インヴァスト1月シストレ
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。

★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、平成24年度版・FX投資家のための賢い税金の本プレゼント★

最新月間収益・勝率ランキングTOP5(2月分)

インヴァスト2月ランキング

インヴァスト証券 

3月27日(火) 本日のユーロの見通し

ユンケル議長8
17:00~
ユーログループ・ユンケル議長講演
6月に退任するユンケル議長。
ルクセンブルク首相でもあり多忙な日々を送っているが
次期議長は独ショイブレ財務相が有力視されている。
市場では、スペインの動向に視線が集中。
関連発言が出れば要注目。

スペイン国旗1
17:30
スペイン国債入札(3カ月・6カ月物/30億ユーロ)
短期債の入札であり、通常であれば波乱の要素は少ないものの
24日、伊モンティ首相がスペインの財政状況を懸念していると発言。
スペイン国債10年物利回りは上昇している。
市場は次のターゲットの一つにスペインをロックしており
入札結果にも注意を払いたい。

0327スペイン国債10年物利回り・ユーロ円研究所

   (スペイン国債10年物利回り:3/26クローズ5.33

イタリア国旗2
18:00
イタリア国債入札(2年債・7年債・9年債/40億ユーロ)
インフレ連動国債、ゼロクーポン国債入札を行う。
前述の伊モンティ首相がスペインに再び火がつけば
イタリアに影響を及ぼすことは必至と発言。
イタリア国債10年物のチャートの通り
状況はスペインより改善しているものの
利回りは5%前後を行き来しており、まだセーフティーゾーンではない。
こちらの入札結果にも注目は必要。

0327イタリア国債10年物利回り・ユーロ円研究所

   (イタリア国債10年物利回り:3/26クローズ5.03

22:00発表
米1月S&P・ケースシラー住宅価格指数
昨日発表された米2月中古住宅販売保留指数も市場予想を下回る結果。
先週からの住宅セクター関連指標は壊滅状態。
ケースシラー指数は2010年12月からマイナス結果が続いており
また、昨年10月から市場予想を上回ったことが無い。
今回もこのパターンが継続するか注意したい。

米1月S&P・ケースシラー住宅価格指数 市場予想-3.80% 前回(-3.99%)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.3300に観測。
ユーロドルオプションバリアを1.3400に観測。
ユーロ円オプションバリアを112円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。


23:00発表
米3月消費者信頼感指数(コンファレンスボード)
米3月リッチモンド連銀製造業指数
消費者信頼感指数に注目したい。
昨年11月から市場予想を上回り続けている指標。
事前予想よりは低い直前予想となっているが
それでも70を超える数字が示されている。
果たして、市場予想を超えることが出来るか。

米3月消費者信頼感指数       市場予想70.1 前回(70.8)
米3月リッチモンド連銀製造業指数 市場予想+18 前回(+20)

ダドリーNY連銀総裁15
23:00~
NY連銀ダドリー総裁講演
米FRBバーナンキ議長よりもハト派のダドリー総裁。
今月19日、米経済は困難の局面を脱しているとは言えない。
重大なリスクは依然残っていると発言。
バーナンキベクトルを強めるコメントが出れば
またドル売り再発の危険性も。

アスムッセン財務次官
24:00~
ECBアスムセン理事・議会証言
24日、ECBは三度目のLTRO(長期資金供給オペレーション)を
決定しておらず想定すべきではない。
出口戦略について準備を始める必要があると発言。
インフレに警戒しながら、引き締めへ目線を移す意図が見えている。
議会証言で強気の発言が出るか注意。

レーン欧州委員22
24:00~
レーン欧州委員・議会証言

26日、ユーロ圏のリセッション(景気後退)は短期間で終わる可能性がある。
その為には各国が予算削減計画を堅持する必要性を説いた。
スペイン、ポルトガルはすでに緊縮財政で昨年よりも景気が大きく後退。
両国内では国民からの反発が強まっており、計画堅持は難しくなっている。
最近、強気な姿勢が目立つレーン委員だけに注意したい。

バーナンキ・ジョージワシントン大学
25:45~
米FRBバーナンキ議長講演(~ジョージ・ワシントン大学~)
講義テーマ「金融危機と大恐慌」
昨日の講演では、「米FRBからの視点」というテーマ通りに
追加緩和継続をハッキリと明言。
これに市場は強く反応した形となった。
先週2度行われたジョージ・ワシントン大学での講義では
目立った発言が行われなかった為
注目度は下がるものの、サプライズ発言には注意しておきたい。

ユーロ円チャートは
昨日行われた米FRBバーナンキ議長が
追加緩和継続をハッキリと明言。
市場は期待を織り込む形で、ドル売りを強めNYダウが急上昇。
ユーロドルに連れる形でユーロ円も110円72銭まで上昇。
本日の東京タイムでは110円93銭まで駆け上がっている。
テクニカルでは
ユーロドルがビッグオプションの1.3300を突破。
2月29日高値1.3485がターゲット入り。
ユーロ円も今月21日高値111円43銭が見えてきた。
本日の戦略としては
ロンドンタイムのスペイン、イタリア国債入札の結果
ユーログループ・ユンケル議長講演
NYタイムの
米1月S&P・ケースシラー住宅価格指数
米3月消費者信頼感指数の結果
NY連銀ダドリー総裁、
米FRBバーナンキ議長講演に注意したい。
ドル円が82円~83円のレンジの状況。
明確にレンジを上下どちらかに抜けるまでは
ユーロドルの動きに注意したいところ。
本日発表された独4月GFK消費者信頼感が
市場予想を下回る結果となっており
ドイツ経済にも全幅の信頼が置けない。
ユーロ円の上値のポイントは
今月3月21日高値111円43銭。
下値のポイントは転換線109円96銭レベルに注目したい。

上値のポイント
112円32銭(昨年8月8日高値)
112円25銭(昨年8月5日高値)
112円03銭(週足・一目均衡表雲の上限)
111円92銭(昨年8月29日高値)
111円78銭(昨年8月30日高値)
111円59銭(昨年10月31日高値)
111円43銭(3月21日高値)
110円93銭(3月27日東京高値)
110円83銭(3月20日高値)

下値のポイント
110円47銭(3月22日高値)
110円41銭(100週移動平均)
110円27銭(3月20日安値)
110円21銭(90週移動平均)
110円05銭(3月21日安値)
109円96銭(一目均衡表・転換線)
109円93銭(5日移動平均)
109円89銭(10日移動平均)
109円86銭(3月22日安値)
109円83銭(3月23日高値)
109円28銭(一目均衡表・週足雲の下限)
109円18銭(3月26日安値)
109円16銭(3月19日安値)
109円00銭(3月16日安値)
108円80銭(21日移動平均)
108円59銭(3月15日安値)
108円59銭(3月23日安値)
108円48銭(3月22日安値)
108円37銭(3月14日安値)
108円23銭(一目均衡表・基準線)
107円89銭(3月13日安値)
107円69銭(3月8日安値)
107円49銭(3月12日安値)

0327ユーロ円一目研究所

 (本日のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券【FXネオ】提供)

★業界最安スプレッド★
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! ユーロドル0.6pips!
(3月26日からユーロ円、豪ドル円、ユーロドルをスプレッド縮小!)
iPhone、アンドロイド完全対応、スマートフォン利用者No.1!
さらに・・・今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!

クリック証券 

0327ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0327パターン分析ユーロ円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0327売買シグナルドル円研究所

  (本日の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見 
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
今週は、1回取引するだけで1000円が150名様に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(3月27日)
09:55    東京仲値(ドル円注意)
15:00~   ベルギー・ファンアケレ財務相講演
15:00発表 独4月GfK消費者信頼感
15:00発表 独2月輸入物価指数
15:45発表 仏3月消費者信頼感指数
16:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
17:00~   ユーログループ・ユンケル議長講演
17:30    スペイン国債入札
18:00    イタリア国債入札
19:00発表 英3月CBI流通取引調査
21:00発表 ハンガリー中銀政策金利
21:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
22:00発表 米1月S&P・ケースシラー住宅価格指数
23:00    NYオプションカット
23:00発表 米3月消費者信頼感指数
23:00発表 米3月リッチモンド連銀製造業指数
23:00~   NY連銀ダドリー総裁講演
23:30~   英BOEフィッシャー理事・議会証言
23:30~   英MPCブロードベント委員・議会証言
24:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
24:00~   ECBアスムセン理事・議会証言
24:00~   レーン欧州委員・議会証言
24:35~   米ボストン連銀ローゼングレン総裁講演
25:45~   米FRBバーナンキ議長講演
26:00    米国債入札(2年物/350億ドル)
26:00~   英MPCポーゼン委員講演
26:20~   米ダラス連銀フィッシャー総裁講演
28:45~   米FRBデューク理事講演