ロンドンタイムではこの後17時30分からEU財務相会合が行われます。
昨日に引き続き、
アイルランド及びギリシャの件で話し合いが行われる模様ですが、
何らかの協調声明が出た場合にはユーロ買い材料になります。
但し一部の国が
アイルランド、ギリシャの支援に反対する発言を再び行った場合には
またユーロ売りの材料となりますのでニュースには注目が必要です。

ロンドンタイムのユーロ円戦略

東京タイムはドル買いが一服しており、
この後はEU財務相会合を控えて
ロンドン勢のポジション調整になると思われます。
また、18時30分にはポンドの重要発表が3つ行われますので
ユーロポンドの動き次第では上下に振れる可能性も大きいです。
戦略的には協調声明が出ない場合、
113円をバックに戻り売りが安全策でしょう。