ロンドンタイムの流れ

ムーディーズがアイルランドの格付けを引き下げるとの
突然のヘッドラインが出た事により
ユーロドル主導で売られている。
この後の米国株を含めNY勢の動向に注目。

NYタイムの材料

1.欧米株の動向(欧州株チャートはこちら)(米国株チャートはこちら
2.22:30発表  10月シカゴ連銀全米活動指数(予想値-0.37)

3.24:00発表   EU11月消費者信頼感(速報値)(予想値-10)

4.25:00~      トリシェECB総裁記者会見
                            (ECB年次報告書、ユーロ関連の見通し発言に注意)

5.27:00前後    米国債(2年債)350億ドル入札

6.27:30~       ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁の講演
              (直近の発言でFRBの国債購入プログラムを擁護する姿勢。
                同氏は今年のFOMCでは投票権を持っていないが、
                来年は投票権を持つ為、発言内容には注意)

NYタイムのユーロ円戦略

ユーロドルがストップを付ける形で下落しており、
それに連れてユーロ円も下落。
現在の目線は横~下方向(ロンドンタイムから見通しを変更)
114円30銭ラインで戻り売り戦略を推奨。

また本日は
ユーロ円(EUR/JPN)にはスワップが付かないが
ユーロドル(EUR/USD)はスワップポイント2倍デーになっている。

★ユーロ円スプレッド0.7銭、ユーロドルスプレッド0.8銭キャンペーン実施中★
  全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!DMM FX

101117_news_step