インヴァスト1月シストレ
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。

★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、平成24年度版・FX投資家のための賢い税金の本プレゼント★

最新月間収益・勝率ランキングTOP5(2月分)

インヴァスト2月ランキング

インヴァスト証券

ユーロの来週の見通し 3/26(月)~3/30(金)

0324ユーロ円研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→kakaku FX提供)

0324ユーロドル研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→kakaku FX提供)

月曜朝3時からの為替取引が可能です★
さらに、原油・金など注目のチャートもリアルタイムで確認可能!
他社の早朝スプレッドよりも圧倒的に低いのでおススメ。
(取引可能時間 月曜朝3時~土曜朝6時)

 

★来週のユーロ注目材料★
1.レーン欧州委員講演
2.米FRBバーナンキ議長講演
3.ECBドラギ総裁講演
4.伊モンティ首相・野田首相会談
5.伊モンティ首相・中国温家宝首相会談
6.ユーロ圏財務相会合
7.欧州サマータイム開始
8.ユーロ圏重要経済指標


レーン欧州委員22
1.レーン欧州委員講演
来週26日(月)日本時間16:00~
レーン欧州委員の講演が行われる。
テーマは「欧州の景気見通し」
今週22日に発表された仏、独、ユーロ圏PMIは全滅。
市場ではユーロファーストが週間で2.5%下落するなど
欧州株に売りが広がっている。
当日の講演直後には独3月IFO指標の発表が控えているが
どのようなコメントが飛び出すか注目したい。

バーナンキ・ジョージワシントン大学
2.米FRBバーナンキ議長講演
来週26日(月)日本時間21:00~
米FRBバーナンキ議長講演が行われる。
テーマは「FRBからの視点」
市場は米経済指標が再び不安定化してきている事から
来月24日~25日に行われるFOMCを前に早くも
金融政策へのヒントを求めている。
どのような発言が出てくるか要注目。
また、今週行われた大学講義に続き
ジョージ・ワシントン大学で来週2度講義が行われる。
大学講義テーマ
28日(火)日本時間01:45~「金融危機と大恐慌」
30日(金)日本時間01:45~「危機の影響」

ドラギ総裁10
3.ECBドラギ総裁講演
来週26日(月)日本時間25:00~
ドイツ銀行協会主催のレセプションにおいて講演を行う。
過去のECB総裁に比べて極端に講演回数が少なく
聞き逃せないところ。
基本的に強気なスタンスだけに
弱気なコメントが出ればユーロ売りの材料。

モンティ首相
4.伊モンティ首相・野田首相会談
来週28日(水)
伊モンティ首相が来日、野田首相と会談が行われる。
日本政府としてはイタリアの財政緊縮策を評価
EFSF債の購入を通じて支援継続を表明する模様。
安住財務相が同席する可能性もあり記者会見等にも要注意。
また、同日午前11時~伊モンティ首相が都内で講演を行う。
こちらにも注目したい。

モンティ首相_温家宝首相
5.伊モンティ首相・中国温家宝首相会談
来週30日(金)
伊モンティ首相が訪中、中国温家宝首相と会談が行われる。
中国は外貨準備の活用先としてユーロに焦点を定めており
欧州投資の継続を改めて表明すれば
ユーロ買いの材料となりやすいだけに要注意。

ユーロ圏財務相会合9
6.ユーロ圏財務相会合
来週30日(金)
ユーロ圏財務相会合がデンマーク・コペンハーゲンで開かれる。
ギリシャ問題が市場を通過。
次なる課題はイタリア、スペインの救済を想定した
ファイアーウォール(欧州債務危機救済基金)の強化。
ドイツは既にイタリアとスペインは規模が大きすぎて
救えないと安易な規模の拡大には否定的だが
市場はギリシャの次のターゲットを探し始めている。
ユーロ不安が小康状態である間に
どこまで実のある結果を出すことが出来るか注目。
現在の有力な選択肢は
7月に発足するESM(欧州安定化メカニズム)5000億ユーロに
現行のEFSF(欧州金融安定ファシリティー)で
既にギリシャ、アイルランド、ポルトガル救済資金として利用している
1920億ユーロを加える形で約7000億ユーロとするプログラム。
このプランの場合、ドイツも賛成に回ると見られている。

