インヴァスト1月シストレ
日本で、最強の自動売買システム
過去3ヶ月で6719pipsを叩き出したユーロ専用ストラテジーなど
超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。

★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★今なら、平成24年度版・FX投資家のための賢い税金の本プレゼント★

インヴァスト証券 

1月23日(月) 本日のユーロの見通し

ドイツ国旗1
19:15
ドイツ国債入札(12カ月物・30億ユーロ)
今月9日に行われた国債入札では
落札利回りがマイナスのものが出るなど異常な人気ぶり。
格付け会社S&PがトリプルAを維持
さらに見通しを安定的に引き上げたことで需要が集中。
本日もかなり強い結果が出てきそうだ。

バイトマン総裁1
19:15~
独連銀バイトマン総裁講演
ECBによる国債買い入れ拡大を頑なに拒否している。
本日のユーロ圏財務相会合で協議される
財政協定への牽制発言も出るか。

ノワイエ総裁6
19:15~
仏中銀ノワイエ総裁講演
サルコジ大統領を含めフランスの要人はイギリスより先に
格付け会社S&Pに格下げされた事に対して怒りを覚えている。
但し、格下げ後の国債入札はここまで無事に通過しており
ひとまず落ち着いた発言が聞かれそうだ。

EU外相理事会
19:30~
EU外相理事会
本日の理事会は予定を1週間前倒しして
イラン産原油についてEUとして禁輸措置を正式決定する。
ギリシャは特にイランからの輸入量が多く
代替輸入先を探す猶予を最大限求めているが
フランス、オランダ、ドイツは早期の制裁発動の姿勢を
崩しておらず7月前後から制裁実施となる模様。
輸入量が多い中国は制裁に反対を表明。
日本はサウジアラビアに増産を要請済。
EUの決定を受けてイランがどのような対応を見せるか要注意。

ラガルド専務理事5
20:30~
IMFラガルド専務理事講演
2012年・世界経済の課題がテーマ。
先週はIMFが融資枠拡大するとのヘッドラインで市場が反応したが
最大の拠出国である米国は政府報道官が追加拠出を否定。
日本はジャイアンであるアメリカに従ういつもののび太。
カナダは問題を抱えている
欧州自身が表明している2000億の拠出額を積み増すべきと発言。
足並みは全く揃っていない。
これを受けて改めてラガルド専務理事が
講演を通じて呼びかける可能性もあり要注目。

ディルポ首相
20:45~
独メルケル首相、ベルギー・ディルポ首相会談
先月まで、1年半に渡り暫定政権が続いてきたベルギー。
6党連立政権という異常な状況をまとめるかたちで
社会党ディルポ党首が首相となったが
甘い成長率予想に基づく2012年予算が欧州委員会により却下。
GDP100%に迫る公的債務残高削減の為
追加削減措置を行わざるを得ない状況。
本日の会談でも改めて独メルケル首相から
緊縮財政策導入を促される模様。
ディルポ首相は経済成長、雇用創出に対して
EUとして協調した形の戦略を求めており
来週30日(月)に行われるEUサミットに向けて会談は要注目。

フランス国旗5
23:00
フランス国債入札
先週の厳しい状況でも短期債入札は好調。
本日もあまり悪い結果になる事は予想しづらい。

24:00
NYオプションカット
ユーロ円オプションを98円50銭、99円00銭に観測。
ユーロドルオプションを1.2800、1.2900、1.2910に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。


24:00発表
ユーロ圏1月消費者信頼感・速報値
昨年5月から、悪化の一途を辿っている指標。
それだけにマイナスの結果に注目するより
前回よりも悪化しているかどうか見ておきたい。

ユーロ圏1月消費者信頼感・速報値 市場予想-21.4 前回(-21.1)

ユーロ圏財務相会合8
25:00~
ユーロ圏財務相会合
ギリシャ問題を含め会合が行われる。
来週月曜日のEUサミットでの正式合意
3月の署名を目指しているEU新財政協定だが
ECB(欧州中央銀行)から強い要請があり
憲法明記を行わない場合は
GDP0.1%相当の制裁金が課される内容に強化された。
なお、財政赤字がGDP0.5%を上回った場合は
自動的に是正措置が発動する。
この協定はイギリスを除くEU加盟国が導入予定。

