この先の値動きを予測する。新タイプの相場分析ツール
大好評!
1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!


※この先の予測を無料お試しできます→ぱっと見テクニカル

FXプライムに口座をお持ちのお客様は、
「ぱっと見テクニカル」のすべての機能をご利用いただけます。
少額でできる1,000通貨取引
伊藤忠グループのFXプライム
FXプライム

このチャートは週末終了時、23日(土)早朝クローズ(朝6時)の
ユーロ円、ユーロドルのチャートを示している。

0423ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→サクソバンクFX提供)

0423ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロ円チャート→DMM FX提供)

042301ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→サクソバンクFX提供)

042301ユーロ研究所

  (週末クローズ時のユーロドルチャート→DMM FX提供)

ギリシャ債務再編

昨日、緩やかな再編として
債務期限延長、返済条件の修正を検討中という話が飛び出した。
内容次第ではポジティブにも受け止められる材料。
但しこれが受け入れられる為には
最も強く反対しているECBトリシェ総裁が首を縦に振らないと現実的では無い。
今週行われたギリシャ、ポルトガル、スペイン国債入札は全て無事通過したが
スペイン以外の2国に置いては入札通過後も利回りが過去最高水準に上昇。
市場はギリシャだけでなくポルトガルさらにアイルランドも追い込み始めている。
イースター休暇中であるが、週末・週初の突然の発表には注意したい。


週末時点の2年債利率
ギリシャ2年債利回り 23.33%
ポルトガル2年債利回り 11.978%

いずれもユーロ導入後、過去最高水準まで上昇。

フィンランド情勢

17日の総選挙で第1党になった国民連合は44議席を得たが
フィンランド議会は定数200の為
今のままでは過半数を取れていない。
42議席を持つ第2党の社会民主党(SDP)、
39議席を持つ真のフィンランド人党と連立したい考えだが
ここにきて初めからポルトガル支援に反対していた真のフィンランド人党だけでなく
SDPも銀行、投資家がリスク負担をしない限り救済反対を表明。
さらに26日から開催される議会での議論を求めている。
フィンランドはユーロ圏内でトリプルA格付けを有しており
ポルトガル支援の為の資金、欧州金融ファシリティー(EFSF)の要請について
議会で議決する権利がある。
来週はこの議会の行方もユーロの動きを左右しそうだ。

ユーロはギリシャ債務再編、ポルトガル支援枠組み不透明等
高債務国関連のニュースで、一時下落しながらも
利上げ期待を先に織り込む形で高値追い。
特にユーロドルは2009年12月以来の1.4648まで一時上昇した。
来週は月曜日までイースター休暇となる為
欧州は実質火曜日がスタート。
その火曜日から翌日まで米FOMC、
さらに終了後初となるバーナンキ議長の記者会見が行われる事で
事前のポジション調整及びその結果で上下に振れる可能性が高い。
また欧米重要経済指標の発表、米国債入札、
週末にはスペイン国債償還(155億ユーロ)も予定されており材料満載。


ユーロ円チャートは
ギリシャ問題がクローズアップされた
月曜日の値幅内で動いている形。
一目均衡表の転換線にずっと頭を押さえられているのは気になる。

赤のレジスタンスライン120円38銭
青のサポートライン116円45銭を上下どちらに超えてくるかが鍵。
週末、週初にギリシャ問題が悪化すると下方向のリスク。
米FOMC前のドル売り巻き戻し、ギリシャ問題が改善すると
上方向のリスク。どちらもあり得るシナリオ。
ギリシャ問題が悪化しない前提で118円20銭レベルでの押し目買いを推奨。

週間レンジとしては 116円40銭~123円30銭を想定している。

ユーロドルチャートは
月曜日に青のトレンドラインを一度割り込んだが再び再上昇。
さらに、強い抵抗となっていた赤のレジスタンス1.4520レベルを超えた事で
1.4648まで急上昇した。
来週水曜日に米FOMCの発表、バーナンキ議長記者会見を控えており
週初は積みあがってきたドル売りの巻き戻しがどの程度出てくるかがポイント。
初の記者会見がECBトリシェ総裁のような形で進行するなら
相当荒れる可能性も大きい。
予定時刻前にはポジションを一旦閉じておく方が安全。
一目均衡表の転換線青のトレンドラインが重なる付近
1.4400レベルでの押し目買いを推奨。
ギリシャ問題が悪化すれば1.4150までの急落も留意したい。

週間レンジとしては 1.4150~1.4800を想定している。

来週のユーロイベント
4/25(月) イースターマンデー (独)(仏)(英)各市場休場
4/26(火) ECBパラモ理事講演
4/27(水) 独5月GfK消費者信頼感、ユーロ圏2月鉱工業新規受注
4/28(木) 独4月雇用統計
4/29(金) 
独3月小売売上高
       ユーロ圏3月マネーサプライM3
       ユーロ圏4月消費者物価指数・速報値
       ユーロ圏4月経済信頼感
       ユーロ圏4月消費者信頼感・確報値
       ユーロ圏3月失業率

4/30(土) スペイン国債償還(155億ユーロ)

来週のビッグイベント
4/25(月) 米3月新築住宅販売件数
4/26(火) 米2月S&Pケースシラー住宅価格指数
       米4月消費者信頼感指数、
米2年債入札(350億ドル)
4/27(水)  豪1−3月期消費者物価指数
       英1−3月期GDP速報値
       米3月耐久財受注、米週間原油在庫
       米FOMC結果公表、米5年債入札(350億ドル)
       米FRBバーナンキ議長記者会見
4/28(木) NZ政策金利
       日銀政策金利、日銀半期展望レポート
       日銀白川総裁記者会見
       米1−3月期GDP速報値、米新規失業保険申請件数
       米3月中古住宅販売保留件数指数、米7年債入札(290億ドル)
4/29(金) 昭和の日(東京)市場休場、ロイヤル・ウェディング(英)市場休場
       NZ3月貿易収支
       米3月コアPCEデフレーター、米3月個人所得
       米4月シカゴPMI購買部協会景気指数
       米4月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
       米FRBバーナンキ議長講演

4/25(月)~4/29(金)の重要指標・イベント

サクソバンク
月曜朝4時オープン、土曜日朝6時までメンテナンス時間一切無し
1000通貨から取引可能(ミニコース)
週末に市場急変時も、週明け最初に開く業者というメリット!
窓あけ、窓埋めを狙うなら
上級トレーダーも満足させる高度な取引環境 サクソバンクFX