この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!
1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


※この先の予測を無料お試しできます→ぱっと見テクニカル

FXプライムに口座をお持ちのお客様は、
「ぱっと見テクニカル」のすべての機能をご利用いただけます。
少額でできる1,000通貨取引
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム

4月25日(月) 本日のユーロの見通し

本日はイースターマンデーにより
(独)(仏)(英)(スイス)各市場休場
NYタイムの
早出のNY勢の参入時から大きな動きが出てきそうだ。

NYタイムでは
23:00
NYオプションカット
ユーロドルオプションを1.4450、1.4520に観測。
オプションライン近くになると防戦買い・防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

23:00発表
米3月新築住宅販売件数
先週発表された住宅関連指標の発表は2勝2敗だった。
中でもローンの焦げ付いた物件が中古住宅として流れており
新築住宅を圧迫している状況。
今日の市場予想も前回を上回る形になっているが油断は禁物。

米3月新築住宅販売件数・前月比 市場予想12%   前回(-16.9%)
米3月新築住宅販売件数・前年比 市場予想28万件 前回(25万件)


23:30発表
米4月ダラス連銀製造業活動指数
好調なセクターだったが、ここにきて踊り場に入りつつある。
21日発表のフィリー指数が市場予想を大幅に下回った。
(市場予想36.8 発表18.5)
万一ここも下回るようだと市場マインドがネガティブになりドルには悪い影響。

米4月ダラス連銀製造業活動指数 市場予想13.4 前回(11.5)

先週末、23日(土)
ECBシュタルク理事が独テレビ局とのインタビューで
ユーロ圏で債務再編が起これば
リーマンショックを上回る最悪の事態となる恐れがあると発言。
ギリシャ債務再編を求める市場を牽制した。
先週末時点のギリシャ2年債利回りが23.33%
ユーロ導入後、過去最高水準まで上昇。

どこでこの爆弾が爆発するか。

明日からは米FOMCが2日間の日程で開催される。
今日、明日は
金融政策に対するポジション調整として
ここまで売り込んできたドルを買い戻す流れには注意したい。

ユーロ円チャートは
先週月曜日から徐々に下値を切り上げてきている。
今日はドル円に調整が入るなら上方向のリスク。
午前中は5・10日の実需ドル買い円売りの影響。
アジア株、NY株先物が主要材料。
一目均衡表の基準線118円40銭、
20日安値118円25銭をバックに押し目買い推奨。

ユーロドルチャートは
21日高値1.4648を前にして足踏み状態。
NYカットオプションが1.4520にある事を考えれば
一度は下押しする局面もありそうだ。
前述の理由から
ユーロドルの買いは米FOMC終了までは控えたい。
042502ユーロ研究所

  (本日のユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

0425ユーロ研究所

  (本日のユーロ円チャート→DMM FX提供)

042503ユーロ研究所

  (本日のユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

042501ユーロ研究所

  (本日のユーロドルチャート→DMM FX提供)

本日の重要指標・イベント(4月25日)
イースターマンデー
(豪)(NZ)(スイス)(独)(仏)(英)(南ア)各市場休場
11:00発表 自動車8社、生産台数発表
23:00    NYオプションカット
23:00発表 米3月新築住宅販売件数
23:30発表 米4月ダラス連銀製造業活動指数

みんなのFX8
1000通貨対応!
FXなら初心者もアクティブトレーダーも安心!
みんなのFX
みんなのFX