インヴァスト9月
9月からグランプリ大会スタート!
スタートダッシュすれば、圧倒的に有利!

インヴァスト証券【FX24】
 

8月30日(火) 本日のユーロの見通し

イタリア国旗
ロンドンタイムでは
18:00
イタリア国債入札(3年・7年・10年物 最大80億ユーロ)
当初より発行予定額が減少されており
無難に入札イベントを通過すると見られているが
思わぬ落札利回りの上昇など、ネガティブな材料が出た場合には
ユーロ売りに繋がる。
逆に、思った以上に需要があり
応札倍率が高まった場合、ユーロ買いの材料。
注意してこのイベントは見ておきたい。

18:00発表
ユーロ圏8月経済信頼感、ユーロ圏8月消費者信頼感・確報値
ユーロ圏8月業況判断指数、ユーロ圏8月鉱工業信頼感
ユーロ圏8月サービス業信頼感
ユーロ圏指標が一気に発表される。
特に、経済信頼感・消費者信頼感に注目。
市場予想を下回る結果の場合にはユーロ売りの材料。
上回る場合はユーロの下支えとなる。

ユーロ圏8月経済信頼感      市場予想100.2   前回(103.2)
ユーロ圏8月消費者信頼感    市場予想-16.6  速報(-16.6)
ユーロ圏8月業況判断指数    市場予想+0.10  前回(+0.45)
ユーロ圏8月鉱工業信頼感    市場予想-2.0   前回(+1.1)
ユーロ圏8月サービス業信頼感  市場予想+6.0   前回(+7.9)


エバンス総裁5
NYタイムでは
21:00~
米シカゴ連銀エバンス総裁 米CNBC出演
エバンス総裁(ハト派:2011FOMC投票権あり
今月9日の米FOMCにおいて
NY連銀ダドリー総裁と共に賛成票を投じている。
今後の米経済の見通しに弱気な姿勢を示せば
ドル売りに繋がる恐れがある。
発言には注意したい。

22:00発表
米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数
昨年4月以来の弱い市場予想。
住宅セクターは依然として低空飛行。
あまり強い数字が期待されていないだけに
ポジティブサプライズの場合はドル買いが強まる場合も。

米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数 市場予想-4.60% 前回(-4.51%)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.4450、1.4500に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

23:00発表
米8月消費者信頼感指数・コンファレンスボード
昨年12月以来の弱い数字が予想されている。
米8月分経済指標は、次々と発表されてきたがいずれも弱い。
ここも市場予想を下回るならドル売り、円買い。
上回るならドル買い、円売り。
ドル円はもちろんだが、クロス円(ユーロ円・豪ドル円)の動きにも注意。

米8月消費者信頼感指数 市場予想52.0 前回(59.5)

コチャラコタ総裁
25:15~
米ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁講演
コチャラコタ総裁(タカ派レベルB:2011FOMC投票権あり
今月9日の米FOMCで反対票を投じた3人の中の1人である。
12日には、異例の声明を発表した。
インフレ上昇、失業率改善している状況での追加緩和は
必要ないと主張しており、来月9月20日~21日のFOMCまでに
インフレ下降、失業率悪化が顕著でなければ再び反対する模様。
本日の講演にも要注目。

ノワイエ総裁4
26:00~
仏ノワイエ中銀総裁・仏BFMテレビ出演
基本的にネガティブな事は言わないノワイエ氏。
それだけに万一、弱気な発言が出ればユーロ売りに繋がる。
いつもの発言パターンならユーロの下支え。

27:00発表
米FOMC議事録(8月9日開催分)
19年ぶりに3人の反対票が出た事もあり、
今回の議事録の内容は市場でも注目されている。
強い意見の衝突など、内容如何によっては
来月9月20日~21日での
次回FOMCで追加緩和策の決定が難しくなりそうだ。

ユーロ円チャートは
112円を前にして、再び下落している状況。
昨日、NYダウと共に強く上昇したが
今日はイタリア国債入札、ユーロ圏8月指標、米8月コンファレンスボード、
FOMC議事録といったイベント前に
一旦利益を確定する動きでスタートしている。
この後、一連のイベントを無事通過すれば再びユーロ上昇となるが
指標結果が悪化した場合は、ユーロ売りとなりやすい。
戦略的には
110円60銭レベルで一度下支えされると見ている。
ドル円の介入警戒感も下値では買い材料。
筆者としては、一目均衡表の転換線が50銭レベルにあり
この付近で買えるならチャンス。

