この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!
1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナルと合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

5月27日(金) 本日のユーロの見通し

ロンドンタイムでは
17:00発表
ユーロ圏4月マネーサプライM3
(過去1年間:市場予想を上回る確率50%)
基本的には市場予想を上回れば、
インフレ警戒でユーロ買いとなる指標。
但し、市場が注目していない時期はあまり材料視されない。

ユーロ圏4月マネーサプライM3 市場予想2.4% 前回(2.3%)

スロベニア中銀クラニェツ総裁
17:00~
スロベニア中銀クラニェツ総裁講演
(ECB内での論調=やや弱気)
20日、ギリシャの債務再編は無いと言明した。
但し債務延長については何も発言していない。
さらに踏み込んだ発言が出るかどうか。

18:00発表
ユーロ圏5月経済信頼感、
ユーロ圏5月消費者信頼感・確報値
市場予想は若干前回よりも下回っている。
この数字よりも大きく下がる発表ならばユーロにはネガティブな材料。

ユーロ圏5月経済信頼感  市場予想105.7 前回(106.2)
ユーロ圏5月消費者信頼感 市場予想なし   速報(-9.7)
 

ドイツ連銀バイトマン総裁
18:00~
独連銀バイトマン総裁講演
(ECB内での論調=強気)
23日、リプロファイル(債務延長)、
ソフトリストラクチャリング(緩やかな債務再編)は
他の欧州債務国に悪影響を及ぼすと発言。
またリプロファイルはデフォルトに等しい認識を見せた。
これは、フィッチが20日に示した見解と同様。
昨日はユーログループ・ユンケル議長がIMFからの6月融資分について
支払われない可能性に言明した。
先週自身が述べたECBの担保受け入れ拒否を繰り返すだけでも
市場はユーロ売りに傾きそうだ。

NYタイムでは
21:30発表
米4月個人所得、米4月個人消費支出
米4月コアPCEデフレーター
市場予想は強弱出ている。
米FRBが見ているコアPCEは上昇予想。
今日はこの後も重要指標の発表が控えている為、
仮に上昇しても楽観視はできない。

米4月個人所得        市場予想0.4% 前回(0.5%)
(過去1年間:市場予想を上回る確率58%)
米4月個人消費支出     市場予想0.5% 前回(0.6%)
(過去1年間:市場予想を上回る確率50%)
米4月コアPCEデフレーター 市場予想0.2% 前回(0.1%)
(過去1年間:市場予想を上回る確率75%)

22:55発表
米5月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
月に2度発表されるミシガン指数。
今回は確報値であり、速報値よりは注目度は下がる。
但し、昨日のネガティブな指標発表直後という事もあり
好結果が出るかどうか注目したい。
万一、70を下回ればドル売りが強まる。

米5月ミシガン大学消費者信頼感指数 市場予想72.4 速報(72.4)
(過去1年間:市場予想を上回る確率66%)

23:00発表
米4月中古住宅販売保留件数指数
4月新築住宅販売は市場予想を上回ったが
依然、住宅セクターには暗雲が漂っている模様。
ここもポジティブサプライズでいい結果が出るかどうか。
市場予想はかなり悪い。
直前のミシガン指標との強弱も見たいところ。
予想を上回ればドル買い。下回ればドル売り。

米4月中古住宅販売保留件数指数 市場予想-1.0% 前回(+5.1%)
(過去1年間:市場予想を上回る確率66%)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.4035、1.4230、1.4350に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

ユーロ円チャートは
今週、一目均衡表の雲下を毎日抜けるが
NYクローズになると雲の中に戻ってきている。
逆に116円台の滞在時間が短い。
ユーロドルに連れる動きで昨日の高値を更新できるかどうか。
NYクローズで116円台なら来週さらなる上値追いの可能性大。
但しまだ不透明な点も多く、戦略的には
114円50銭レベルをバックに押し目買いを推奨。

0527ユーロ研究所

  (本日のユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

0527ユーロ研究所

  (本日のユーロ円チャート→DMM FX提供)

0527プライムFXユーロ

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
本日また中国系の買い、
米10年債利回りの低下によりドル売りの恩恵を受けて上昇。
米経済指標の悪化を受けて
市場ではQE3があるのではないかという噂が流れている。
米FRB当局者は誰もそのような発言は行っていないが
材料薄から無理やり持ち出した形。
なお、上海株、NYダウは小幅な値動きにとどまっており
どうも怪しいネタだ。
この話が事実なら欧州勢、米国勢は黙っていないだろう。
真実はこの後わかる。

戦略的には短期的に上昇のチャートになってきた為
1.4125をバックに押し目買いを推奨。
18:00~独バイトマン総裁講演には気を付けたい。

052701ユーロ研究所

  (本日のユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

052701ユーロ研究所

  (本日のユーロドルチャート→DMM FX提供)

0527プライムFXユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供)

本日の重要指標・イベント(5月27日)
08:01発表 英5月GfK消費者信頼感
08:30発表 日本4月全国消費者物価指数
15:00発表 英5月ネーションワイド住宅価格
17:00発表 ユーロ圏4月マネーサプライM3
17:00~   スロベニア中銀クラニェツ総裁講演
18:00発表 ユーロ圏5月経済信頼感
18:00発表 ユーロ圏5月消費者信頼感・確報値
18:00~   独連銀バイトマン総裁講演
21:30発表 米4月個人所得
21:30発表 米4月個人消費支出
21:30発表 米4月コアPCEデフレーター
22:00    G8サミット終了(仏・ドービル)
22:55発表 米5月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
23:00発表 米4月中古住宅販売保留件数指数
23:00    NYオプションカット
24:00    ロンドンフィックス

クリック証券9_モバイルFX
モバイルFXなら
GMOクリック証券【FXネオ】
ユーザーの意見を聞きながらバージョンアップを重ねているだけあって
使いやすさは抜群!お試しデモトレードもあります!
クリック証券