fxプライム6月キャンペーン
この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!
1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナルと合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

6月22日(水) 本日のユーロの見通し

ロンドンタイムでは
18:00発表
ユーロ圏4月鉱工業新規受注
独4月鉱工業生産は年初来最悪の水準に落ち込みが見られている。
市場予想はプラスになっているが、マイナス発表の場合にはユーロ売り。

ユーロ圏4月鉱工業新規受注・前月比 市場予想+1.0% 前回(-1.8%)
ユーロ圏4月鉱工業新規受注・前年比 市場予想+14.0% 前回(+14.1%)

23:00発表
ユーロ圏6月消費者信頼感・速報値
過去1年間継続してマイナス予想。
NYタイムに発表されるユーロ指標であり、市場の注目度はそれほど高くないが
過去1年で最悪の数字-14を下回る場合は注意が必要。

ユーロ圏6月消費者信頼感 市場予想-10.4 前回(-9.8)
(過去1年間:市場予想を上回る確率63%)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.4400、1.4450に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

バーナンキ議長74
米FOMC(連邦公開市場委員会) 6月21日~22日開催
政策金利・声明文発表       日本時間23日午前1:30
米FRBバーナンキ議長記者会見  日本時間23日午前3:15

                                    記者会見ライブ中継
                       
 ↓↓↓

Live Video streaming by Ustream
今回のFOMCでは昨年11月から行われてきた
QE2(量的緩和第2弾)
総額6000億ドル規模の債券買い入れプログラムの今月末打ち切りを確認。
また金利については現行の0.00~0.25%に据え置き
超低金利政策の方針を継続するが、
焦点はQE3(量的緩和第3弾)には踏み込まず
米国債からの償還分を再投資するかどうか。
全く再投資しない場合には、
市場では引き締めと受け止められる事からドルが急上昇となる。
但し、再投資を行っても
現行の米国債購入よりも規模が縮小する為(120億~160億ドル)
相対的にドル上昇の材料になりやすい。
★声明文及びバーナンキ議長の
先行きの景気判断にも合わせて注意したい。
強気の見通し→ドル買い 弱気の見通し→ドル売り。

前回FOMC政策金利・声明文発表直後の
ユーロ円チャート(4月28日午前1:30)
0427FOMCユーロ円1分足
                (ユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

前回バーナンキ議長記者会見直後の
ユーロ円チャート(4月28日午前3:15)
0428バーナンキ記者会見ユーロ円1分足
                (ユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

前回FOMC政策金利・声明文発表直後の
ユーロドルチャート(4月28日午前1:30)
0427FOMCユーロドル1分足
               (ユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

前回バーナンキ議長記者会見直後の
ユーロドルチャート(4月28日午前3:15)
0428バーナンキ記者会見ユーロドル1分足
               (ユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

ユーロ円チャートは
ギリシャ内閣信任(賛成155票、反対143票)により
再び一目均衡表の雲の中に突入。
但し、市場では信任を楽観視していた事で先に織り込む動きとなり
今日午前中からは伸び悩んでいる。
ユーロに関するイベントは、明日からのEUサミットを控え小休止。
本日深夜は米FOMCの発表、米FRBバーナンキ議長の記者会見と言う事で
ドル主体の動きが予想されるところ。
ユーロ円は、ユーロドル、ドル円に挟まれての難解な動きとなりそうだ。
QE3(量的緩和第3弾)は無い模様であり、
声明文、記者会見での米経済の見通しに特に注目したい。
戦略的には114円90銭をバックに買いを推奨。
割れても70銭レベルまでと見ている。

0622ユーロ研究所

  (本日のユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

0622プライムユーロ円

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
下ヒゲをつけながらの4連続陽線。
1.4500では利益確定の売りオーダーも観測されているが
ギリシャイベントがとりあえず通過。
明日からのEUサミットにユーロの舞台は移る。
今夜は米FOMCという事でドルに注目が集まりそうだが
QE3(量的緩和第3弾)が無くても、経済下支えの為に
米国債償還分を再投資ということになれば、QE2.5という形でドル安を意識。
(中長期では現行よりも規模縮小でドル高要因)
但し、景気見通しに明るい発言が出ればドル高。
このあたりの材料で上下に動きそうだ。
戦略的には、
一目均衡表の雲の下限1.4345、基準線1.4330をバックに買い。
1.4300には厚めの買いオーダーもあり、急落のイメージは無い。

062201ユーロ研究所

  (本日のユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

0622プライムユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

0622プライムFXシグナル

  (本日のユーロ円・ユーロドル売買シグナル→FXプライム提供)

ユーロ円、ユーロドルに買いシグナルが急増。
テクニカル的には下がりにくい状況。
売りよりも買いの戦略で攻めて行きたい。

本日の重要指標・イベント(6月22日)
07:45発表 NZ1−3月期経常収支
09:30発表 豪4月ウエストパック先行指数
15:45発表 仏6月企業景況感指数
17:00発表 南ア5月消費者物価指数
17:30発表 英イングランド銀行MPC議事録
18:00発表 ユーロ圏4月鉱工業新規受注
20:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
23:00    NYオプションカット
23:00発表 ユーロ圏6月消費者信頼感・速報値
23:00発表 米4月住宅価格指数
23:30発表 加BOC金融システムレビュー
23:30発表 米週間原油在庫
24:00    ロンドンフィックス
25:00~   ベルギーレテルメ首相講演
25:30発表 ★米FOMC政策金利・声明文
25:30~   ECBトリシェ総裁講演
25:30~   英BOEキング総裁講演
27:15~   ★米FRBバーナンキ議長記者会見

9
大好評!10万口座突破キャンペーン第2弾!
業界最小スプレッド
ユーロ円、ユーロドル0.9銭固定 ポンド円1.6銭固定!
さらに、最高23000円がもらえる口座開設キャンペーンもダブル開催!
最短・翌日スピード口座開設!
FXならみんなのFX!!
みんなのFX