ロンドンタイムの流れ

朝鮮半島の軍事衝突による地政学リスクが
引き続き市場で意識される中、
ユーロ関連の指標発表が行われ、
全て強い数字となりユーロ買いの材料となった。
ただ、欧州不安を囃している筋からの
ユーロ売りが散発的に出ている模様。
この後のNYタイムにはさらに
重要指標・イベントが
目白押しであり十分注意したい

NYタイムの材料

1.欧米株の動向(欧州株チャートはこちら)(米国株チャートはこちら
2.重要指標の発表・要人の講演

22:30発表 米7-9月期GDP            (予想値 +2.4%)
22:30発表 米7-9月期個人消費           (予想値 +2.5%)
22:30発表 米7-9月PCEコア            (予想値 +0.8%)
24:00発表 米中古住宅販売件数      (予想値 448万件)
24:00発表 米リッチモンド連銀製造業指数(予想値 +6)
24:00    NYオプションカット
25:00    ロンドンフィックス
25:30~  ポーゼン英MPC委員の講演
27:00   米国債(5年債)350億ドル入札
28:00   米連邦公開市場委員会FOMC議事要旨

NYタイムのユーロ円戦略
本日発表されたユーロ関連指標は全て強いものとなっているが
欧州不安を囃した筋の売りがきっかけとなって下げている。
但しこの後のNYタイムでも
米重要指標等のイベントが目白押しであり
発表次第では上下に大きく動く可能性が高い
また朝鮮半島での軍事衝突は地政学リスクとして
引き続き意識されているので突発的なニュースには
注意したい(円売りになる)

現在の目線は下方向(ロンドンタイムから見通しを変更)
113円50銭近辺での戻り売りを推奨。
112円割れにはストップがある模様。
気を付けたい。

本日は
ユーロ円(EUR/JPN)を含め
他の通貨も全て(USD/CADを除く)スワップが付かない日です
注意しましょう。

★ユーロ円スプレッド0.7銭、ユーロドルスプレッド0.8銭キャンペーン実施中★
  全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!DMM FX

101117_news_step