インヴァスト1月シストレ
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。

★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、平成24年度版・FX投資家のための賢い税金の本プレゼント★

インヴァスト証券 

ユーロの来週の見通し 2/20(月)~2/24(金)

★来週のユーロ注目材料★
1.ユーロ圏財務相会合
2.独メルケル首相、IMFラガルド専務理事会談
3.独メルケル首相
  EUファンロンパイ大統領、欧州委員会バローゾ委員長会談
4.ギリシャ政府CAC(包括的行動条項)法案、議会提出
5.G20財務相・中央銀行総裁会議
6.ユーロ圏重要経済指標


ユーロ圏財務相会合8
1.ユーロ圏財務相会合
来週、ブリュッセルにおいて以下の日程で開かれる。
20日(月)日本時間23:30~ ユーロ圏財務相会合
21日(火)日本時間16:00~ EU財務相理事会
また、19日(日)には
ユーロ圏財務相会合・作業部会が開かれる。
現在のギリシャの対GDP債務比率は160%となっているが
これを持続可能な水準の120%まで削減する事が
IMFが第2次支援策実施条件の一つに挙げており
このレベルまで果たして引き下げる事が出来るのか。
17日(金)ユーログループ・ユンケル議長は
依然として道のりは遠いと発言。
ギリシャが3月20日に145億ユーロの国債償還が控えており
万一、償還できなければデフォルトすると
各ニュースメディアが繰り返し報道しているが
第1次支援策の残金が余っているという事実に加えて
民間債権者との債務交換で資金が捻出できるというからくりもある。
さらにECB(欧州中央銀行)が一足先に
保有ギリシャ国債を新発債に交換したことで
額面上100億~150億ユーロの利益が発生。
加盟国に分配するとされているが
これを行わずにギリシャへの融資として回す案も浮上。
4月に予定されているギリシャ総選挙で新首相に有力視されている
ND(新民主主義党)サマラス党首が
財政緊縮プログラムを変更する可能性を
EU、IMFに提出した誓約書に付記。
支援金を受け取った後、また実行しないのではないかと
相当、不信感を持っているユーロ圏財務相も複数いる模様。
この為、今回のユーロ圏財務相会合で最終決着となるか極めて不透明。
最大限の注意を払いつつ見守りたい。

メルケル首相_ラガルド専務理事
2.独メルケル首相、IMFラガルド専務理事会談
来週22日(水)ベルリンにて会談が行われる。
中心テーマはギリシャ問題を中心とした欧州債務危機。
IMFは第2次支援策が決定されたとしても
10%程度の拠出(130億ユーロ)に留める方針を打ち出しており
ドイツに対して更なる貢献を求める模様。
そのドイツでは国内世論がギリシャの状況を痛烈に批判。
メルケル首相は独ウルフ大統領が汚職をはじめとしたスキャンダルで
17日(金)に緊急記者会見を行い、辞職。
本音はギリシャどころでは無い。
ウルフ問題の行方次第では会談が延期、キャンセルされる可能性も。

メルケル首相_ファンロンパイ大統領_バローゾ委員長
3.独メルケル首相
  EUファンロンパイ大統領、欧州委員会バローゾ委員長会談
来週23日(木)ベルリンにて会談が行われる。
ギリシャを中心とした欧州債務危機及び
3月1日~3月2日に行われるEUサミットで予定されている
財政規律を強化する新財政協定の
正式調印に向けた進行状況がメインテーマ。
こちらも独ウルフ大統領問題の行方次第では
会談が延期、キャンセルされる可能性も。

ギリシャ議会1
4.ギリシャ政府CAC(包括的行動条項)法案、議会提出
来週21日(火)
ギリシャ政府はCAC法案を議会提出する。
民間債権者が保有するギリシャ国債の扱いが問題となっているが
昨年10月末に行われたユーロ圏サミットでは
元本カット50%という比率が基準。
この基準を受け入れた場合、
ギリシャがデフォルトした際に受け取れる
CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)よりも支払われる額が少ない。
その為、一部のファンドは新発債への債務交換を拒んでいる。
CAC法案は過半数の同意が得られれば
同意しない者も強制的に参加させる仕組み。
公務員削減に頑な態度で臨んでいる
ギリシャが国債保有者にこんな無茶苦茶な
法律を押し付ける事は許されるものではない。
格付け会社S&Pは
CACを適用するならSD(選択的デフォルト)だと表明。
さらにD(デフォルト)への引き下げ可能性も示唆している。
ECB(欧州中央銀行)が来週のユーロ圏財務相会合を前にして
一足先に保有ギリシャ国債をCAC適用除外国債へと交換した事も
大きな問題となりそうだ。

G20_5
5.G20財務相・中央銀行総裁会議
来週25日(土)~26日(日)メキシコにおいて行われる。
欧州債務危機、IMF資金強化がメインテーマ。
IMFラガルド専務理事は5000億ドルの資金強化を目指しているが
新興国はいずれも資金拠出と引き換えに発言力増大を求めており
最大の拠出国であるアメリカはこれ以上の増額を拒否。
また、EUは1500億ユーロを拠出する事を表明したものの
他のIMF加盟国は欧州債務危機の当事者として
更なる拠出が必要という立場を崩していない。
市場では、大きな合意は出来ないと見られており
万一、これを覆せばポジティブサプライズ。

6.ユーロ圏重要経済指標
来週は、独2月製造業PMI、独2月サービス業PMI・速報値
ユーロ圏2月総合PMI、ユーロ圏2月製造業PMI
ユーロ圏2月サービス業PMI・速報値
独2月IFO景況感指数、独2月Ifo景気現況指数
独2月Ifo景況期待指数が注目材料。
特にドイツ経済指標の強い結果が続いており
来週もこの傾向が継続するか要注意。

来週のユーロ圏経済指標データ(2/20~2/24)
日付指標市場予想前回値
2/20(月)仏2月企業景況感指数9291
2/21(火)ユーロ圏2月消費者信頼感指数・速報値-20.3-20.7
2/22(水)仏1月消費者物価指数未定+0.4%
2/22(水)独2月製造業PMI・速報値51.151.0
2/22(水)独2月サービス業PMI・速報値53.553.7
2/22(水)ユーロ圏2月総合PMI・速報値未定50.4
2/22(水)ユーロ圏2月製造業PMI・速報値49.248.8
2/22(水)ユーロ圏2月サービス業PMI・速報値50.650.4
2/22(水)ユーロ圏12月鉱工業新規受注+0.5%-1.2%
2/23(木)独2月IFO景況感指数108.5108.3
2/23(木)独2月Ifo景気現況指数未定116.3
2/23(木)独2月Ifo景況期待指数未定100.9
2/24(金)仏2月消費者信頼感指数未定81
2/24(金)独10-12月期GDP・確報値/前期比未定-0.2%
2/24(金)独10-12月期GDP・確報値/前年比未定+1.5%

ユーロ円チャートは
今週もギリシャを巡るヘッドラインで振り回された。
但し、週初からユーロドルが下げを強める形になるも
ドル円の上昇が余りにも強く、下げを緩和。
週末にかけてはユーロドルが持ち直した事で上昇エンジンが加速。
104円52銭でクローズしている。
テクニカルでは
一目均衡表の雲を上抜け(昨年10月31日以来)
週足の一目・基準線を上抜け(昨年7月以来)
非常に底堅い状況で推移している。
来週の戦略としては
ギリシャ問題への期待が大きく先行。
特に20日(月)ユーロ圏財務相会合で
第2次支援策が決定されるのではとの思惑から
ショートカバー(売りポジションを手仕舞い)が
急速に進む場面が多発した。
また、ドル円が週内に陰線を一回も付けず
昨年10月31日に行われた
為替介入時高値79円51銭を超える急上昇。
この勢いが止まるまでは、迂闊に売りポジションを作れない状況。
但し、80円から先には相当なレベルの売りオーダーを観測。
ギリシャ問題も前述したように第2次支援策の不透明要因に加え
CAC法案の議会提出など新たな材料が加わる。
スッキリ解決とはいかない事で、来週もガタガタしそうだ。
市場ではユーロ円、昨年12月2日高値105円66銭
ユーロドル、一目均衡表・雲上限1.3240レベルが意識されている。
来週もヘッドライン重視で柔軟に構えたい。
ここまでまとまる方向で市場が担ぎ上げられただけに
万一、ユーロ圏財務相会合が不調に終わった場合は
失望売りの嵐となる可能性も。
シカゴIMM先物ポジションでは
週初のギリシャ不安再発によりショートが再構成されている。

0214最新・シカゴIMM先物ポジション(ユーロ)

0218ユーロ円研究所mt4_FXCM

  (週末のユーロ円MT4チャート→FXCMジャパン証券 提供)

FXCM_MT4
★あなたの全ての注文をインターバンクに直結★
NDD(ノー・ディーリング・デスク)方式を採用している為
注文執行が超高速で快適。
1000通貨からのミニ取引に完全対応!
メジャー通貨はもちろんの事、39種類の通貨取引が可能!



0218ユーロ円一目研究所

  (週末のユーロ円一目均衡表→DMM FX提供)

DMM.com証券 

0218ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (来週のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0218ぱっと見テクニカルユーロドル研究所

  (来週のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0218パターン分析ユーロ円研究所

  (来週の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

0218売買シグナルユーロ円研究所

  (来週の売買シグナル分析→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見
プライムチャレンジ
FXプライム・iPhoneアプリ
fxプライム・スプレッド
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
来週は、1回取引するだけで5000円が50人に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム