インヴァスト1月シストレ
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。

★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、平成24年度版・FX投資家のための賢い税金の本プレゼント★

インヴァスト証券 

2月28日(火) 本日のユーロの見通し

ロンドンタイムでは
19:00発表
ユーロ圏2月経済信頼感、ユーロ圏2月消費者信頼感・確報値
大きな数字の変化は予想されていないが
万一、ネガティブな結果が出れば意識されそうだ。

ユーロ圏2月経済信頼感   市場予想94.0   前回(93.4)
ユーロ圏2月消費者信頼感 市場予想-20.2 前回(-20.2)

イタリア国旗2
19:00
イタリア国債入札(5年・10年物/62億5000万ユーロ)
昨日の入札も非常に好調だった。
欧州債務懸念が後退している一つの現れ。
但し、市場の一部では本日の入札も同様の結果になるか
危惧する向きもあり、結果には注目したい。

ノボトニー総裁14
19:00~
オーストリア中銀・ノボトニー総裁講演
明日行われる、第2回・3年物LTRO(長期資金供給オペレーション)の
継続には否定的な考えを持つノボトニー総裁。
それだけに、同様のスタンスで発言するかどうか注目。

レーン欧州委員21
19:00~
欧州委員会レーン委員講演
何度もEFSF、ESMの統合の必要性について発言してきたが
3月のEUサミットでは先送りされる可能性が高まっており
どのような発言に変化するか。
また、本日S&PがギリシャをSD(選択的デフォルト)に格下げ。
関連コメントが出れば注意したい。

22:00発表
独2月消費者物価指数・速報値

過去の発表でも市場に大きな変化は無かった。
サプライズ的な数字が出なければ影響は限定的か。

独2月消費者物価指数 市場予想+2.1% 前回(+2.1%)

22:30発表
米1月耐久財受注
本日の最注目指標。
過去2ヶ月はプラス結果だったが
今回はマイナス、昨年7月以来の悪化する数字が予想されている。
マイナス幅が小さければリスクオン、大きければリスクオフと捉えたい


米1月耐久財受注            市場予想-1.0% 前回(+3.0%)
米1月耐久財受注(除輸送用機器) 市場予想±0.0% 前回(+2.2%)


23:00発表
米12月S&P・ケースシラー住宅価格指数
昨年12月分の数字であり、少し古い指標。
それだけに結果に対する反応は一時的か。

米12月S&P・ケースシラー住宅価格指数 市場予想-3.65% 前回(-3.67%)

24:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.3375、1.3450、1.3500、1.3575に観測。
ユーロドルオプションバリアを1.3500に観測。
ユーロ円オプションバリアを110円に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。


24:00発表
米2月消費者信頼感指数、米2月リッチモンド連銀製造業指数
こちらは最新分2月の発表であり要注目。
特に消費者信頼感指数が強い結果となれば
NYダウ、ユーロにもプラス材料。

米2月消費者信頼感指数        市場予想63.0  前回(61.1)
米2月リッチモンド連銀製造業指数  市場予想+14 前回(+12)
 
デューク理事
24:00~
米FRBデューク理事・議会証言
現在の住宅市場をテーマとして米上院において議会証言を行う。
昨日、現在の住宅セクターは米経済において足を引っ張っており
景気下ぶれの要因になりかねないと発言。
議会証言で踏み込んだ発言が出れば要注意。
コメント次第では追加緩和への思惑も。

バローゾ委員長4
27:00~
バローゾ欧州委員長講演
昨日、3月1日~2日のEUサミットで
EFSF(欧州金融安定ファシリティー)
ESM(欧州安定メカニズム)の統合が先送りされる趣旨の発言を行い
市場の売り材料となった。
ドイツ連立与党でも反対が根強いことに加え
ギリシャ債務再編の手続きが遅れる可能性が理由とされている。
本日の発言にも要注意。

ユーロ円チャートは
昨日、110円目前まで到達した後は
107円17銭まで下押す荒い展開。
本日も東京タイム午前は弱い流れとなったものの
アジア株全体が持ち流す流れに乗り、108円半ばまで上昇。
テクニカルでは
200日移動平均線が控える107円03銭でサポート。
本日の戦略としては
第2回・3年物LTRO(長期資金供給オペレーション)が
明日行われることに備えてのポジション調整が中心。
欧州要人から関連発言が出れば要注意。
米1月耐久財受注、
米2月消費者信頼感指数
米2月リッチモンド連銀製造業指数が強い結果となれば
NYダウに連れてのリスクオン。
3月1日~2日のEUサミットでEFSF、ESMの統合は見送られる模様。
これによりギリシャ債務交換問題に再びスポットライトが当たることになる。
市場では格付け会社S&PによるSD(選択的デフォルト)は
織り込み済みという反応になっているが
ユーログループ・ユンケル議長の発言からは
予断を許さない状況である事も確か。
債務交換への自主的参加率が低ければ、CDS発動への思惑も。
ドル円が80円台で踏み止まっており、この動きにも引き続き注意。

上値のポイント
112円16銭(週足一目均衡表・雲の下限)
111円59銭(昨年10月31日高値)
111円04銭(100週移動平均)
110円29銭(90週移動平均)
109円94銭(2月27日高値)


下値のポイント
107円79銭(5日移動平均)
107円29銭(2月28日東京安値)
107円17銭(2月27日安値)
107円03銭(200日移動平均線)
106円83銭(2月24日安値)
106円15銭(2月23日安値)
106円05銭(10日移動平均)
105円94銭(一目均衡表・転換線)

0228ユーロ円研究所

  (本日のユーロ円チャート→kakaku FX提供)

月曜朝3時オープン、土曜朝7時の取引終了までメンテナンス時間無し
★iPhone・アンドロイドのスマートフォン、クイック入金にも完全対応★
 

0228ユーロ円一目研究所

 (本日のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券【FXネオ】提供)

クリック証券 

0228ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0228パターン分析ユーロ円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0228売買シグナルユーロ円研究所

  (本日の売買シグナル分析→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見
プライムチャレンジ
fxプライム・スプレッド
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
今週は、1回取引するだけで3000円が80人に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(2月28日)
09:55    東京仲値(ドル円注意)
10:30~   キプロス中銀・オルファニデス総裁講演
12:45    日本国債入札
16:00発表 独3月GfK消費者信頼感
16:00発表 スイス1月UBS消費指数
17:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
18:00~   バローゾ欧州委員長講演
18:30発表 南ア10-12月期GDP
19:00発表 ユーロ圏2月経済信頼感
19:00発表 ユーロ圏2月消費者信頼感・確報値
19:00    イタリア国債入札
19:00~   オーストリア中銀・ノボトニー総裁講演
19:00~   欧州委員会レーン委員講演
19:30    ハンガリー国債入札
20:00発表 英2月CBI流通取引調査
21:00発表 南ア1月貿易収支
22:00発表 独2月消費者物価指数・速報値
22:00発表 ハンガリー中銀政策金利
22:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
22:30発表 米1月耐久財受注
23:00~   欧州委員会アルムニア委員講演
23:00発表 米12月S&P・ケースシラー住宅価格指数
24:00    NYオプションカット
24:00発表 米2月消費者信頼感指数
24:00発表 米2月リッチモンド連銀製造業指数
24:00~   米FRBデューク理事・議会証言
25:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
26:30~   SNBジョーダン総裁代行講演
27:00~   バローゾ欧州委員長講演