ロンドンタイムではポンドドル主導のドル売りが見られましたが、
ユーロ指標で良くない数字が出た事、
またアイルランド関連の発言により逆にドル買いになり
上げて下げて元の位置に戻ってきています。
この後NYタイムでは22時30分に
1.米CPI(+1.3%予想)
2.住宅着工件数(59.8万件予想)
3.建設許可件数(56.8万件予想)
以上3つの発表があります。

また22時からは
ボストン連銀ローゼン総裁の講演
(近々の発言:米国債の全額買い付けを主張)
23時15分からは
セントルイス連銀ブラード総裁の講演
(近々の発言:米国債の買い付け規模縮小を主張)
両名の講演での主張内容、及び発言を市場が再材料とする場合もあります。


さらにユーロ絡みでは
23時20分から
コンスタンシオECB副総裁の講演
も予定されており、
発言によっては
ドル売り・ドル買いの流れが形成される可能性にも注意です。
また24時のNYカット25時のロンドンフィックスにも注目してください。

NYタイムのユーロ円戦略
ドル円が高値圏を維持していることで
ユーロ円の下げは小さいものになっていますが、
逆にさらなる下を追っかけて売るのも、難しいです。
明日もアイルランド絡みの発表がある予定ですので、
113円をバックに引き付けた戻り売り戦略が有効だと考えています。