東京タイムの流れ

東京市場が祝日で閑散とした状況の中
朝鮮半島で軍事衝突が発生した事による
地政学リスクが意識され、円売りとなっている。
前日のユーロが売られた流れも残っており、
ドル買いとなりやすい一面も影響した。

ロンドンタイムの材料

1.欧米株の動向(欧州株チャートはこちら)(米国株チャートはこちら

2.重要指標の発表・要人の講演

17:28 発表 ドイツ製造業PMI   (予想値 56.8)
17:28 発表 ドイツサービス業PMI (予想値 55.8)
17:58 発表 EU製造業PMI     (予想値 54.4)
17:58 発表 EUサービス業PMI  (予想値 53.2)
20:30~    SNBスイス中銀ヒルデブランド総裁の講演

3.25日の米感謝祭休日前のポジション調整

ロンドンタイムのユーロ円戦略

地政学リスクが強く意識されている事により
ドル買い、円売りになっている。
ユーロ円はユーロドルのユーロ売りとドル円のドル買いに
挟まれていて動きづらい状況。
現在の目線は横方向(前日からの見通しを変更)
113円~114円の動きが想定される。
出来るだけ113円に引き付けて買いたいが、
NYの重要指標の事もあり、早めに利確したい。

本日は
ユーロ円(EUR/JPN)を含め
他の通貨も全て(USD/CADを除く)スワップが付かない日です
注意しましょう。

★ユーロ円スプレッド0.7銭、ユーロドルスプレッド0.8銭キャンペーン実施中★
  全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!DMM FX

101117_news_step