FXプライム7月キャンペーン
この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→
ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナルと合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

7月26日(火) 本日のユーロの見通し

UBS1
東京タイムでは
13:45発表
UBS4−6月期決算
スイス銀行最大手であるUBSの決算が発表。
前年同期比で36%の減益が見込まれているが
同時に大規模なリストラを発表する予定。
なお、同社は2013年から
前ドイツ連銀総裁ウェーバー氏を会長に迎えて戦略を強化する。

ドイツ銀行
14:00発表
ドイツ銀行4−6月期決算
投資銀行部門が好調で前年同期よりも
約12%の純利益増加が見込まれている。
但し、ギリシャ第2次金融救済策を受けて
3億ユーロの評価損の可能性も。

ドイツ銀行4−6月期決算 市場予想 一株利益1.42ユーロ

15:00発表
独8月GfK消費者信頼感

市場予想とはあまりブレのない指標。
過去にもあまり強い影響を相場に与えたことは無く
今回も限定的か。

独8月GfK消費者信頼感 市場予想5.6 前回(5.7)

スペイン国債
17:30
スペイン国債入札(3ヶ月・6ヶ月物 20億~30億ユーロ)
短期国債という事もあり順調な入札になると思われるが
万一、落札
利回りの上昇、応札倍率の低下、
予定落札額に達しない場合はユーロ売り。
逆の場合はユーロ下支えの材料。


イタリア国旗
18:00
イタリア国債入札(25億ユーロ)
ムーディーズのギリシャ国債格下げを受けて
昨日、スペイン国債と共に利回りが上昇した。
本日の入札で落札
利回りの上昇、応札倍率の低下、
予定落札額に達しない場合はユーロ売り。
逆の場合はユーロ買いの材料。


ラガルド専務理事
NYタイムでは
21:00~
IMFラガルド専務理事講演
昨日、ギリシャ・ベニゼロス財務相と会談。
IMFもギリシャ第2次金融支援策を歓迎しているが
資金拠出に関しては、まだ意思表明を行っていない。
ラガルド専務理事が前向きな発言を行えば
ユーロの買い材料となる事から注意が必要。

22:00発表
米5月S&P・ケースシラー住宅価格指数
住宅セクターは、
最悪期を脱したという見通しが出ているものの依然として弱い。
5月分の指標発表という事もあり、少々数字が古い事から
どこまで市場に影響を与えるか。

米5月S&P・ケースシラー住宅価格指数 市場予想-4.5% 前回(-3.96%)

23:00発表
米7月消費者信頼感指数、
米6月新築住宅販売件数
米7月リッチモンド連銀製造業指数
3指数同時発表となるが
その中でも消費者信頼感指数は7月の最新指標の発表という事もあり
市場の注目度が高い。
今回の市場予想は今年最も弱い56.0
同時発表の新築住宅販売にも気を配りたいところだが
市場予想より強い数字が出ればドル買い、円売り。
弱い数字ならドル売り、円買い。

米7月消費者信頼感指数         市場予想56.0      前回(58.5)
米6月新築住宅販売件数・前月比   市場予想0.3%    前回(-2.1%)
米6月新築住宅販売件数・年率換算 市場予想32.0万件 前回(31.9万件)
米7月リッチモンド連銀製造業指数  市場予想5      前回(3)

ユーロ円チャートは
本日、ドル円が78円を割れたことに連れて一時急落したが、
その後ドル円がストップを巻き込んで急上昇。
この動きにも同調して113円台に乗せている。
テクニカルでは
中期下降トレンドの中だが
短期上昇トレンドライン上に位置している。
また、一目均衡表の転換線も昨日の111円台から112円台に上昇。
但しこの先は
一目均衡表の基準線113円64銭をしっかり上回れるかがカギ。
戦略的には112円をバックに押し目買いを推奨。
本日はUBS、ドイツ銀行の決算発表が予定されている。
発表後の欧州株の動きも合わせて注意したい。

0726クリックユーロ円研究所

 (本日のユーロ円一目均衡表チャート→GMOクリック証券【FX】提供)

0726プライムFXユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
米債務上限懸念からのドル売りで下値が支えられている。
現状、一目均衡表の雲の上限を抜けて上昇中。
直近ではオプション設定の1.4500がレジスタンス。
その上は1.4577を意識したい。
戦略的には
一目均衡表の雲の下限1.4348をバックに押し目買いを推奨。
米債務上限交渉がまとまれば一気に巻き戻されるリスクもある為
上値を追いかけて買うのはお勧めできない。

0726クリックユーロドル研究所

(本日のユーロドル一目均衡表チャート→GMOクリック証券【FX】提供)

0726プライムFXユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

072601プライムFXシグナル

  (本日のユーロ円・ユーロドル売買シグナル→FXプライム提供)

売買シグナルでもドル売り圧力が継続中。
但し、上値を追いかけずに押し目買いに徹したい。

本日の重要指標・イベント(7月26日)
03:30~   米民主党リード上院院内総務・記者会見
05:00~   米共和党ベイナー下院議長・記者会見
07:00~   ギリシャ・ベニゼロス財務相講演
07:45発表 NZ6月貿易収支
10:00~   米オバマ大統領・記者会見
12:05~   豪RBAスティーブンス総裁講演
13:45発表 UBS4−6月期決算
14:00発表 ドイツ銀行4−6月期決算
15:00発表 独8月GfK消費者信頼感
15:45発表 仏7月消費者信頼感
17:30発表 英4−6月期GDP・速報値
17:30発表 英5月サービス業指数
17:30    スペイン国債入札
18:00    イタリア国債入札
20:30発表 米3M決算
21:00~   IMFラガルド専務理事講演
22:00発表 米5月S&P・ケースシラー住宅価格指数
23:00発表 米7月消費者信頼感指数
23:00発表 米7月リッチモンド連銀製造業指数
23:00発表 米6月新築住宅販売件数
23:00    NYオプションカット
24:00    ロンドンフィックス
26:00発表 米2年債入札(350億ドル)
27:00~   米カンザスシティ連銀ホーニグ総裁・下院議会証言
29:00発表 アマゾン決算


インヴァスト7月キャンペーン
レバレッジ規制が始まるギリギリまで50倍で取引できます!
業界最小スプレッド
ドル円0.4銭、ユーロドル0.6銭
固定!
即日口座開設可能!
インヴァスト証券【FX24】