この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!
1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


※この先の予測を無料お試しできます→ぱっと見テクニカル

FXプライムに口座をお持ちのお客様は、
「ぱっと見テクニカル」のすべての機能をご利用いただけます。
少額でできる1,000通貨取引
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム

このチャートは週末終了時、30日(土)早朝クローズ(朝6時)の
ユーロ円、ユーロドルのチャートを示している。

0430ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

0430ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→DMM FX提供)

043001ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

043001ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→DMM FX提供)

今週は米FOMC、米FRBバーナンキ議長記者会見のイベントが行われ
ドルに市場の注目が集まりすぎていた為、
欧州高債務国の状況があまりクローズアップされなかった。
来週5月5日にはECB(欧州中央銀行)理事会、
トリシェ総裁の記者会見が開かれる。
市場では利上げ見送りというコンセンサスが出来ており、
記者会見でのトリシェ総裁の発言に注目が集まるところ。
また、PIIGS(ポルトガル、アイルランド、イタリア、ギリシャ、スペイン)を取り巻く
環境は悪化しており、焦点が移ればいつユーロ不安が起きてもおかしくない。

ポルトガルの情勢
26日 2010年財政赤字がGDP比9.1%と発表。(政府予想8.6%)
27日 LCHクリアネット(欧州・金融決済機関)が
    国債取引の証拠金を35%に引き上げる事を通告。
29日 フィンランド総選挙後の第1党・国民連合カタイネン党首が
    第2党・社会民主党、第3党・真のフィンランド人党と連立協議に入ると表明。
    また、ポルトガルに対しての支援が出来るか5日間以内に決定すると発言。

ポルトガルは6月5日に総選挙、6月15日に50億ユーロの国債償還があり
この為の資金がショートしている状態。
何としても5月16日のEU財務相会合で支援策を合意しなければならない。
フィンランドの情勢次第では、償還不透明感からまたユーロが荒れる可能性も。

ギリシャの情勢
26日 独フェルド経済諮問委員が債務再編は避けられないと発言。
26日 2010年財政赤字がGDP比10.5%と発表。(政府予想9.6%)
27日 米PIMCO・エルエリアンCEOが債務再編が必要と発言。
27日 レーン欧州委員(金融・通貨担当)が債務再編は計画されていないと発言。
27日 キプロス中銀総裁が債務再編は欧州の経済にも打撃と発言。
27日 ECBパラモ理事が債務再編はリーマンショック以上の影響が出ると発言。
28日 ユーログループ、ユンケル議長が債務再編は選択肢にないと発言。
28日 ギリシャ2年債が26.27%へ上昇。

ギリシャ2年債0430
             (ギリシャ2年債チャート:4月29日終値 25.35%)

ECBメンバーは口を揃えて
債務再編から逃げる発言をしているが国債利回りがどんどん上昇してきており、
このまま2013年まで逃げ切る事は不可能。
(2013年のESM・欧州安定化メカニズムでは債務再編オプションがある)
どこかで債務再編は避けられない。
現在の状況で債務再編が発生した場合は
40%~50%の債務減免(ヘアカット)が必要と言われており、
このショックに債券保有者で
ある金融機関が耐えられるかどうかがポイントである。
特にフランス、イタリアは巨額の債券を保有しており
仏ラガルト財務相が、
繰り返しギリシャの債務再編は無いとメディアにアピールするのはこの為。

ユーロ円チャートは
121円82銭まで上昇したが
週末の利食いの売り、ロンドンフィックスの売りに押されて
120円22銭で週末クローズ。
一旦上抜いたレンジ21日移動平均線を割り込んできている。
また、ユーロドルのRSIが依然として70を超えている状況。
再び122円を超えるか、調整的な下押しがあるまでは買いは控えたい。
ドル円のオーバーシュートが発生すれば
18日安値116円48銭レベルまでは考えておきたい。
戦略的には急落も頭に入れながら、調整的な下押し狙い。
118円50銭をバックに引き付けて押し目買い。
ドル円の下落が加速している展開では無理にポジションを取る事は危険。

週間レンジとしては 116円50銭~123円10銭を想定している。

ユーロドルチャートは
8連騰の後、陰線が出た形。
1.4900のオプションバリアに上値を抑えられている。
抜ければ、1.5000の大台も見えてくるが、
ここでは利食いの売りも相当出るだろう。
RSIが70を超えている事で追いかけ買いよりも押し目買いが堅実。
27日安値1.4630レベルで打診買い。
万一、1.4500~1.4520ゾーンまでの急落時は買いのチャンス。

週間レンジとしては 1.4500~1.5020を想定している。

来週のユーロイベント
5/2(月) 独4月製造業PMI・確報値、ユーロ圏4月製造業PMI・確報値
      ECBトリシェ総裁講演
5/3(火) ユーロ圏3月生産者物価指数
5/4(水) ユーロ圏3月小売売上高、仏BNPパリバ決算
5/5(木) 仏ソシエテ・ジェネラル決算
       ECB欧州中央銀行理事会政策金利、ECBトリシェ総裁記者会見
5/6(金) 仏3月貿易収支、独3月鉱工業生産

来週のビッグイベント
5/2(月) 豪1−3月期住宅価格指数、米4月ISM製造業景況指数
5/3(火) 豪RBA準備銀行政策金利、英4月製造業PMI
5/4(水) 英4月建設業PMI、
      
米4月ADP雇用統計、米4月ISM非製造業景況指数
5/5(木) 豪3月住宅建設許可件数、豪3月小売売上高
      
英イングランド銀行MPC政策金利
      米新規失業保険申請件数、米FRBバーナンキ議長講演
5/6(金) 豪RBA準備銀行四半期金融政策報告、英4月生産者物価指数
      米4月雇用統計、米NY連銀ダドリー総裁講演
      

5/2(月)~5/6(金)の重要指標・イベント

インヴァスト証券FX24_3
業界最小スプレッド
ドル円0.6銭固定、ユーロドル0.6銭固定!
取引回数が多い人ほど差が出ます!
インヴァスト証券【FX24】