フォレックスドットコム_MT4
国内唯一のMT4による1000通貨から利用可能!
MT4タイムゾーンが日本時間設定なので見やすい!
リモートデスクトップサービス対応開始!
(パソコンを立ち上げていなくてもMetaTrader 4が稼働)
Windowsはもちろんの事、MacやiPhone・アンドロイドからでもアクセスOK!
会社・外出先から手元のモバイル端末で取引も簡単!
いまならMT4口座開設キャンペーン中!
 

11月22日(火) 本日のユーロの見通し

スペイン国債
ロンドンタイムでは
18:30
スペイン国債入札(3ヶ月・6ヶ月/30億ユーロ)
20日の総選挙終了後、最初の国債入札となる。
落札利回りの上昇、応札倍率の低下、落札額が下回る場合は
ユーロ売りの材料。
結果次第ではユーロ買いにも繋がる事は頭に入れておきたい。


オランダ国債
19:00
オランダ国債入札(3年債/30億ユーロ)
通常ならばトリプルA国債入札であり
イベントとして意識されにくいが、市場は売り材料を必死に探している。
思わぬ入札不調が生じれば
短期筋のユーロ売り圧力として使われる可能性に注意。

バイトマン総裁
19:30~
独連銀バイトマン総裁講演
ECBによる国債購入を頑なに反対している。
市場では、購入を拡大すべきだという意見が強まっているが
浪費国を支え続ければ中央銀行としてもたなくなるという
ドイツの意見は当たり前すぎるぐらい事実。
本日も厳しい発言が出る可能性があり注意が必要。

ノボトニー総裁13
21:00~
オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
今月3日の利下げ後も
景気減速のリスクがある場合は、追加利下げを行う姿勢を表明している。
現状の欧州経済は、今年前半の米経済よりもまだ強い。
最近日本でも、自国の債務懸念を差し置いて
マスコミの過剰報道が目立っているが
ユーロが弱いのは欧州債務懸念によるものであり
経済がガタガタになっているわけから来るものではない。
ドルとユーロの金利差は現在1%以上。
債務懸念が落ち着けばドル安に傾かざるを得ない。
ノボトニー総裁の発言はECB内でも力がある。十分注意したい。

メルケル首相17
22:00~
独メルケル首相講演

18日、英キャメロン首相との会談の席で
ECBが最後の貸し手となる事を促されたが拒否。
これまでの姿勢を貫いている。
EU内での経済、政治統合プロセスを
スピードアップする事が出来れば、ユーロ危機を克服可能と
メルケル首相は考えており、欧州高債務国で新政権が続々誕生。
ドイツ政府との協力体制が強まれば、ユーロには好材料。
ポジティブな発言が出てくるか期待したい。

レスラー経済相3
22:00~
独レスラー副首相・経済相講演

20日、ECBによる国債買い入れは責務ではないと発言。
ドイツ政府として統一的な見解を示している。
普段からハッキリと物を言うレスラー氏。
時に厳しすぎる発言で市場をびっくりさせる事もあり注意が必要。

24:00発表
ユーロ圏11月消費者信頼感・速報値

2009年からマイナス発表が続いている指標。
数字そのものよりも前回より改善しているかどうかに注目したい。

ユーロ圏11月消費者信頼感 市場予想-21.0 前回(-19.9)

サルコジ大統領7
26:00~
仏サルコジ大統領講演
来年4月にフランスでは大統領選挙が行われるが
ここにきて、同国内でのサルコジ支持が高まっている。
イタリア新政権へのバックアップも早期表明し
外交手腕を評価されている模様。
ECBが最後の貸し手となる事を強く求めており
ドイツ政府とは真っ向から異なる意見を持つ。
現状、市場ではプラスに受け止められる姿勢であり
ユーロ下支えの内容となる発言が再び出るか注目。

ショイブレ財務相10
26:30~
独ショイブレ財務相講演
本日の講演テーマは、欧州債務危機。
今月7日、イタリアは債務削減が出来れば経済的に問題は無いと発言。
ギリシャ、イタリア、スペインで今月新政権が誕生。
これを踏まえ、債務危機に対して最新の見通しを発言すると思われる。
日本時間では深夜となるが要警戒。

ユーロ円は
先週安値を割り込み103円23銭まで下落するものの、
市場でユーロドルを売り込む動きが
偏りすぎている事からの反発に連れて戻している。
ユーロドルが1.3400を大きく割り込まない限りは
ユーロ円も底固めの展開。
戦略的には
本日はスペイン国債入札、オランダ国債入札に加えて欧州要人の講演が多い。
入札結果が良ければ、昨日の安値103円23銭をバックに買いを推奨。
悪い場合はECBの買い支えが出てくる可能性がありトレードを見送りたい。

1122ユーロ円mt4

  (ユーロ円MT4チャート→メタトレーダー4提供)

1122ユーロ円

  (本日のユーロ円一目均衡表→DMM FX提供)

1122プライムFXぱっと見ユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルは
1.3400のバリアオプションを狙いに売り込まれたが
売りポジションが市場で極端に増大し、逆に押し戻されている。
テクニカルでは
1.3400を大きく割り込まない限りは1.3620を目指す形。
突っ込み売りは控えたいところ。
戦略的には
スペイン国債入札、オランダ国債入札の結果が良ければ
1.3400をバックに買いを推奨。

1122ユーロドルmt4

  (本日のユーロドルMT4チャート→メタトレーダー4提供)

1122ユーロドル

  (本日のユーロドル一目均衡表→DMM FX提供)

1122プライムFXぱっと見ユーロドル

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

FXプライムぱっと見
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(11月22日)
08:00~   伊モンティ首相・バローゾ欧州委員長・EUファンロンパイ大統領会談
10:00~   米セントルイス連銀ブラード総裁講演
16:00発表 スイス10月貿易収支
17:00~   アルムニア欧州委員・欧州議会公聴会
18:00~   ポルトガル中銀コスタ総裁講演
18:00~   ポルトガルガスパル財務相講演
18:30    スペイン国債入札
18:30発表 英10月財政収支
18:30~   ギリシャ・パパデモス首相、ユンケル・ユーログループ議長会談
19:00    オランダ国債入札
19:30~   独連銀バイトマン総裁講演
19:30~   英MPC(金融政策委員会)マイルズ委員講演
21:00~   オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
22:00~   独メルケル首相講演
22:00~   独レスラー副首相・経済相講演
22:30発表 米7-9月期GDP・改定値
22:30発表 米7-9月期GDPデフレーター・改定値
22:30発表 米7-9月期個人消費・改定値
22:30発表 米7-9月期コアPCEデフレーター・改定値
22:30発表 加9月小売売上高
23:00~   伊モンティ首相、EUファンロンパイ大統領会談
23:00~   バルニエ欧州委員・議会委員会公聴会
24:00    NYオプションカット
24:00発表 ユーロ圏11月消費者信頼感・速報値
24:00発表 米11月リッチモンド連銀製造業指数
24:30~   仏フィヨン首相講演
25:00    ロンドンフィックス
25:00~   バローゾ欧州委員長講演
25:00~   ベルギー中銀クーン総裁講演
26:00~   仏サルコジ大統領講演
26:30~   独ショイブレ財務相講演
27:00発表 米5年債入札(350億ドル)
27:00~   米ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁講演
28:00発表 米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録
28:00~   英FPC(金融安定委員会)ジェンキンス委員講演