< 個人投資家のためのFX専門メディア > FXストラテジー・プラス < 個人投資家のためのFX専門メディア > FXストラテジー・プラス

★21:10
米シカゴ連銀エバンス総裁が
現時点では金融緩和の余地あり、強力な量的緩和が必要と発言。
市場はドル売りで反応。
この後、22:00に米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数が発表。

★22:00
ケースシラー指数は-4.50%となり、市場予想を若干上回る結果。
前月分が下方修正されたこともあり(-4.51%→-4.59%)
為替市場は限定的な動き。NYダウ先物は上昇。
この後、22:30からNYダウオープン。

米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数 市場予想-4.60% 結果-4.52%

★22:45
NYダウオープン後も、上昇基調を継続。
ドル円76円74銭。ユーロ円110円75銭。
この後、23:00に注目の米8月消費者信頼感指数・コンファレンスボードが発表。

★23:00
米8月コンファレンスボードは44.5。50を下回り昨年9月以来の弱い数字。
前月分も下方修正(59.5→59.2)
NYダウが急落。ドル円76円60銭、ユーロ円110円54銭まで下落。
その後、一転ドル買いとなりドル円76円74銭まで急反発するなど荒い動き。

米8月消費者信頼感指数・コンファレンスボード 市場予想52.0 結果(59.5)

★23:45
NYダウ70ドル安。ドル円76円71銭。ユーロ円110円73銭。
23:00発表の米8月コンファレンスボードが悪化した事で
来月の米FOMCで量的緩和が行われるとの思惑につながり
発表直後に100ドルを超えて急落したNYダウが下げ渋っている。
この後の予定は
25:15~   米ミネアポリス連銀・コチャラコタ総裁講演
26:00~   仏ノワイエ中銀総裁・仏BFMテレビ出演
27:00発表 米FOMC議事録(8月9日開催分)
コチャラコタ総裁は、先ほどのエバンス総裁とは異なり、
これ以上の量的緩和に反対する姿勢を示している事から、
米経済に強気の発言が出るかどうか注目。

0830ユーロ円

  (本日のユーロ円チャート→FXプライム提供)

0830プライムFXぱっと見ユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
1.4550のオプションに阻まれる状況。
いつもの日替わりメニューだが
本日は、イベント前に利益確定が先行している。
この後のイベントを消化しつつ
1.4440~1.4460のゾーンで下支えできるかどうか。
戦略的には
大きな上昇の流れは変わっていない。
仮に下押しする流れが強まっても
1.4400の買いオーダーとの攻防もあり、じっくり買い場を探す状況。
このレベル付近で買えるならチャンス。
欲を言えば、1.4380~1.4400のゾーンで。
 
0830ユーロドル

  (本日のユーロドルチャート→FXプライム提供)

0830プライムFXぱっと見ユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0830プライムFXシグナル

  (本日のユーロ円・ユーロドル売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライム8月キャンペーン3
この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→
ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナルと合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム

本日の重要指標・イベント(8月30日)
★シンガポール市場休場(イスラム断食明け)
07:45発表 NZ7月住宅建設許可
10:30発表 豪7月住宅建設許可件数
13:00~   衆議院本会議・首班指名選挙
15:00発表 スイス7月UBS消費指数
15:00発表 南ア7月マネーサプライM3
15:00発表 南ア7月民間部門信用
17:00発表 伊6月小売売上高
17:30発表 英7月消費者信用残高
17:30発表 英7月マネーサプライM4
18:00    イタリア国債入札
18:00発表 ユーロ圏8月経済信頼感
18:00発表 ユーロ圏8月消費者信頼感・確報値
18:00発表 伊8月景況感
18:30発表 南ア4−6月期GDP
20:00発表 ギリシャ・アルファバンク中間決算
20:00発表 ギリシャ・ナショナルバンク中間決算
21:00~   米シカゴ連銀エバンス総裁 米CNBC出演
21:30発表 加4−6月期経常収支
22:00発表 米6月S&P/ケースシラー住宅価格指数
23:00発表 米8月消費者信頼感指数
23:00    NYオプションカット
24:00    ロンドンフィックス
25:15~   米ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁講演
26:00~   仏ノワイエ中銀総裁・仏BFM出演
27:00発表 米FOMC議事録(8月9日開催分)
30:20~   NZイングリッシュ財務相講演