明文
米FRB経済見通し・米FRBメンバー利上げ時期予測
米FRBバーナンキ議長・記者会見と続く
NYタイムがメインイベント。
ECBドラギ総裁、ルクセンブルク中銀メルシュ総裁
バローゾ欧州委員長、独メルケル首相
イタリア中銀ビスコ総裁の発言といった
欧州要人のコメントにも警戒は必要。
ユーロ円は
107円98銭(4月20日高値)
108円03銭(一目均衡表・基準線)
(3/21-4/16高値・安値フィボナッチ50%戻し)
108円07銭(一目均衡表・雲の上限)のポイントが接近。
手前には107円79銭(4月23日高値)、107円83銭(4月6日高値)
107円84銭(50日移動平均線)といったレジスタンスも存在。
一気に抜け切れれば上値の幅が広がりそうだが
前述したように過去の米FOMCではクロス円は動きが出にくい傾向があり
どこまで明確なトレンドが出るかは不透明。
サポートとしては23日、24日の安値をガードした形の
106円30銭(一目均衡表・転換線)
(4/16-4/20安値・高値フィボナッチ50%戻し)を意識したい。

主要サポートライン一覧
A:107円31銭(5日移動平均線)
B:106円73銭(10日移動平均線)
C:106円50銭(4月19日安値)
D:106円30銭(一目均衡表・転換線)
(4/16-4/20安値・高値フィボナッチ50%戻し)
(4月23日・24日安値)
E:106円09銭(4月18日安値)
F:105円93銭(4月12日安値)
G:105円90銭(4/16-4/20安値・高値フィボナッチ61.8%戻し)
H:105円74銭(4月13日安値)

主要レジスタンスライン一覧
A:107円52銭(21日移動平均線)
B:107円79銭(4月23日高値)
C:107円83銭(4月6日高値)
D:107円84銭(50日移動平均線)
E:107円98銭(4月20日高値)
F:108円03銭(一目均衡表・基準線)
(3/21-4/16高値・安値フィボナッチ50%戻し)
G:108円07銭(一目均衡表・雲の上限)
H:108円39銭(4月5日高値)
I:108円83銭(3/21-4/16高値・安値フィボナッチ61.8%戻し)

J:109円79銭(4月3日高値)

0425ユーロ円ボリンジャーバンド研究所

  (本日のユーロ円ボリンジャーバンド→DMM FX提供)

★業界最安★
朝7時のオープン直後でも
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! 豪ドル円1.2銭!
窓明け・窓埋めの早朝トレードに強い!
今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!
DMM.com証券 

0425ユーロ円一目研究所

 (本日のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券【FXネオ】提供)

★業界ギリギリスプレッド★
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! ユーロドル0.6pips!
iPhone、アンドロイド完全対応、スマートフォン利用者No.1!
さらに・・・今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!
クリック証券 

0425ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0425ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0425パターン分析ドル円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0425売買シグナルドル円研究所

  (本日の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見 
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
今週は、1回取引するだけで1000円が100名様に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(4月25日)
★豪シドニー市場・NZウェリントン市場休場(アンザックデー)
★ボーイング決算
09:55    東京仲値(ドル円注意)
13:45発表 クレディ・スイス決算
16:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
16:00~   ECBドラギ総裁・議会証言
16:30~   ルクセンブルク中銀メルシュ総裁講演
17:30発表 英1−3月期GDP・速報値
18:15~   ECBコンスタンシオ副総裁講演
18:30    ドイツ国債入札(30年債/30億ユーロ)
19:00発表 英4月CBI製造業受注指数
20:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
20:30発表 米キャタピラー決算
21:00~   独メルケル首相講演
21:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
21:30発表 米3月耐久財受注
23:00    NYオプションカット
23:30発表 米週間原油在庫
24:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
24:30    米国債入札
25:30発表 米FOMC政策金利・声明文
27:00発表 米FRB経済見通し・米FRBメンバー利上げ時期予測
27:15~   米FRBバーナンキ議長・記者会見
29:15~   加BOCカーニー総裁・議会証言
30:00発表 RBNZ(NZ準備銀行)政策金利
30:15~   米ガイトナー財務長官講演