インヴァスト1月シストレ
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。

★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、平成24年度版・FX投資家のための賢い税金の本プレゼント★

インヴァスト証券 

ユーロの来週の見通し 2/27(月)~3/2(金)

0225ユーロ円研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→kakaku FX提供)

0225ユーロドル研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→kakaku FX提供)

月曜朝3時からの為替取引が可能です。
他社の早朝スプレッドよりも圧倒的に低いのでおススメ。
(取引可能時間 月曜朝3時~土曜朝7時)

 

★来週のユーロ注目材料★
1.ドイツ下院議会・ギリシャ第2次救済策採決
2.フィンランド議会・ギリシャ第2次救済策採決
3.ECB(欧州中央銀行)3年物資金供給オペレーション
4.EUサミット
5.米FRBバーナンキ議長・半期金融政策報告
6.ユーロ圏重要経済指標


ドイツ連邦議会
1.ドイツ下院議会・ギリシャ第2次救済策採決
来週27日(月)
ドイツ下院議会において、ギリシャ第2次救済策採決を行う。
連立与党内からも一部造反議員が出る可能性があるが
市場では可決されると見ている。
但し、野党はすでに第3次、第4次救済策が必要になるとの見通しを
明らかにしており、独ショイブレ財務相も第2次救済策がうまくいく保証も
救済がこれで最後になるとも限らないとすでに弱気な姿勢。
結局、ギリシャ問題は先延ばしされただけ。
通過すればユーロの下支えとなる材料。

フィンランド議会
2.フィンランド議会・ギリシャ第2次救済策採決
来週28日(火)
フィンランド議会がギリシャ第2次救済策採決を行う。
ギリシャ支援の為に、フィンランドは担保の提供を求めていたが
8億8000万ユーロの担保をギリシャ大手4銀行が提供する事で合意。
これにより採決は可決される見込み。
こちらも通過すればユーロの下支えとなる材料。

ECB5
3.ECB(欧州中央銀行)3年物資金供給オペレーション
来週29日(水)ECBによる
LTRO(長期資金供給オペレーション)が行われる。
昨年12月に実施されてから今回が2回目。
前回は利回り1%で4890億ユーロという巨額の資金が放出された。
この資金を利用して、当時利回りが7%前後で推移していた
イタリア国債など高利回り債権を欧州域内銀行が購入。
ECBドラギ総裁からのクリスマスプレゼントとなった。
今回も同額程度の入札が予定されているが
結果によっては市場の失望売りという可能性もあり、要注意。

EUサミット2
4.EUサミット
来週3月1日(木)~2日(金)ブリュッセルでEUサミットが行われる。
また、2日(金)EUサミット終了後にユーロ圏サミットが行われる。
ギリシャ問題が一服
次なる問題は欧州域内のファイアーウォールを構築する事。
その為、EFSF(欧州金融安定ファシリティー)
ESM(欧州安定メカニズム)の融資能力統合が議論される模様。
両方が合わされば
現在の5000億ユーロから7500億ユーロへ資金が拡大され
欧州債務危機に対して立ち向かう姿勢がさらに一層、明確になるが
フランス、ベルギー、アイルランドが賛成する一方で
安易な強化を行えば、再び財政規律が緩むという立場から
ドイツが拙速な強化は必要ないという姿勢を崩しておらず
今回の会議で具体的な数字が煮詰まるかは微妙。
但し、EUとして4月のG20でIMFの財源強化案合意を目指しており
先に結果を出さなければいけないことから
前向きな結論は形成されそうだ。

バーナンキ議長102
5.米FRBバーナンキ議長・半期金融政策報告
来週29日(水)日本時間24:00~
米下院議会、金融サービス委員会にて
米FRBバーナンキ議長が議会証言(半期金融政策報告)を行う。
バーナンキ議長が最も気にしている住宅セクターだが
急回復ではないが、徐々に回復を見せており
改めて追加金融緩和の可能性を示すかどうかがカギ。
コメントによってはNYダウ、ドルが急変する事にも注意しておきたい。

6.ユーロ圏重要経済指標
来週は独3月GFK消費者信頼感、独2月消費者物価指数・速報値
ユーロ圏2月消費者物価指数・速報値
イタリア2011年GDP、政府債務対GDP比に注目したい。
強い経済指標はユーロの下支えとなる一方
思わぬネガティブな結果は売り圧力を高めやすい。
特にドイツ指標からは目が離せないところ。

来週のユーロ圏経済指標データ(2/27~3/2)
日付指標市場予想前回値
2/27(月)仏1月生産者物価指数+0.4%-0.1%
2/27(月)ユーロ圏1月マネーサプライM3+1.8%+1.6%
2/28(火)独3月GfK消費者信頼感+6.0+5.9
2/28(火)ユーロ圏2月経済信頼感93.993.4
2/28(火)ユーロ圏2月消費者信頼感・確報値-20.2-20.2
2/28(火)独2月消費者物価指数・速報値+2.1%+2.1%
2/29(水)独2月失業者数-5000人-34000人
2/29(水)独2月失業率6.7%6.7%
2/29(水)ユーロ圏1月消費者物価指数・確報値+2.7%+2.7%
3/ 1 (木)独2月製造業PMI・確報値50.150.1
3/ 1 (木)ユーロ圏2月製造業PMI・確報値49.049.0
3/ 1 (木)ユーロ圏2月消費者物価指数・速報値+2.7%+2.7%
3/ 2 (金)ユーロ圏1月生産者物価指数+3.5%+4.3%
3/ 2 (金)伊2011年GDP+0.3%+1.5%
3/ 2 (金)伊2011年政府債務対GDP比+4.0%+4.6%

ユーロ円チャートは
円売りの強い流れに乗っている形。
今週はさらにドル売りが加わり、その裏返しでユーロドルが上昇。
4度に渡り、頭を抑えられていた
2月9日高値1.3321を明確に上抜けた事でエンジンが点火。
ユーロ円のサポートの形も果たした。
テクニカルでは
200日移動平均線、週足・一目均衡表、基準線を上抜け。
来週の戦略としては
円売りの流れが止まるまでは
ユーロドルが下押ししても、ユーロ円の下落も限定的。
次の大きな下落テーマまでは
ユーロ売りは慎重に行きたいところ。
特にNYダウが上昇する局面で
ドル売り、円売りのスパイラルが発生することにより
ユーロ円が底堅い動きを継続中。
来週も米重要経済指標が連日発表。
結果には素直に乗りたい。
ユーロ円は1月16日安値から12円の上昇となっているが
市場では昨年10月31日高値111円57銭が意識されている。
シカゴIMM先物ポジションでは
ユーロショートが若干アンワインド(巻き戻し)。

0221最新・シカゴIMM先物ポジション(ユーロ)

0225ユーロ円研究所mt4_FXCM

  (週末のユーロ円MT4チャート→FXCMジャパン証券提供)

FXCM_MT4その1
★あなたの全ての注文をインターバンクに直結★
NDD(ノー・ディーリング・デスク)方式を採用している為
注文執行が超高速で快適。
1000通貨からのミニ取引に完全対応!
メジャー通貨はもちろんの事、39通貨ペア取引が可能!



0225ユーロ円一目研究所

  (週末のユーロ円一目均衡表→DMM FX提供)

DMM.com証券 


0225ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (来週のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0225ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (来週のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0225パターン分析ドル円研究所

  (来週の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0225売買シグナルユーロ円研究所

  (来週の売買シグナル分析→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見
プライムチャレンジ
fxプライム・スプレッド
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
今週は、1回取引するだけで3000円が80人に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム