インヴァスト1月シストレ
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。

★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、平成24年度版・FX投資家のための賢い税金の本プレゼント★

インヴァスト証券 

1月30日(月) 本日のユーロの見通し

ロンドンタイムでは
19:00発表
ユーロ圏1月経済信頼感、ユーロ圏1月消費者信頼感
いずれも前回・速報値と同程度の数字が見込まれている。
一時ほどの緊迫感が薄れていることが結果となって出るかどうか。

ユーロ圏1月経済信頼感   市場予想93.4   前回(93.3)
ユーロ圏1月消費者信頼感  市場予想-20.6 速報(-20.6)

イタリア国旗2
19:00
イタリア国債入札(5・10年物)
先週末時点でイタリア10年国債利回りは5.90%まで急降下。
直近の不安は後退した形。
来月1日に予定されている258億ユーロの国債償還も目途が付いた。
本日の入札も無難に通過するかどうか要注目。

バローゾ委員長_ラホイ首相
20:45~
欧州委員会バローゾ委員長、スペイン・ラホイ首相記者会見
スペインは本日10-12月期GDP・速報値発表直後でもあり
ラホイ首相からどのような発言が出るか、要注意。

メルケル首相_サルコジ大統領_モンティ首相3
22:00~
独仏伊首脳会談
EUサミットの前に議論のすり合わせを行う。
もともと20日に予定されていた会談だが
当時、ギリシャ問題が暗礁に乗り上げていたことで
急遽予定が延期されていた。
短時間の会談だが、直後にサミットが行われる事で
期待感が出る可能性があり要注意。


22:30発表
米12月個人所得、米12月個人消費支出
米12月コアPCEデフレーター
先週末発表された米10-12月期GDP速報値が
市場予想を下回り、期待されていたほど
年末商戦が盛り上がっていなかったとNYダウが失望売りとなった。
本日はそのポイントである
12月個人消費支出が発表される事もあり結果には要注目。
なお、米FRBはコアPCEの数字の方に注目している。

米12月個人所得         市場予想+0.4% 前回(+0.1%)
米12月個人消費支出      市場予想+0.1% 前回(+0.1%)
米12月コアPCEデフレーター 市場予想+0.1% 前回(+0.1%)

フランス国旗5
23:00
フランス国債入札
短期債の入札ということもあり
よほどの不調という結果で無い限り材料視されにくい。

EUサミット2
23:00~
EUサミット
今回は、新財政協定について合意できるかがカギ。
ECB(欧州中央銀行)から強い要請があり
憲法明記を行わない場合は
GDP0.1%相当の制裁金が課される内容に強化された。
なお、財政赤字がGDP0.5%を上回った場合は
自動的に是正措置が発動する。
この協定はイギリスを除くEU加盟国が導入予定。
その他のテーマとしては
現在、ギリシャだけでなく、ポルトガル、アイルランド、イタリア、スペインが
大幅な緊縮財政策を余儀なくされているが
これは経済に対してマイナスの影響が大きく
ユーロ圏のリセッション懸念となっている。
これを和らげるために経済成長と雇用促進策が議題となる。
特にS&Pの格付けでトリプルAを維持。安定的な見通しという
ただ1国だけポジティブな判定を得たドイツが提案する予定。

24:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.3250に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。


シュルツ欧州議会議長
24:00~
シュルツ欧州議会議長・記者会見
今月17日、欧州議会新議長に選出された。
ドイツ野党・SPD(社会民主党)に所属しているが
ESM(欧州安定化メカニズム)への銀行免許付与
またユーロ共同債へも前向きな主張を有しており
欧州債務危機へのポジティブな発言は今後注意したい。

24:30発表
米1月ダラス連銀製造業活動指数
最新のベージュブック(地区連銀報告)でダラスよりも弱い数字だった
リッチモンド連銀の同指数は強い結果だった事もあり
本日の結果には期待が集まっている。
市場予想を上回る形ならNYダウが反応しそうだ。

