DMM9月キャンペーン
DMM9月キャンペーン1
業界最小スプレッド ユーロ円 0.9銭!
口座開設で 5,000円とAmazonギフト券 がもらえるチャンス!
DMM FX


8月31日(水) 本日のユーロの見通し

NYタイムでは
21:15発表
米8月ADP全国雇用者数
週末金曜日の米8月NFP雇用統計の前哨戦となる指標。
市場予想を上回る確率が過去1年間で58%となっており
事前の警戒感に比べれば結果は強めに出ることも多いだけに
売り一辺倒の考え方も疑問ではある。
市場予想では前回と同じく+10万人となっているが
これを大きく下回る結果になれば当然、ドル売り円買い。
逆にポジティブサプライズのような上回る結果ならドル買い円売り。
数字の振れ幅も大きいだけに反応も荒っぽくなる。
ポジション管理には要注意。


米8月ADP全国雇用者数 市場予想10.0万人 前回(11.4万人)

22:45発表
米8月シカゴ購買部協会景気指数
市場予想の段階で、2009年10月以来の低水準。
ここまで、米8月経済指標がほぼ全敗であり
シカゴPMIに対してかなりの警戒感を市場では持っているようだ。
基本的にはNYダウに対して与える影響が大きい指標。
予想から大きくズレれば為替に影響も。

米7月シカゴ購買部協会景気指数 市場予想53.3 前回(58.8)

23:00発表
米7月製造業受注指数
こちらは、まだ7月分の発表。
ネガティブな数字は出てこないと思われているが
万一、市場予想を下回ればドル売り・円買い。
ADP雇用者数、シカゴPMIと強弱同一方向の発表かどうかもチェック。

米7月製造業受注指数 市場予想+2.0% 前回(-0.8%)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.4555に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

23:30発表
米週間原油在庫
レジャーシーズンも終わり、原油相場にとっては中だるみの時期。
今後は米経済の流れで一喜一憂する形。
今回は前回よりも在庫減が見込まれているが、
在庫が市場予想よりも増加しているとドル安、円買い傾向
逆に減少しているとドル買い、円売り傾向。

米週間原油在庫   市場予想-50万バレル 前回(-221万バレル)
米週間ガソリン在庫 市場予想-95万バレル 前回(+140万バレル)


ユーロ円チャートは
独雇用指標、ユーロ圏8月消費者物価指数も
市場が想定していた範囲内の結果。
110円50銭レベル攻防が継続中。
この後、110円40銭~90銭のレンジを上下どちらに抜けてくるか。
戦略的には
このレンジを明確に抜けた方向に付いて行きたい所。
売りサインが点灯するかはこの後の米経済指標次第。
昨日も書いていた一目均衡表の転換線がサポートラインとして機能。
今日もこのレベルで支えられるか注目。

< 個人投資家のためのFX専門メディア > FXストラテジー・プラス < 個人投資家のためのFX専門メディア > FXストラテジー・プラス

★21:15現在
注目の米8月ADP雇用統計が発表された。
結果は市場予想を下回る9.1万人。
前回値も下方修正された。(11.4万人→10.9万人)
ドル円は76円46銭まで下げるものの、
NYダウ先物が悪材料による量的緩和期待から逆に上昇。
これにより円買いからドル買いの形となり、
ドル円は76円61銭まで上昇。
この後、22:30からNYダウオープン。

米8月ADP全国雇用者数 市場予想10.0万人 結果9.1万人

★22:45現在
米8月シカゴPMIは市場予想を上回る結果。
過去1年では最も低い数字となったものの
8月分の米経済指標の中では強い数字。
これを受けてNYダウが上昇基調を維持している。
ドル円76円62銭。ユーロ円110円61銭。
この後、23:00に米7月製造業受注指数が発表。

米8月シカゴ購買部協会景気指数 市場予想53.3 結果56.5

★23:15現在
23:00発表の米7月製造業受注が強い結果。
前回分も上方修正されたことでドル買いが強まる形。
(-0.8%→-0.4%)
ドル円76円80銭。ユーロ円110円59銭。

米7月製造業受注指数 市場予想+2.0% 結果+2.4%

★24:15現在
月末24:00のロンドンフィックスに向けて
ドル売り、円買いが強まる形となり
ドル円76円42銭、ユーロ円110円05銭まで急落。
逆に1.4400まで下落していたユーロドルは持ち直している。

0831ユーロ円

  (本日のユーロ円チャート→FXプライム提供)

0831プライムFXぱっと見ユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
まだ短期上昇トレンドが崩れていない。
1.4400前半の買いオーダーを消化できなければ
また1.4500レベルへ向かう動きとなる。
戦略的には
昨日の安値1.4380レベルをバックに押し目買いを推奨。

0831ユーロドル

  (本日のユーロドルチャート→FXプライム提供)

0831プライムFXぱっと見ユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0831プライムFXシグナル

  (本日のユーロ円・ユーロドル売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライム9月キャンペーン2
FXプライム9月キャンペーン
この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナルと合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(8月31日)
08:01発表 英8月GfK消費者信頼感
10:00発表 NZ8月NBNZ企業信頼感
10:30発表 豪7月民間部門信用
12:00発表 NZ7月マネーサプライM3
15:00発表 独7月小売売上高
16:30~   ドイツ内閣、ギリシャ追加支援決議
16:55発表 独8月雇用統計
17:00発表 伊7月雇用統計
18:00発表 ユーロ圏8月消費者物価指数・速報値
18:00発表 ユーロ圏7月失業率
18:00発表 伊8月消費者物価指数
19:00発表 日本8月外国為替介入状況
19:00発表 伊7月生産者物価指数
20:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
20:30発表 米8月チャレンジャー人員削減予定数
21:00発表 南ア7月貿易収支
21:15発表 米8月ADP全国雇用者数
21:30発表 加6月GDP
21:30発表 加4−6月期GDP
22:00~   加フラハティ財務相講演
22:45発表 米8月シカゴ購買部協会景気指数
23:00発表 米7月製造業受注指数
23:00    NYオプションカット
23:30発表 米週間原油在庫
24:00    ロンドンフィックス
25:30~   米アトランタ連銀ロックハート総裁講演