DMM9月キャンペーン1
ユーロドル0.7銭!ユーロ円0.9銭!
いまならアマゾンギフト券5,000円がもらえます!
最短翌日からお取引~即日口座開設可能

 

9月29日(木) 本日のユーロの見通し

ロンドンタイムでは
16:55発表
独9月雇用統計
ドイツの経済指標の割には
市場の反応が薄くなりやすい材料。
予想とかけ離れた数字が出なければあまり意識する必要は無い。

独9月失業率   市場予想7.0%    前回(7.0%)
独9月失業者数  市場予想-8000人 前回(-8000人)

ノボトニー総裁9
17:15~
オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
ECBによる1年物供給オペの再開に前向きな発言を示すなど
銀行支援に積極的な姿勢を見せている。
今日も同様の発言を行えば、ユーロには下支えとなる材料。

ドイツ連邦議会
18:00~
ドイツ連邦議会EFSF拡充法案採決
市場では可決される事が確実視されている。
問題は採決の内容。
与党内からどれだけの反対票が出るか。
模擬採決では11人の反対、2人の棄権となった。
連邦議会下院の定員は620、与党議席数は330。
与党内だけで過半数を取れるかどうか。
19人の反対もしくは棄権が出ない事が条件となる。
採決前後のユーロ相場に注意したい。


採決生中継→ドイツ連邦議会 EFSF採決 実況生中継!

18:00発表
ユーロ圏9月消費者信頼感、ユーロ圏9月経済信頼感
過去1年で最も悪化する予想となっているだけに
多少でも市場予想より改善すればユーロの下支え材料。
同時刻のドイツ議会採決と共に要注意イベント。

ユーロ圏9月消費者信頼感 市場予想-18.9 前回(-18.9)
ユーロ圏9月経済信頼感   市場予想96.0   前回(98.3)


0929消費者信頼感ユーロ円
 (過去3回の消費者信頼感発表時のユーロ円チャート:クリックで拡大)

NYタイムでは
21:30発表
米4-6月期GDP、
米4-6月期GDPデフレーター・確報値
米4-6月期個人消費、米4-6月期コアPCEデフレーター・確報値
米新規失業保険申請件数
米重要経済指標が集中発表される。
概ね良好な結果が予想されているが、万一予想を割り込むようなら
ドル売りが強まる可能性が高いので注意。

米4-6月期GDP            市場予想+1.2% 前回(+1.0%)
米4-6月期GDPデフレーター    市場予想+2.4% 前回(+2.4%)
米4-6月期個人消費         市場予想+0.4% 前回(+0.4%)
米4-6月期コアPCEデフレーター  市場予想+2.2% 前回(+2.2%)
米新規失業保険申請件数     市場予想42.0万件 前回(42.3万件)

0929GDP対策チャートユーロ円
   (過去3回の米GDP発表時のユーロ円チャート:クリックで拡大)

23:00発表
米8月中古住宅販売成約
住宅セクターの中でも中古住宅は幾分明るい材料が見られる。
市場予想は前回よりも弱い形だが
強い結果が出る可能性にも注意したい。

米8月中古住宅販売成約 市場予想-2.0% 前回(-1.3%)

0929中古住宅販売対策チャートユーロ円
 (過去3回の米中古住宅販売発表時のユーロ円チャート:クリックで拡大)

ユーロ円チャートは
昨日、バローゾ欧州委員長が
ギリシャはユーロ圏のメンバーに留まると発言。
これを好感して104円50銭レベルまで上昇。
その後は、ギリシャ問題での
ユーロ各国不協和音が意識され再び下落。
材料に一喜一憂する状況が続いている。
同委員長が提案した金融取引税も実はネガティブ材料。
金融機関の収益を圧迫するだけにイギリスはすでに反対を表明。
本日はノボトニー講演・ドイツ連邦議会採決・ユーロ圏消費者信頼感
米4-6月期GDP、米8月中古住宅販売とイベント満載。
引き続き上下に触れやすいと見ている。
戦略的には
戻りを叩く方針に変化は無い。
上げを追いかけるよりもじっくりと戻りを待つ戦略。
105円20銭レベルをバックに戻り売りを推奨。
ギリシャ問題が無くなった訳ではなく、小康状態。
トロイカ(EU・ECB・IMF)の査定も本日から再開。
10月3日のユーロ圏財務相会合で融資が決まるには時間が足りない。
連動性の高いNYダウ先物の動きには今日も注意。

★18:05現在
ユーロ円104円33銭。ユーロドル1.3644。
18:00発表ユーロ圏経済指標は弱い結果。
ドイツEFSF拡充法案については、現在議会審議中。
(実況生中継は上の議会画像下リンク)
市場は採決結果待ちの状況。

ユーロ圏9月消費者信頼感 市場予想-18.9 結果-19.1
ユーロ圏9月経済信頼感   市場予想96.0   結果95.0

★19:10現在
ドル円76円63銭。ユーロ円104円62銭。ユーロドル1.3650。
ドイツ連邦議会 EFSF拡充法案が可決。
材料出尽くしによる、ドル買い・ユーロ売りの状況。

ドイツ連邦議会 EFSF拡充法案 採決結果
賛成523 反対85 棄権3

★21:35現在
ドル円76円71銭。ユーロ円104円54銭。ユーロドル1.3626。
21:30発表の米経済指標は全て強い結果。
NYダウは上昇。ドル買いになっており、ユーロドルが頭打ち。
ユーロ円はドル円の上昇とユーロドルの下落で身動き取れず。

米4-6月期GDP            市場予想+1.2% 結果+1.3%
米4-6月期GDPデフレーター    市場予想+2.4% 結果+2.5%
米4-6月期個人消費         市場予想+0.4% 結果+0.7%
米4-6月期コアPCEデフレーター  市場予想+2.2% 結果+2.3%
米新規失業保険申請件数     市場予想42.0万件 結果39.1万件

NYダウ0929CFD研究所

  (本日のNYダウ先物チャート→DMM FX提供)

0929プライムFXぱっと見ユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

0929プライムFXパターン分析

  (本日のユーロ円パターン分析→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
底堅くなってきているチャート形状。
昨日は1.3700をバックに売りが決まった。
但し、前述したようにギリシャ問題は未解決。
毎日のように荒い動きが続いているが今後の波乱も頭に入れておきたい。
戦略的には
1.3720をバックに戻り売りを推奨。
ノボトニー講演・ドイツ連邦議会採決・ユーロ圏消費者信頼感
米4-6月期GDP、米8月中古住宅販売に注意。

0929プライムFXぱっと見ユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

FXプライム10月キャンペーン比較1
★今月申し込むほうがお得です★
★チャンスは明日まで!お急ぎください!★
この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→
ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナル/パターン分析と合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(9月29日)
15:00発表 英9月ネーションワイド住宅価格
15:50~   米ボストン連銀ローゼングレン総裁講演
16:00~   英MPCマイルズ委員講演
16:30~   日銀白川総裁講演
16:55発表 独9月失業者数
16:55発表 独9月失業率
17:15~   オーストリア中銀ノボトニー総裁講演
17:30発表 英8月消費者信用残高
17:30発表 英8月マネーサプライM4
17:30発表 英8月住宅ローン承認件数
18:00~    ドイツ連邦議会EFSF拡充法案採決
18:00発表 ユーロ圏9月経済信頼感
18:00発表 ユーロ圏9月消費者信頼感・確報値
18:30発表 南ア8月生産者物価指数
21:30発表 米4-6月期GDP・確報値
21:30発表 米4-6月期GDPデフレーター・確報値
21:30発表 米4-6月期個人消費・確報値
21:30発表 米4-6月期コアPCEデフレーター・確報値
21:30発表 米新規失業保険申請件数
21:30~   米フィラデルフィア連銀プロッサー総裁講演
23:00    NYオプションカット
23:00発表 米8月中古住宅販売保留件数指数
24:00    ロンドンフィックス
26:00発表 米7年債入札(290億ドル)
26:00~   米アトランタ連銀ロックハート総裁講演
26:00~   南アゴーダン財務相講演