7.欧州サマータイム開始
25日(日)より欧州(イギリス含む)はサマータイムが開始。
欧州経済指標の発表はこれまでより1時間早まることになり注意が必要。


8.ユーロ圏重要経済指標
来週は独3月IFO、独3月消費者物価指数・速報値
ユーロ圏3月消費者物価指数・速報値に注目したい。
特に週初の独IFOは非常に重要。
IFO景況感は昨年9月から6ヶ月連続で市場予想を上回っており
今回もその傾向が続くかどうか。
万一、ピークアウトする形となれば、リセッション懸念が意識されそうだ。

来週のユーロ圏経済指標データ(3/26~3/30)
日付指標市場予想前回値
3/26(月)独3月Ifo景況感指数109.7109.6
3/26(月)独3月Ifo景気期待指数102.8102.3
3/26(月)独3月Ifo現況指数117.0117.5
3/27(火)独4月GfK消費者信頼感+6.1+6.0
3/28(水)仏10−12月期GDP・確報値+0.2%+0.2%
3/28(水)ユーロ圏2月マネーサプライM3+2.5%+2.5%
3/28(水)独3月消費者物価指数・速報値+2.2%+2.3%
3/29(木)独3月失業者数-1万人±0万人
3/29(木)独3月失業率6.8%6.8%
3/29(木)ユーロ圏3月消費者信頼感・確報値-19.0-19.0
3/29(木)ユーロ圏3月経済信頼感95.094.4
3/30(金)ユーロ圏3月消費者物価指数・速報値+2.5%+2.7%

ユーロ円チャートは
ドル円が海外短期筋の買いにより
83円手前まで持ち上げられた事に加え
中国が預金準備率を引き下げるという噂が出た事で
ユーロドルが1.3293まで上昇。
この流れに乗る形で109円83銭まで駆け上がった。
その後、この噂が消滅し欧州株が下落。
ドル円も売り叩かれ、行って来いの形。
NYタイムでは米2月新築住宅販売件数が市場予想を下回り
一時は108円59銭まで下落した。
その後、NYダウ主導の週末のポジション調整で上昇。
109円26銭で週末クローズ。
テクニカルでは
ユーロドルのサポートで上昇したものの
ドル円が3連続陰線となっており頭が重い状況。
ユーロドルが1.3300のビッグオプションを
上抜けできるかどうかが次のポイント。
来週の戦略としては
26日(月)発表される
ドイツ3月IFO指数で強い結果が出るかどうかに注目。
22日のフランス、ドイツ、ユーロ圏PMIが全滅の結果であり
再びネガティブな数字が飛び出せば
市場はユーロ圏のリセッション(景気後退)を意識せざるを得ない。
ECB(欧州中央銀行)は再び5%を突破してきた
イタリア国債の動きを気にしている。
来週、下落する場合
一目均衡表の転換線をすでにユーロ円は下抜けており
来週108円03銭まで上昇する
基準線でサポートされるかどうかがカギとなる。
最新・シカゴIMM先物ポジションは
先週に引き続き、約16000枚ユーロショートが減少。
ポジションの巻き戻しが続いている。


シカゴIMMポジション・3月20日ユーロ

0324イタリア国債10年物利回り・ユーロ円研究所

   (イタリア国債10年物利回り:週末クローズ5.04

0324ユーロ円一目研究所

 (週末のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券【FXネオ】提供)

★業界最安スプレッド★
米ドル円0.4銭! ユーロ円0.8銭! ユーロドル0.6pips!
(3月26日からユーロ円、ユーロドルをギリギリまでスプレッド縮小!)
(詳しくは下記ページにて)
iPhone、アンドロイド完全対応、スマートフォン利用者No.1!
さらに・・・今なら新規口座開設で5000円キャッシュバック中!

クリック証券 

0324ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (来週のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0324ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (来週のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0324パターン分析ユーロ円研究所

  (来週の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0324売買シグナルドル円研究所

  (来週の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見 
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
来週は、1回取引するだけで1000円が150名様に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム