FXプライムぱっと見
※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

11月15日(火) 本日のユーロの見通し

ロンドンタイムでは
15:30発表
仏7-9月期GDP・速報値
前期比では強い数字、前年比では伸び悩む予想となっている。
直後に発表される独GDPと合わせて注意したい数字。

仏7-9月期GDP・前期比 市場予想+0.4% 前回(±0.0%)
仏7-9月期GDP・前年比 市場予想+1.6% 前回(+1.7%)

16:00発表
独7-9月期GDP・速報値
こちらも速報値の発表とあって注目の指標。
市場予想より強い数字ならユーロ買い、弱い数字ならユーロ売りの材料。

独7-9月期GDP・前期比 市場予想+0.5% 前回(+0.1%)
独7-9月期GDP・前年比 市場予想+2.4% 前回(+2.8%)


ファンロンパイ大統領5
18:00~
EUファンロンパイ大統領講演
ユーロ防衛の為、ネガティブなコメントはあまり出さない。
それだけに不安を感じさせる発言が出た場合は要注意。

スペイン国債
18:30
スペイン国債入札(12ヶ月・18ヶ月物/35億ユーロ)
短期債の入札だが、昨日売られていることもあり
本日の注目材料の一つとなっている。
落札利回りの上昇、応札倍率の低下、応札金額が低い場合は
ユーロ売りの材料となる。

19:00発表
ユーロ圏7-9月期GDP・速報値
独11月ZEW景気期待指数、独11月ZEW景気現況指数
ユーロ圏11月ZEW景気期待指数、
ユーロ圏9月貿易収支
ユーロ重要指標が集中発表。
前回より弱い予想となっているだけに
強い数字が出ればユーロの買い材料だが
予想をさらに下回る数字ならユーロ売りが強まる恐れも。

ユーロ圏7-9月期GDP・前期比   市場予想+0.2% 前回(+0.2%)
ユーロ圏7-9月期GDP・前期比   市場予想+1.4% 前回(+1.6%)
独11月ZEW景気期待指数      市場予想-52.5  前回(-48.3)
独11月ZEW景気現況指数      市場予想+32.0  前回(+38.4)
ユーロ圏11月ZEW景気期待指数  市場予想-55.3  前回(-51.2)
ユーロ圏9月貿易収支        市場予想+20億€ 前回(-34億€)

ギリシャ国債1
19:00
ギリシャ国債入札
新政権誕生後、最初の入札となる。
市場の注目がすでにギリシャからイタリアへ移動。
どこまで材料視されるかといったところだが
短期筋が無理やり引っ張り出す可能性があり、一応注意したい。

NYタイムでは
22:30発表
米10月生産者物価指数、米10月小売売上高
米11月NY連銀製造業景況指数
米重要指標が集中発表される。
このところの強い結果にしては、弱い予想が多い。
あらかじめハードルを低くしている気もするが
発表には十分注意したいところ。
逆にこの程度の数字を
クリアできないようでは米経済の見通しはまだ暗い。

米10月生産者物価指数      市場予想-0.1% 前回(+0.8%)
米10月生産者物価指数・コア   市場予想+0.1% 前回(+0.2%)
米10月小売売上高         市場予想+0.3% 前回(+1.1%)
米10月小売売上高・除自動車  市場予想+0.2% 前回(+0.6%)
米11月NY連銀製造業景況指数 市場予想-2.00  前回(-8.48)


バローゾ委員長4
23:00~
バローゾ欧州委員長・欧州議会発言
甘い発言を連発するだけに、ユーロを売りにくいイベント。
但し、空売り規制法案に絡む発言は議会が荒れる可能性があり要注意。

欧州議会
★欧州議会・空売り規制法案採決
本日、ESMA(欧州証券市場監督局)強化法案が採決される。
欧州議会で可決されれば、EU規模での空売り規制にGOサイン。
フランス、イタリア、ギリシャ、スペイン、ベルギーが
現在規制を導入しているがEU規模で規制となると全く別物。
すでにオランダ、イギリスが反対を表明しているが
仮に可決されれば、
市場への流動性懸念からユーロ売りが加速しかねない。
非常に重要なイベント。

ユーロ円チャートは
昨日、ユーロ圏9月鉱工業生産も市場予想ほど悪化せず。
またイタリア5年債入札が無事通過したものの
ユーロドルに連れる動きで104円74銭まで売り込まれた。
本日は11時44分にドル円で邦銀からのまとまった買いがあり
介入と勘違いした短期勢からの買いが続いた事で
ユーロ円も105円54銭まで急上昇。
所謂なんちゃって介入という事で、一気に値を戻す形となっている。
戦略的には
欧州議会での空売り規制法案採決の行方次第。
可決されれば、ネガティブな材料となる事からユーロ売り。
否決なら逆に買い材料。結果までは様子見としたい。

1115ユーロ円

  (本日のユーロ円チャート→DMM FX提供)

1115プライムFXぱっと見ユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
発表された材料が悪くないものの、
オプションの防戦売りで頭を抑えられたことで下げる形になった。
イタリア国債入札が不調というのは後付けのニュース。
本当に不調なら入札直後にユーロが上昇することはあり得ない。
短期筋がこのところ落ち着いていた
スペイン国債までも売り浴びせた事で、無理やりユーロを下げた。
戦略的には
1.3500が次のポイントとなっているが
本日はイベントが満載だけに一喜一憂で振れやすい。
ユーロ円と同じく
欧州議会での空売り規制法案採決の行方次第。
可決されれば、ネガティブな材料となる事からユーロ売り。
否決なら逆に買い材料。結果までは様子見としたい。

1115ユーロドル

  (本日のユーロドルチャート→DMM FX提供)

1115プライムFXぱっと見ユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

本日の重要指標・イベント(11月15日)
★日銀金融政策決定会合(~16日)
★欧州議会・空売り規制法案採決
09:30発表 豪RBA金融政策決定理事会議事録
14:00~   日銀金融政策決定会合
15:30発表 仏7-9月期GDP・速報値
16:00発表 独7-9月期GDP・速報値
18:00発表 伊9月貿易収支
18:00~   EUファンロンパイ大統領講演
18:30発表 英10月消費者物価指数
18:30発表 英10月小売物価指数
18:30    スペイン国債入札
19:00発表 ユーロ圏7-9月期GDP・速報値
19:00発表 独11月ZEW景気期待指数
19:00発表 独11月ZEW景気現況指数
19:00発表 ユーロ圏11月ZEW景気期待指数
19:00発表 ユーロ圏9月貿易収支
19:00    ギリシャ国債入札
22:00~   米シカゴ連銀エバンス総裁講演
22:00~   ECBプラート理事講演
22:30発表 米10月生産者物価指数
22:30発表 米10月小売売上高
22:30発表 米11月NY連銀製造業景況指数
22:30発表 加9月製造業出荷
22:30~   米セントルイス連銀ブラード総裁講演
23:00~   バローゾ欧州委員長・欧州議会発言
23:00~   欧州委員会バルニエ委員・欧州議会発言
24:00    NYオプションカット
24:00発表 米9月企業在庫
24:00~   米サンフランシスコ連銀ウィリアムズ総裁講演
24:45~   英オズボーン財務相・金融サービス法案委員会発言
25:00    ロンドンフィックス
25:00~   米シカゴ連銀エバンス総裁TVインタビュー
26:30~   米ダラス連銀フィッシャー総裁講演

みんなのFX10月キャンペーン1
ユーロ円/FX業界最小スプレッド! 0.9銭!
初回入金+1回取引だけでも5,000円!
最大15000円キャッシュバックキャンペーンスタート!

FXならみんなのFX!!
みんなのFX