ロンドンタイムの流れ

序盤はユーロ主導で買戻しの流れでスタートしたが、
1.33レベルで大量の売り注文に押し戻される展開。
その後、イタリア国債入札が不調という話を煽る形で
下落が加速。1.31前半にはテクニカルの壁があり
これを超えてさらに下落するか感謝祭明けのNY勢が
巻き戻す展開になるかどうかという状況。
なおドル円はユーロドルのドル買いの恩恵を受けて
じりじりと下値を切り上げている。

Gain Capital Group

NYタイムの材料

1.欧米株の動向

欧州株はココのチャートがわかりやすい
米国株はココのチャートがわかりやすい
2.重要指標の発表・要人の講演
24:00    NYオプションカット
24:30発表 ダラス連銀製造業活動指数
25:00    ロンドンフィックス
27:30~   米セントルイス連銀のブラード総裁講演


NYタイムのユーロ円戦略

本日はNYタイムでの指標がほとんど無く、
感謝祭明けのNY勢の出方次第という形になる。
本日はサイバーマンデーとなっており、アマゾン等の
通信販売の売れ行きが気になるところ。

引き続き欧州株米国株の動きをリアルタイム
見ながら取引したい。
また突発的な欧州要人からの発言にも要注意。

ニュース速報が早いのはココ
現在の見通しは下方向。
110円80銭~90銭レベルでの戻り売りを推奨。

Gain Capital Group