サクソバンク
月曜朝4時オープン、土曜日朝6時までメンテナンス時間一切無し
1000通貨から取引可能(ミニコース)
窓あけ、窓埋めを狙うなら
上級トレーダーも満足させる高度な取引環境 サクソバンクFX


朝4時からオープンした
週明け月曜日のオセアニア市場

朝4時15分現在の状況では以下のようになっている。
ドル円      81.81      (週末クローズ81.78)
ユーロ円   119.05     (週末クローズ119.18)
ポンド円    134.95      (週末クローズ135.05)
豪ドル円     87.78     (週末クローズ87.76)
NZ円       65.50     (週末クローズ65.57)
ユーロドル  1.4546     (週末クローズ1.4558)
ポンドドル   1.6503     (週末クローズ1.6501)
(いずれもサクソバンク基準データより算出)

本日はイースターマンデーにより、本来ならば通常取引が始まっている
オセアニア市場(オーストラリア・ニュージーランド)が休場。
各通貨、窓もあかずに静かな動きとなっている。

この後、東京タイム(香港市場を除く)、NYタイムは通常通り。
欧州タイムは
イースターマンデーにより(独)(仏)(英)(スイス)各市場休場
早出のNY勢の参入時から大きな動きが出てきそうだ。

週末のニュースとしては
23日(土)ECBシュタルク理事が独テレビ局とのインタビューで
ユーロ圏で債務再編が起これば
リーマンショックを上回る最悪の事態となる恐れがあると発言。
ギリシャ債務再編を求める市場を牽制した。

ユーロ研究所の記事でも書いたが
先週末時点のギリシャ2年債利回りが23.33%
ユーロ導入後、過去最高水準まで上昇。
すでに利回りというレベルではない数字。
今月2度に渡り(13日、21日)スペイン国債購入拡大を表明した中国でも
ギリシャ国債の買い増しは行っていない模様。
結局ECBが裏介入で支えている。
ギリシャショック(2010年5月6日)からまもなく1年。
ここにきて波乱再開の気配も見られる。
日本は今週末からゴールデンウィークに突入するが
ポジション管理には気を付けていただきたい。

上から順に
ドル円・ユーロ円・ユーロドル・豪ドル円・ポンド円のチャート

                        サクソバンクFX提供)

   (ドル円チャート)
0425ドル円研究所

   (ユーロ円チャート)
0425ユーロ研究所

   (ユーロドルチャート)
042501ユーロ研究所

   (豪ドル円チャート)
0425豪ドル研究所

   (ポンド円チャート)
0425ポンド研究所

窓あけ・窓埋め解説
※窓あけ・・・
週末クローズ(土曜日早朝)の値週明けオープン(月曜日早朝)の値
この値の差が開く事を窓と呼ぶ。
※窓埋め・・・
窓明けで開けた値をリバウンドにより埋める事を窓埋めと呼ぶ。

注意:
オセアニア市場は月曜4時からオープンしており、
多数の業者が一斉に取引できる時間までに、
先週末と今週オープン時にあけた窓を埋めてしまう事も非常に多い。
みすみすチャンスを逃さないようにしてもらいたい。

月曜日朝4時から取引開始、窓あけ・窓埋めに強い
テレビ東京・モーニングサテライト スポンサー

上級トレーダーも満足させる高度な取引環境 サクソバンクFX