米1月ダラス連銀製造業活動指数 市場予想+0.5 前回(-3.0)

ノボトニー総裁14
26:00~
オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
27日、伊ウニクレディト傘下であるバンク・オーストリアを含む
オーストリア三大銀行は公的資金注入の必要は無いと発言。
間接的にウニクレディトの安定性を裏付ける姿勢を見せた。
また、ECBは流動性供給を継続し
引き続きユーロ圏の銀行を支援する事も表明。
ユーロ圏12月CPI改定値が速報値よりも0.1%低下。
直近のインフレへの警戒は薄れている。
本日も積極的な態度を見せればユーロの下支え効果。

ユーロ円チャートは
久しぶりに週明けの窓明けも無く、穏やかなスタート。
東京タイムは引き続きドル円の頭が重く
ビッグイベント前に中国系ファンドの
利益確定の売りオーダーに押されている。
ギリシャ問題の合意が遠のいているとの
ニュースが主影響とされているが売りたい筋の後付け。
合意が近いといわれた1月半ばから
何度も合意に障害発生とのヘッドラインで売られては
直近高値を上回る上昇を繰り返している。
2月2日に独メルケル首相、
中国胡錦濤国家主席・温家宝首相との会談も
予定されており、ギリシャ協議が決裂するような話になれば
それこそ欧州への投資を縮小すると言い出しかねない。
EU委員に予算を管理させると発言して
ギリシャにプレッシャーをかけつつ
更なる財政緊縮策を検討させる手段だろう。
テクニカルでは
一目均衡表の基準線と転換線がゴールデンクロス。
(下記チャート内、青・赤ライン)
過度な悲観シナリオは後退している。
本日の戦略としては
今日ここまでの展開、下げているが
ユーロドルは直近10日間で陰線が1日。
先週は1日も下げなかっただけに過熱感の調整。
ユーロ円は100円60銭~101円50銭のレンジを意識したい。
万一、下抜けした場合は一目均衡表の転換線がサポートする
100円ジャスト付近の買いオーダーまで待ちたいところ。
EUサミット前後には要人発言が漏れ伝わってくるのが常。
会議終了後までに思惑で動きやすいので注意したい。

0130ユーロ円研究所mt4

(本日のユーロ円MT4日本時間チャート→フォレックス・ドットコム提供)

MT4(メタトレーダー)チャートが
日本時間で標準表示される唯一の業者
★今がチャンス!★
★5650円~10万円のキャッシュバック中★
com1月1
 

0130ユーロ円一目研究所

 (本日のユーロ円一目均衡表→GMOクリック証券【FXネオ】提供)

0130ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0130パターン分析ユーロ円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見
FXプライム・PRIMEアプリ

fxプライム1月
プライムチャレンジ
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
今週は、1回取引するだけで1000円が300人に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム

FXプライム 

本日の重要指標・イベント(1月30日)
★独1月消費者物価指数・速報値(発表時刻未定)
★NZ・ウェリントン市場祝日休場(オークランド記念日)
09:01発表 英1月ホームトラック住宅調査
16:15~   五十嵐財務副大臣・記者会見
17:00発表 スペイン10-12月期GDP・速報値
18:00発表 伊1月景況感指数
19:00発表 ユーロ圏1月経済信頼感
19:00発表 ユーロ圏1月消費者信頼感・確報値
19:00    イタリア国債入札
20:45~   欧州委員会バローゾ委員長、スペイン・ラホイ首相記者会見
22:00~   独仏伊首脳会談
22:30発表 米12月個人所得
22:30発表 米12月個人消費支出
22:30発表 米12月コアPCEデフレーター
23:00    フランス国債入札
23:00~   EUサミット
24:00      NYオプションカット
24:00~   欧州議会シュルツ議長・記者会見
24:30発表 米1月ダラス連銀製造業活動指数
25:00      ロンドンフィックス
26:00~   オーストリア中銀ノボトニー総裁講演

GMOクリック証券