メルケル首相19
26:00~
独メルケル首相講演
2002年1月1日からユーロが市中で流通開始されてから
今年、10年目の節目に当たる。
それを祝う形での講演を予定。
当然のことながらユーロ結束を改めて呼びかけるような
リップサービスの強いメッセージを発信すると思われる為
発言には注意したい。

メルケル首相_ファンロンパイ大統領
28:30~
独メルケル首相・EUファンロンパイ大統領・バローゾ欧州委員長会談

来週のEUサミットを前に意見調整が目的。
特にEU新財政協定の合意が出来るかどうか。
この協定合意スケジュールは
7月に開始予定であるESM(欧州安定化メカニズム)の前提条件。
遅れれば市場に新たな不安を与えかねない。
サミット前に水面下でEU加盟国の合意を取り付けられるか。

ユーロ円チャートは
先週金曜日、100円31銭まで上昇したものの
伊最大手銀行であるウニクレディトが
再び取引停止になった事で
売りが強まり99円台半ばまで下落。
本日は決着すると思われていた
ギリシャ債務交換協議が未だ難航している事から
オープン時に下窓を開けて下落。
99円ジャストではサポートされているものの
不安定な動きを継続中。
テクニカルでは
一目均衡表の基準線は再び下回ってきたが
転換線を上回って推移している。
本日の戦略としては
ユーロドルの1.2800レベルがサポートされている限りは
押し目を引き付けて買う戦略を推奨。
目途としてはオプション設定ラインの98円50銭、99円00銭。
ドル円が底堅い事でユーロドルよりも売りにくい相場。
また、ギリシャ債務交換問題は気になるものの
ユーロ圏財務相会合、欧州要人から
ポジティブな材料が出る可能性に注意したい。

★ギリシャ債務交換交渉が
日本時間24日午前1時から始まる
ユーロ圏財務相会合前に大筋合意との一部報道が流れている。
合意内容次第では格付け会社から
デフォルト認定される可能性は残されているものの
EUから第2次支援を受ける条件は満たしそうだ。
この後、米経済指標の発表も無く
NYダウがこれを好感するかどうか注目。

0123ユーロ円研究所mt4

(本日のユーロ円MT4日本時間チャート→フォレックス・ドットコム提供)

MT4(メタトレーダー)チャートが
日本時間で標準表示される唯一の業者
★今がチャンス!★
★5650円~10万円のキャッシュバック中★
com1月1
 
  
0123ユーロ円研究所dmm

  (本日のユーロ円一目均衡表→DMM FX提供)

0123ぱっと見テクニカルユーロ円研究所

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0123パターン分析ユーロ円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見
fxプライム1月
プライムチャレンジ
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/通貨別パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
★1000通貨、取引手数料無料!
★PRIMEチャレンジ★
今週は、1回取引するだけで3000円が150人に当たる!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(1月23日)
★日銀金融政策決定会合(−24日)
★NZ、中国、香港、韓国、台湾、シンガポール、マレーシア休場
08:15~   安住財務相・経済同友会懇談会
09:30発表 豪10−12月期生産者物価指数
16:45発表 仏1月企業景況感指数
19:15    ドイツ国債入札
19:15~   独連銀バイトマン総裁講演
19:15~   仏中銀ノワイエ総裁講演
19:30~   EU外相理事会
20:30~   IMFラガルド専務理事講演
20:45~   独メルケル首相、ベルギー・ディルポ首相会談
22:30発表 加12月景気先行指数
23:00    フランス国債入札
24:00発表 ユーロ圏1月消費者信頼感・速報値
24:00      NYオプションカット
25:00      ロンドンフィックス
25:00~   ユーロ圏財務相会合
26:00~   独メルケル首相講演
26:00~   ポルトガル中銀コスタ総裁、ポルトガル・シルヴァ大統領会談
27:00~   英MPCポーゼン委員講演
27:00~   英BOEタッカー副総裁講演
28:30~   独メルケル首相・EUファンロンパイ大統領・バローゾ欧州委員長会談

GMOクリック証券