FXプライム7月キャンペーン
この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!
1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


※この先の予測を無料お試し→
ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナルと合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

7月20日(水) 本日のユーロの見通し

ポルトガル国債2
ロンドンタイムでは
18:30
ポルトガル国債入札(3ヶ月・6ヶ月物)

欧州銀行ストレステストではポルトガル全銀行が合格。
これを受けて、本日の国債では好結果が出るか。
利回りの上昇、応札倍率の低下、予定落札額に達しない場合は
ユーロ売りとなるが、逆の場合はユーロ買いの材料。


NYタイムでは
23:00発表
米6月中古住宅販売件数
昨日の米6月住宅着工件数はポジティブサプライズの結果だったが
今夏以降、米FRBが利上げしますよと住宅販売会社に唆された人の
駆け込み買いではと考えている。(現在はQE3の話が出ているが・・・)
今日の中古住宅販売も上方向の市場予想。
前述の理由から例えいい数字が出ても一過性か。
市場予想より強い数字はドル買い、円売り。弱い数字はドル売り、円買い。

米6月中古住宅販売件数         市場予想1.9%     前回(-3.8%)
米6月中古住宅販売件数・年率換算 市場予想490万件 前回(481万件)


23:00発表
ユーロ圏7月消費者信頼感・速報値

過去1年間、継続してマイナス数値が発表されており、
マイナス数字に対する警戒感は気にしなくていい。
この時間に発表されるユーロ指標は
それほど市場に影響を与えるものではないが
市場予想より大きく発表値がずれた場合は一応注意したい。

ユーロ圏7月消費者信頼感 市場予想-10.2 前回(-9.8)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.4000、1.4075、1.4205、1.4250に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

23:30発表
米週間原油在庫
前回は市場予想より在庫が減少した事で
原油相場が強含みした。
レジャーシーズンに突入しており安定的な需要は発生しているが
前回のように大きな在庫減少となるかどうか。
但し、ガソリン在庫が逆の結果の場合には影響は限定的。
原油相場、NYダウに強い影響を与える数字。クロス円に注意。

米週間原油在庫   市場予想-200万バレル 前回(-312万バレル)
米週間ガソリン在庫 市場予想- 20万バレル 前回(-80万バレル)

メルケル首相_サルコジ大統領6
24:00~
独仏首脳会談
昨日、メルケル首相は明日のユーロ圏首脳会議で
欧州債務問題が一挙に解決出来るものではないと
市場の期待に水を注した一方でオバマ大統領と電話会談を行い
ユーロ圏の問題解決を約束している。
メルケル首相は欧州債務国に対する支援には国内世論の反発が強く、
時折厳しいコメントを発する事でその声を抑えようとする狙いがある。
EFSF(欧州金融安定ファシリティー)の弾力運用のヘッドラインも
ロンドンタイムには飛び出しているが、
今日の独仏首脳会談でどのような解決策が出てくるのか、期待したい。


ジョセフ・スティグリッツ
25:00~
ジョセフ・スティグリッツ(2001:ノーベル経済学賞)講演
過去に世界銀行副総裁でもあったジョセフ氏
今回は、ユーロ圏債務危機がテーマ。
その舞台となるギリシャでの講演となるのだが、
いったいどのような話が飛び出すのか。
短期筋が好きなノーベル賞受賞者講演。
ニュースが出たときに注目すれば、短期取引の材料になるかも。

インテル01
29:15発表
インテル決算
本日のもう一つの注目はこれ。
NYダウ引け後という事で、明日の動きに繋がるイベント。
インテル決算が分水嶺となり市場の動きが急変することがある。
前日のアップルが好決算となった事で
インテルも期待されるところだが、どのような発表になるか。
決算発表前後の動きには要注意。

インテル決算 市場予想 一株利益0.506ドル

ユーロ円チャートは
昨日のメルケル発言での下落。今日の仏バロワン財務相発言での上昇。
経済指標よりも要人発言での急騰、急落が目に付く。
今日は、独仏首脳会談の結果が注目材料。
バロワン発言からの思惑で上昇しつつも、
ドル円の下落に引きずられる場面も伺える。
米債務上限交渉の決着が来週にずれ込むとの観測もあり
ドルよりもユーロを買う動きが強まりそうだ。
戦略的には、現在短期上昇トレンドラインの上ギリギリに位置している。
このラインをしっかりと割り込んでくれば売り優勢。
逆にこのラインでサポートされれば上昇となるが
ユーロドルとドル円の駆け引きに巻き込まれている状態。
今日のところはあまりユーロ円の取引はお勧めしない。

人気ブログランキングへ ←1日1回クリックしていただければ、ありがたいです。

0720クリックユーロ円研究所

  (本日のユーロ円チャート→GMOクリック証券【FX】提供)

0720プライムFXユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
今日の独仏首脳会談、明日のユーロ圏首脳会議への思惑もあり
現在、短期上昇トレンドに乗って推移。
1.4230の上にあるストップの買いを意識して上昇しているが
手前にある売りに阻まれている。
戦略的には、1.4100をバックに押し目買いを推奨。
今日のNYクローズで1.4230を上回れるかが、明日以降の一つの鍵。

0720クリックユーロドル研究所

 (本日のユーロドル一目均衡表チャート→GMOクリック証券【FX】提供)

0720プライムFXユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

072001プライムFXシグナル

  (本日のユーロ円・ユーロドル売買シグナル→FXプライム提供)

ユーロ円は予測チャート、売買シグナルを見ても
ポジションが取りずらい事を示唆している。
逆にユーロドルは押し目買いがチャンス。

本日の重要指標・イベント(7月20日)
08:00~   米カンザスシティ連銀ホーニグ総裁講演
17:00発表 南ア6月消費者物価指数
17:30発表 英MPCイングランド銀行議事録
18:30    ポルトガル国債入札
20:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
20:00発表 南ア5月小売売上高
21:30発表 加5月卸売売上高
23:00発表 米6月中古住宅販売件数
23:00発表 ユーロ圏7月消費者信頼感・速報値
23:00    NYオプションカット
23:30発表 カナダ中銀BOC金融政策報告
23:30発表 米週間原油在庫
24:00    ロンドンフィックス
24:00~   独仏首脳会談
25:00~   ジョセフ・スティグリッツ(2001:ノーベル経済学賞)講演
29:15発表 インテル決算

みんなのfx7月キャンペーン1
業界最安ユーロ円0.9銭!
さらに、最高23000円がもらえる口座開設キャンペーンも開催中!
最短・翌日スピード口座開設!
FXならみんなのFX!!
みんなのFX