この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!
1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


※この先の予測を無料お試し→ぱっと見テクニカル

テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ!
伊藤忠・FX売買シグナルと合わせて使えば鬼に金棒
初心者大歓迎!
1000通貨、取引手数料無料!
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム 

5月24日(火) 本日のユーロの見通し

ロンドンタイムでは
15:00発表
独1−3月期GDP・確報値
過去1年間で、市場予想と発表値が全くぶれた事が無い指標。
サプライズが無ければ材料視されにくい。

独1−3月期GDP・前期比 市場予想1.5% 前回(1.5%)
独1−3月期GDP・前年比 市場予想4.9% 前回(4.9%)

17:00発表
独5月Ifo指数(過去1年間:市場予想を上回る確率90%)
ドイツIFO経済研究所が発表する指標。
特に景況感指数に注目。
毎回、前回値を上回る予想は出ない不思議な指標。
逆に弱い数字となった場合の方が怖い。
今年はまだ一度も110.0を割り込んだことが無い
この数字を下回る発表の場合はユーロ売りに注意。

独5月Ifo景況感指数   市場予想113.7 前回(114.2)
独5月Ifo景気期待指数 市場予想107.0 前回(107.7)
独5月Ifo現況指数    市場予想120.7 前回(121.0)

スペイン国債
17:30
スペイン国債入札(3か月、6か月物 15億~25億ユーロ)
22日の選挙で与党が大敗。
財政再建路線の修正もしくは、サパテロ首相の早期退陣論が浮上。
昨日の欧州株は金融株を中心に全面安となった。
本日の入札が堅調な形で行わればユーロ買いの材料となるが
逆に不調となればユーロ売りの強い材料。
発表に気を付けたい。

18:00発表
ユーロ圏3月鉱工業新規受注
12月以来のマイナス予想が出ている。
過去1年間でこのパターンは4回発生しているが、2勝2敗と五分。
今月5日の独3月製造業受注はマイナス4.0%発表となり
市場が数字を間違えたのではないかというようなショック状態で
ユーロ売りの嵐となった。
今日の発表には要注意。
サプライズで上回れば(特にプラス発表)ユーロ買いだが、
この予想を大きく割り込めばユーロ売り。

ユーロ圏3月鉱工業新規受注・前月比 市場予想-1.1%  前回(+0.5%)
(過去1年間:市場予想を上回る確率50%)
ユーロ圏3月鉱工業新規受注・前年比 市場予想+12.9% 前回(+21.3 %)
(過去1年間:市場予想を上回る確率50%)


NYタイムでは
23:00発表
米4月新築住宅販売件数
米住宅セクターの低迷が続いている。
差し押さえ物件の増加、失業率の高止まり、ローン審査の基準引き上げと
ネガティブ要因だけが増大。
市場予想は前月と据え置きになっているが、
万一、市場予想を下回った場合
特に過去最低の水準となった2月の27万件を割り込んだ場合はドル売り
逆に予想を上回れば、過度の警戒感が薄れる事でドル買い。
但しこの場合は米株の反応の方が大きくなりクロス円の反応の方が強い。

米4月新築住宅販売件数・前月比   市場予想±0%   前回(11.1%)
(過去1年間:市場予想を上回る確率33%)
米4月新築住宅販売件数・年率換算 市場予想30.0万件 前回(30.0万件)
(過去1年間:市場予想を上回る確率41%)

23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.4050、1.4100、1.4360に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

ユーロ円チャートは
昨日の記事通り、114円80銭を下回った途端に売りが加速。
約1円下の113円87銭まで下落した。
その後、ショートカバーで115円台まで持ち直したが
本日もここまでは売り先行でスタートしている。
注目材料は独5月IFO、スペイン国債入札、ユーロ圏3月鉱工業新規受注。
指標、入札が良ければユーロ買いになるが
悪ければまたユーロ売りの嵐も。
その場合、昨日の安値113円87銭を抜けて
200日移動平均の113円がターゲット圏内。
戦略的には116円10銭をバックに戻り売りを推奨。
0524ユーロ研究所

  (本日のユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

0524ユーロ研究所

  (本日のユーロ円チャート→DMM FX提供)

0524プライムFXユーロ

  (本日のユーロ円予測チャート→FXプライム提供)

ユーロドルチャートは
中国銀行が買い支えた1.4050レベルを下抜けて加速。
一時、一目均衡表の雲下1.3969まで下落。
今日も朝から1.4000レベルで中国の買いオーダーが観測されて
短期筋が買い戻しを迫られているが
ギリシャ問題が解決したわけでは無く、
再び一目均衡表の雲下を下抜けると、3月15日安値1.3855がターゲット。
ユーロ円と同じく、独IFO、スペイン国債入札、
ユーロ圏3月鉱工業新規受注が注目材料。
戦略的には一目均衡表の転換線が1.4160レベルまで下りてきている。
このレベルをバックに戻り売りを推奨。
052401ユーロ研究所

  (本日のユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

052401ユーロ研究所

  (本日のユーロドルチャート→DMM FX提供)

0524プライムFXユーロドル

  (本日のユーロドル予測チャート→FXプライム提供

本日の重要指標・イベント(5月24日)
09:10~   米セントルイス連銀ブラード総裁講演
15:00~   米ボストン連銀ローゼングレン総裁講演
15:00発表 独1−3月期GDP・確報値
17:00発表 独5月Ifo指数
17:30発表 英4月財政収支
17:30    スペイン国債入札
18:00発表 ユーロ圏3月鉱工業新規受注
18:00~   独メルケル首相講演
19:00発表 英5月CBI流通取引調査
21:25~   FRBデューク理事講演
22:50~   米カンザスシティ連銀ホーニグ総裁講演
22:50~   米フィラデルフィア連銀プロッサー総裁講演
23:00発表 米4月新築住宅販売件数
23:00発表 米5月リッチモンド連銀製造業指数
23:00    NYオプションカット
24:00    ロンドンフィックス
26:00    米2年債入札(350億ドル)
26:00~   欧州委員会・バルニエ委員講演
26:20~   米セントルイス連銀ブラード総裁講演

DMM FX13
来月末までの延長決定!
ユーロ円・ユーロドル共に 1.0銭 固定スプレッド!
さらに大好評の口座開設キャンペーンも拡大中
NYダウ先物、原油チャートもリアルタイムで更新

FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!